西宮 ながた整体院のブログ

野球部は熱中症になりやすい?


 

1. ドーム球場にするべき?

甲子園球場の所在地が西宮であるため、お越しくださるクライアントさん
との会話でも、高校野球が話題になることは珍しくありません。

それで、先日お越しくださったクライアントさん(男性)が仰るに、
「これだけ暑いと、甲子園ではなく京セラドームでやった方がいいよね」とのこと。

伝統や利害関係など一切無視するなら、その通りでしょう。

実際に野球をする選手だけでなく、応援する観客も含めて直射日光を避けること
ができるうえに、ドーム内の温度を任意に設定できます。
つまり、快適に野球をプレー、もしくは観戦できるわけです。

雨での順延がないため、スケジュール通りに試合を消化できる点も見逃せません。





 

2. 野球部は熱中症になりやすい?

そうは言っても、それほど単純な話ではありませんよね。

甲子園の出場が掛かった地方大会は、7月中旬から7月末に開催されますが、
下手をすると夏の甲子園開催時期(8月初旬からお盆過ぎ)よりも暑いです。

甲子園から京セラドームに変更すれば解決する話ではありません。
むしろ、参加する高校が多い分だけ、地方大会のあり方を変更する方が先でしょう。

ところが、上記のクライアントさんから、捨て置けない気になる情報が。

なんでも、「熱中症で死亡するのは、野球部員が圧倒的に多い」とのこと。

スポーツの種類によって、屋外屋内の違いから、練習時に着用する
ユニフォームの違い等、熱中症になる確率に差があることは予想できますが、
そこまで顕著だったとは正直なところ予想外です。

【拙・夏は本当に暑くなっているか?
 

3. 熱中症による死亡事故

というわけで、実際のところどうなのか調べてみました。

日本スポーツ振興センター』の統計情報によりますと、部活別の熱中症死亡事故
件数は以下の通りです。

※ 平成2年から平成24年に発生した件数
※ 発生件数の多い部活(上位6つ)のみ引用

トップは野球部で19名、次いでラグビー部が10名、サッカー部が9名です。
殆ど倍に近いですね。確かに事故件数だけみると圧倒的に多いと言えます。

ちなみに、野球部の事故件数を年代別にみると以下の通りです。

平成2年から平成12年の間に15件、平成13年以降(平成24年迄)は4件と
随分偏っていますので、何らかの対応策がとられたと言う事でしょうか。

【拙・汗をかかない(汗をかけない)原因
 

4. 競技人口の差

事故件数では圧倒的ですが、そもそも部活毎の競技人口に違いがあります。

というわけで、次に各スポーツの競技人口を、『公益財団法人 
全国高等学校体育連盟
』の統計情報から調べてみました。

ところが、「平成15年以前の集計は、当時のデータ検証が不十分で
統計資料として公開できる状態ではありません」とのこと・・・。

従いまして、以下は平成16年から平成24年における競技人口です。

※ 野球部のみ『公益財団法人 日本高等学校野球連盟』より引用

野球、サッカーが多く、ラグビー、柔道の競技人口が少ないことが分かりますね。

【拙・冷房は何度から利用するべきか?
 

5. 結論と致しまして

熱中症の死亡事故件数ではなく、競技人口に注目すると発生確率は以下の通りになります。

※ 平成15年から平成24年における競技人口
※ ()内は事故件数

柔道 305603名(4名)
⇒ 0.00001309%

ラグビー 275574名(3名)
⇒ 0.00001089%

剣道 521365名(2名)
⇒ 0.00000384%

野球 1657388名(4名)
⇒ 0.00000241%

陸上 948253名(2名)
⇒ 0.00000211%

サッカー 1522710名(3名)
⇒ 0.00000197%

発生確率を基準にすると、柔道が突出し、次いでラグビーとなっています。

結論としまして、平成15年以降のデータを見る限り、「野球部が
熱中症になりやすい」という事実はありませんでした。

関連記事
【拙・冷房が体に悪いというのは本当か?
【拙・扇風機の風は本当に体に悪いのか?
【拙・夏になると足がだるくなるのは何故なのか?




最終更新日 2018年9月1日


2018年9月1日 | カテゴリー:その他

あわせて読みたい記事

書籍の紹介

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

PAGE TOP

お問い合わせ