西宮 ながた整体院のブログ

西宮でパニック障害にお悩みなら


 

1. パニック障害の改善に必要なこと

パニック障害を克服するために必要なことはたくさんありますが、
優先するべきことは以下の2点に絞られます。

① 自律神経を安定させること
② 予期不安を解消させること

パニック障害は、寝不足やストレスで自律神経が緊張している時なら
誰にでも起こりえる疾患です。逆に言えば、自律神経さえ安定していれば、
ほぼ発生しないという事になります。

従いまして、まずは自律神経のバランスを整えることが大切です。

重度のパニック障害に悩まされたクライアントさんの共通点として、
予期不安が強いことがあげられます。

予期不安が強いと苦手な場所や状況が増え、ストレスも飛躍的に強く
なってしまうためです。日常生活におけるストレスが強いと、
施術により自律神経を整えても持続する期間が短くなってしまいます。

つまり、自律神経を安定させることと平行し、予期不安を解消する必要があるのです。

【拙・パニック障害に効果的な音楽
 

2. どう対応するか?


 
頭蓋骨を調整することにより、自律神経を交感神経から副交感神経に切り替えます。
睡眠の質も高まるため、自律神経を飛躍的に改善することが可能です。

施術には痛みを伴いませんので、小学生や中学生のクライアントさんも多いです。

【拙・頭蓋骨の矯正とは何だろう?

予期不安に関しては、あえて最も苦手にしている状況をイメージしてもらい、
身体のどこにストレス反応が生じるのか見極めます。施術後には、イメージが曖昧になり、
最も苦手にしていた状況の印象が変わります。

また、必要に応じて緊急時に予期不安を回避する方法をお伝えします。
例えば、あなた個人に適したアロマオイルを準備することも可能です。
いざという時の保険を用意しておけば、予期不安の軽減に繋がります。

予期不安が軽くなればストレスも減少し、自律神経の安定に繋がるのです。
その結果、苦手意識から、あなたが今まで敬遠していたことが、
以前のようにできるようになります。

【拙・アロマの効果的な使い方
 

3. どれくらい通院が必要か?


 
パニック障害の初期(患ってから3ヶ月程度)であれば、3回(1ヶ月)程度で
安定する傾向にあります。

その反面、5年、10年と患っている期間が長く、向精神薬の服用量も多い場合は、
安定するまでに3~6ヶ月必要になることもあります。

さらに、みなさんの諸事情から、睡眠不足や根本的なストレスを改善できない
状態であれば、正直なところ、どれくらいの期間が必要になるか未知数です。

また、あなた個人の生活スタイルをお伺いし、自律神経を乱している行動を
見つけだし、改善するべき点をご提示します。そのうえで、どれくらい積極的に
取り組むかによっても、通院期間、通院間隔は大きく変わってきます。

まずはお気軽にご相談ください。パニック障害の改善に取り組んで14年の経験と技術を持ってお応え致します。

☆ 施術を受けた方からのコメント

最終更新日 2018年4月21日


2018年4月21日 | カテゴリー:パニック障害の症状

あわせて読みたい記事

書籍の紹介

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

PAGE TOP

お問い合わせ