いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

アヒル座りができないのは何故なのか?


 

女子高生のクライアントさんから、「アヒル座りをしていると
将来歩けなくなるって本当?」とのご質問をいただきました。

「いや、そもそもアヒル座りってなんですか?」と尋ねると、
実践してくださったのですが、いわゆる女の子座りのことでした。
最近では、アヒル座りとも呼ぶのですね。参考になりました。

なんでも、ご家族で揃ってアヒル座りを試みたところ、
母上様は出来たのに、父上様と兄上様は出来なかったそうな。

それで、父上様が仰るに、「そんな座り方をしていると将来歩けなく
なるから今後は禁止な」というのが、ことの経緯らしいです。

まさしく鶴の一声ですね・・・。

というわけで、今回のテーマはアヒル座り(女の子座り)についてです。




1. アヒル座りをすると歩けなくなる?

まず、「アヒル座りをしていると将来歩けなくなるか?」ですが、
誇張されているものの、可能性は高くなるでしょう。

アヒル座りをすると、背骨(主に腰椎)や股関節、膝、足首には、
一定の方向に引っ張られて強力な負荷が発生します。

平たく言えば、ストレッチをしているようなものですね。
ヒトの骨格構造を考えると、リラックスできる座り方ではありません。

「いや、楽に座れますけど?」と、お考えになった方も、
いらっしゃるかと思いますが、この点に関しては後述します。

【拙・下着が原因で太ももが痛くなるケース
 

2. アヒル座りの危険性


 
毎日ストレッチをする習慣をつけると、適度に柔軟性が保たれ、
健康の維持、増進に一役買ってくれます。

ところが、長時間同じストレッチを続けていると、伸ばされつづけた
筋肉に付随する関節には、やがて歪みが生じます。
アヒル座りで言えば、背骨、骨盤、股関節、膝、足首ですね。

お越しくださるクライアントさんをみている限り、歳をとってから股関節や
膝に痛みを訴える方の殆どケースで、関節に変形がみられます。

言い換えると、適正な骨格を維持できていれば、歩行に支障が
でるレベルの故障が発生する可能性は低いということです。

自力で歩けなくなると、生活必需品の買い物さえままなりません。
外出が困難になるのですから、生活が一変してしまいます。
そう考えると、父上様による、「アヒル座り禁止令」も、頷けるお話でしょう。

【拙・和式トイレが健康に良い理由
 

3. 男性と女性の骨盤の違い

それでは、なぜ女性にアヒル座りができて、男性にできないか考えてみます。

もちろん、女性にもアヒル座りができない方もいれば、男性でもできる方はいますが、
全体的にそういう傾向があることは間違いないでしょう。

その理由として、「男性と女性では骨盤の形が違う」という説がありますね。

女性と男性の骨盤を比較すると、女性の骨盤は横に長く、
一方で男性は縦に長い傾向があります。

そのため、横に長い方が座った際に安定しやすいという理屈です。

【拙・産後に骨盤矯正が必要なのは何故なのか?
 

4. リラキシンの影響

女性は月経周期に合わせて、リラキシンが分泌されるのですが、
このホルモンには靭帯を緩める作用があります。

最も分泌が盛んになって、靭帯が緩む時期が出産時なのですが、
赤ちゃんが産道を通りやすくなるようにサポートしているわけです。

定期的に靭帯が緩み、関節の可動する範囲が拡がるのですから、
男性と比較して身体が軟らかい傾向にあるのも不思議ではありません。

【拙・知っておきたい着圧ソックスの危険性
 

5. マナーの違い


 
女性がアヒル座りをできる理由として、最も影響が大きいのは、
男性と女性で求められるマナーの違いでしょう。

日本人は畳に座る生活に慣れ親しんできましたが、男性が座る際の
選択肢としては、正座、もしくは胡坐があります。

ところが、女性が胡坐をかくのは一般的ではありません。
スカートを履いている時なら、なおさら胡坐は無理ですよね。
つまり、正座以外に選択肢がないわけです。

とはいえ、正座をつづけるのはしんどいですし・・・。

そこで、膝を開かずに正座を崩した状態のアヒル座りや横座りが
定着したと考えられます。

【拙・正座をすると脚がしびれる原因と対処法
 

6. 股関節に注目する

アヒル座りと胡坐ですが、股関節は正反対の動きを要求されます。

アヒル座りは、股関節を基点にして太ももを内側に回旋させるのですが、
この時、太ももの外側の筋肉が引っ張られて、ストレッチをしている状態になります。

一方の胡坐は、股関節を外側に向けて開きます。

股関節に注目すると、両者が間逆の動きをしていることを
お分かりいただけたかと思います。

【拙・四股踏みが健康に良い理由
 

7. アヒル座りは訓練の賜物


 
男性は胡坐をかく機会が多いため、股関節と周辺の筋肉、靭帯は
外側に動かす動作に特化しています。そうしますと、反対の動きである
アヒル座りを試みても上手くいかないわけですね。

逆に、「アヒル座りが楽ちん」だと感じる方が、胡坐をかこうとしても
上手くいきません。関節が柔らかい方なら、正座もアヒル座りも難なく
できるかと思いますが、これはレアケースでしょう。

大人と比較すると、子供時代の方が地べたに座る機械が多いです。
友人と外で遊んでいるときはもちろん、学校でも全校集会や、
体育の授業などもそうですね。

つまり、無意識でアヒル座りをしてしまう女性は、関節や身体に
柔軟性がある幼少の頃から、股関節を内側に回旋するトレーニングを
積んできたことになります。

【拙・体が柔らか過ぎると怪我をしやすくなる理由
 

8. 欧米人には無理


 
ところで、古くからイスに座ることに慣れ親しんでいる欧米人だと、
畳や床に直接座る機会が日本人ほど多くありません。

そもそも、ヒトの股関節は骨格の構造上、内側よりも外側へ向けて
可動する範囲が大きいのです。

従いまして、理屈で考えると、欧米人が床に座らざるを得ない状況に
なった場合、アヒル座りではなく、胡坐になる可能性が高いです。
たとえ女性でも、アヒル座りができる人は殆どいないでしょう。

つまり、解剖学に基づいて考えるなら、アヒル座りは股関節や膝を中心に、
身体に負担が大きい座り方だと言えます。

なお、「アヒル座りをしているとO脚が矯正されて真っすぐな脚になる」
という説がありますが、それは誤解です。

おそらく、O脚とがに股と混同しているため、勘違いに繋がったと考えられます。
アヒル座りは、O脚を酷くしてしまう可能性が高いのでやめておきましょう。

関連記事
【拙・がに股(がにまた)とO脚の違い
【拙・正しく健康的な靴の減り方
【拙・後ろ歩き健康法の効果を考えてみる
【拙・もみ返しになる原因と対処法




最終更新日 2017年10月21日


2017年10月21日 | カテゴリー:身体のおはなし

あわせて読みたい記事

書籍の紹介

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

PAGE TOP

お問い合わせ