いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

Tシャツが原因で肌がかぶれる


 

1. Tシャツで肌がかぶれる

《NHK NEWSWEB》  2017年10月12日  
『Tシャツで肌にかぶれ 染色剤製造会社社員を書類送検へ』

去年、神奈川県で開かれたマリンスポーツ大会で、主催者から配られたTシャツを着た選手らおよそ100人が肌がかぶれるなどの被害が出ていたことがわかり、警察は、Tシャツに使用された薬品が原因だったとして、薬品を販売した京都市の染色剤製造会社の社員を業務上過失傷害の疑いで12日にも書類送検する方針を固めました。(以下省略)

普通に考えるなら、イベントで配られたTシャツを着たせいで、
肌がかぶれるなんて思いもよりませんよね。

ところが、肌が敏感な人や、なんらかのアレルギーを持っている人なら、
「あぁ、あり得るな」という感想を持つ方も少なくないでしょう。





 

2. ひとまず洗濯しよう

新品の衣類は清潔そうなイメージがありますよね。

ところが、実際には、可能性は低いとはいえ、製造時に使用された
化学薬品、あるいはダニやホコリが付着していることがあります。

もちろん、そんなことが起こらないように、厳重な管理のもとで
生産・検品され消費者の手元に届くわけですが、作業工程に人が
絡む以上は、ミスをゼロにすることは不可能でしょう。

従いまして、直接肌に触れる衣類なら、いったん洗濯してから
着用した方が無難です。肌が敏感な方なら尚更ですね。
くれぐれもお気を付け下さい。

関連記事
【拙・衣類アレルギーとはなんだろう?
【拙・タイツや靴下をはくと痒くなるのは何故なのか?
【拙・アレルギーやアトピーの方は静電気にご注意




最終更新日 2017年10月12日


2017年10月12日 | カテゴリー:その他

あわせて読みたい記事

書籍の紹介

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

PAGE TOP

お問い合わせ