いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

歳をとると顔が大きくなる理由


 

身長のわりに顔が小さいと、見栄えがよくなります。美男美女でなくとも、
どういうわけだかカッコ良く見えますよね。

逆に言えば、顔が大きいと、どんなにお洒落をして着飾ってみても
イマイチ決まりません・・・。全体のバランスが悪くなってしまうのでしょうね。

そういう事情もあって、小顔にこだわる女性は珍しくありませんが、
最近では、「小顔になりたい」と、ご相談くださる男性もいらっしゃいます。

ところが、残念なことに歳を重ねるにつれて、顔が大きくなっていく傾向がありますね。
というわけで、今回は顔が大きくなる理由と、回避する方法をお伝えします。




1. 顔が大きくなる理由

「いやいや、頭蓋骨は肥大しないって書いてたでしょ?ふざけてるの?」
当ブログをいつも読んでくださっている方なら、そう思われたかもしれません。

ですが、「頭蓋骨は肥大しない」と主張しましたが、「顔は大きくならない」
とは一言も申し上げておりません。両者は似て非なるものです。

別の記事に書きました通り、成長期が終われば頭蓋骨は、それ以上大きくなりません。
つまり、骨以外の何かが、顔が大きくなった原因だと言うことです。

その原因とは、大きく分けると2点あります。

ひとつは、血液、リンパ液、脳脊髄液などが、停滞することによるむくみ。
もうひとつが、表情をつくる筋肉のたるみが、顔が大きくなる原因です。

【拙・頭蓋骨が肥大すると薄毛になるか?
 

2. 生理前は顔がむくむ


 
女性の場合、生理前になると顔に限らず、カラダ全体がむくむことがあります。
人によっては、「普段の服がきつく感じる」と仰る方までいるくらいです。

月経周期に合わせて、黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されるのですが、
このホルモンは、身体に水分を溜め込む働きを持ち、それが生理時にむくむ原因です。

1、2日程度であれば問題ありませんが、10日前後むくみがつづくようだと、
常態化してしまい、むくみやすい身体になってしまいます。

従いまして、生理時のむくみであっても、自分でマッサージをするなど、
積極的にむくみを解消してあげた方が良いです。

【拙・着圧ソックスでむくみを解消できるか?
 

3. 塩分を取りすぎるとむくむ

また、塩分を摂り過ぎても翌朝になると、顔がむくんでしまうことがあります。
これは、浸透圧のバランスをとるために、身体が水分を溜め込むことが原因です。

ここでも、たまに起こる程度であれば、気にしなくても問題ありませんが、
塩分過多によるむくみを頻繁に起すようなら、やはりその都度ケアしてあげた方が良いです。

マッサージの他、カリウムは塩分とは逆に、水分を排出する働きを持ちますので、
サプリメントを利用するのも、むくみの解消に効果があります。
運動をして、積極的に発汗を促すのも良い方法です。

むくみの原因に心当たりがないのであれば、小顔がどうのという前に、
なんらかの病気を患っている可能性がありますので、1度検査することをお奨めします。

いずれにしましても、むくんだ状態で放置してしまうと、血液やリンパ液、
あるいは、老廃物が溜まりやすい身体になってしまいますので注意が必要です。

【拙・夏になると足がだるくなるのは何故なのか?
 

4. 顔がたるむ理由


 
むくみは年齢に関係なく生じるものですが、たるみは歳を重ねるほど顕著に現れます。

皮膚の下は、脂肪や筋肉で構成されているのですが、皮膚そのものが弾力性を失い、
皮下組織を支えられなくなることが原因のひとつです。

もちろん、皮膚が衰える程度にも個人差があります。皮膚、つまり肌が
劣化しやすくなる要因としては、紫外線や寝不足などが有名です。

肌を保護することは、女性の場合だと常識ですが、肌の手入れをしている
男性なんて殆どいません。中高年の女性と男性を比較すると、顔が大きくなるのは
圧倒的に男性が多いですが、なんとなく分かるような気がします。

【拙・産後に骨盤矯正が必要なのは何故なのか?
 

5. 脂肪をめぐる悪循環

肌ではなく、皮下組織が原因になる場合、まず脂肪ですが、年齢に関係なく
食べ過ぎると顔が丸くなったりしますよね。

若い頃なら、張りがあってそこまで目立たなくても、歳をとれば重力に
逆らう力がなくなり、残念な結果になります。肥満はむくみの原因にもなりますので、
小顔を目指すなら、適度に食べて、適度に運動する習慣をつけておきましょう。

余分な脂肪がつくと顔が大きくみえる上に、皮膚は伸ばされてたるみやすくなります。

さらに、たるんでいると、血流が低下し脂肪がつきやすくなるという悪循環に
陥りますので、可能な限り早くこの連鎖から抜け出すことが重要です。

【拙・寒さを我慢するだけで痩せるというは本当か?
 

6. 適度の筋肉が必要


 
次に筋肉ですが、歳をとれば確実に衰えて贅肉に変貌していきます。贅肉とは、
つまり脂肪ですので、たるんでしまうのが自然の理です。鍛えるしかありません。

タカラジェンヌの皆さんは、例外なく、「顔が痛い」、「顔が疲れる」と仰います。
役者さんにとって表情を作ることは、お仕事の一環ですので、喜怒哀楽を
表現する訓練を欠かさないそうです。

言い換えると、普段から仏頂面をしていると、顔の筋肉を使う機会が減り、
筋力は低下します。そういえば、女性より男性の方が無表情な人が多いですね・・・。

【拙・効率的な筋トレとしての四股踏み
 

7. 歪みはたるみの原因になる

さて、長年クライアントさんをみてきて、「確実にたるみを強調している」と
断言できるのが、顎関節の歪みです。歪みとたるみは無関係のように
思えますが、実は密接に関係しています。

例えば、腕立て伏せや懸垂をして筋力を強化する場合、左右均に筋力が
育つような気がしますよね?ところが、身体に歪みがあれば、
力を入れやすい側と、入れにくい側に分かれます。

その結果、力が伝わりやすい側の筋肉は発達しますが、逆側は思うように筋力がUPしません。
それどころか、筋トレをすればするほど、歪みが強調されてしまうのです。

顎関節でも同じことが言えて、意識しないと噛みやすい側ばかりを使ってしまい、
噛みにくい方は殆ど使わなくなります。そうしますと、片側の筋肉だけが成長し、
逆側の筋肉は使われないために衰えていくのです。

顔が大きくなるだけでなく、歪みまで強調されてしまいますので、
良いことは何ひとつありません。

歪みを矯正し、頭蓋骨を本来の位置で維持できれば、血液やリンパ液の
流れがよくなり、むくみにくく、たるみにくくなります。

ただ、顎関節に歪みがでている場合は、自覚はなくとも、既に顎関節症を
患っていたり、骨盤や背骨にも問題を抱えているケースが多いです。

つまり、食事の際に噛み方を意識するだけでなく、脚を組む癖や鞄の持ち方においても、
どちらか片側を酷使している可能性が高いため、総合的に見直す必要があります。

【拙・起床時に顎が痛くなる原因と対策
 

8. 髪型による目の錯覚


 
むくみやたるみとは関係なく、顔が大きくみえる原因として目の錯覚があります。

特に男性に多いのですが、歳をとるにつれて額を露出させる髪型が増えます。
オールバックや、センター分けなどがそうですね。いや、僕もですけど・・・。

見た目よりも、機能性を重視した結果とも言えますが、前髪を眉近く、あるいは、
眉より下にするスタイルは若者だけの特権のようになってますね。

中高年男性の場合、前髪で目が隠れていたりすると、ほぼ確実に怪しさがUPし、
職務質問される対象になってしまいかねません。

さらに前髪の生え際が後退してくると、髪ではなく肌だと認識されます。
つまり、顔が大きくなったように見えてしまうわけです。

このブログを書いていて気付いたのですが、歳をとると顔が大きくなる要素は、
女性よりも男性の方が圧倒的に多いですね・・・。

関連記事
【拙・頭蓋骨の矯正って危険なの?
【拙・顔の歪みは整体で矯正できるか?
【拙・揉み返し(もみ返し)の原因と治し方




最終更新日 2017年8月31日


2017年8月31日 | カテゴリー:身体のおはなし

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ