いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

汗をかかない(汗をかけない)原因


 

暑い時期にお越しくださるクライアントさんの体調が優れない原因を
突き詰めていくと、汗をかけていない方が多いです。

「できるだけ汗をかきたくない」と、考える気持ちは良くわかります。

暑い中を移動し、汗で下着からシャツまで、すっかり濡れてしまうと、
不快感が強くて、仕事をする気にもなりませんよね。

とはいえ、汗をかかないと健康に悪いのは疑いようのない事実ですので、
今回は汗をかかない、あるいは汗をかけない原因について考えてみます。




1. 体温を保つ仕組み

私たちの体温は、生まれたときから死ぬまで37度前後に保たれ、
そこから数度以上変動する機会は殆どありません。

ヒトを含めた哺乳類や鳥類など、気温の変化に左右されることなく、
一定の体温を保つことができる生物は、恒温動物と呼ばれますよね。

その体温を保つ仕組みですが、大きく分けてふたつあります。

ひとつは、行動性調節と呼ばれるもので、暑いと薄着になったり、
寒くなると、何かを羽織ったりといった行動がそうです。
ちなみに、冷房を利用するのも、行動性調節にあたります。

もうひとつが、自律性体温調節と呼ばれるものです。
こちらは、汗をかいたり、血流の量を調整したり、代謝を増減させたりしながら、
体温を調節するのですが、自律神経が深く関っています。

【拙・自分で出来る自律神経チェック
 

2. 変温動物の憂鬱


 
実は変温動物も体温調節をするのですが、行動性調節に限られます。

言い換えると、自律性体温調節ができるかどかで、
恒温動物と平温動物に分けられているということになりますね。

両者の違いとして、恒温動物は代謝が高く、熱源を身体の中に持っていますが、
変温動物は、代謝が低く、熱源を外に求める必要がある点です。

例えば、ワニ(は虫類)は、朝になると日光浴をして、夜の間に冷えた身体を暖めます。

それで、体温が上昇すると、今度は日陰に入り込んで放熱し、身体が冷えてくると、
再び日の当たるところに移動する、という行動を繰り返すわけです。

私たちは、ふだん何気なく行動していますが、変温動物と比べて、
ものすごく有利な条件で活動できていることが分かりますよね。

【拙・冬になるとスズメが膨らむ理由
 

3. ヒトは暑さに強い

とはいえ、恒温動物も万能ではありません。本来の体温(ヒトなら37度)を
保つことができる気温に限度があります。つまり、暑すぎたり、寒すぎたりすると、
体温を保てなくなり、生命を維持できません。

多くの恒温動物は、40度が近づくと、体温も上昇していきますので、
陰に入り込むなり、水につかるなり、行動性調節をとる必要があります。

ところが、ヒトだけは別で、気温が50度に達しても、37度を維持することが可能です。
あまり話題にはなりませんが、私たちは暑さにめっぽう強い種族だったりします。

それで、他の恒温動物よりも、なぜ高温に耐えることができるのかと言えば、
ヒトは汗をかくことができるからです。

つまり、汗をかかないと、気温があがれば、自律性体温調節だけでは
体温を維持できず、生命の危機にさらされるということになります。

【拙・夏になると足がだるくなるのは何故なのか?
 

4. 能動汗腺が重要


 
なんとなくでも、汗をかくことの重要性がイメージできましたでしょうか。

さて、汗をかくために必要不可欠なのが汗腺ですが、
全ての汗腺が、発汗能力を備えているわけではありません。
汗をかくために働いているのは、汗腺の中でも能動汗腺と呼ばれるものだけです。

その能動汗腺の数は人種によって異なり、日本人は、おおよそ230万あります。
ちなみに、ロシア人だと180万、フィリピン人は280万くらいです。

寒い国だと少なく、逆に暑い国だと多くなっていることがわかりますね。
ただ、能動汗腺の数は、予め遺伝によって決定されているわけではありません。

つまり、日本人でもロシアで生まれ育てば、180万前後に、
フィリピンなら、280万くらいに落ち着くということです。

※ 2~3歳までに能動汗腺の数が決まります

生まれてからずっと日本で過ごしていても、幼い頃から絶えず冷房を使用し、
暑さにさらされる機会がないと、能動汗腺が発達しない可能性があるわけです。

【拙・子供の自律神経を考えてみる
 

5. 能動汗腺が働かないケース

「子供の頃は、しっかり暑い中で過ごしていたから大丈夫」と思われた方、
安心するのは少しお待ち頂きたい。

能動汗腺の総数は十分だとしても、実際に機能しているかどうかは、また別の問題です。
と言いますのも、能動汗腺は出番がないと、うまく働いてくれません。

例えば、冬の寒い時期に、常夏の国に海外旅行へ出かけたとしましょう。

その場合、間違いなく効率の良い発汗はできません。
どれだけ暑さに強い人でも、日本の夏と同じノリで行動すると必ずバテます。
ヒトが周囲の気温に適応するまでには、それなりの時間が必要なのです。

真冬から真夏は極端な例ですが、誰もが似たような状況を毎年経験しています。

春から夏にかけて、気温があがり始める頃はしんどい思いをしますが、
これは、効率的に汗をかけていないから起こる現象です。

【拙・冷房が体に悪いというのは本当か?
 

6. とりあえず汗をかこう


 
夏のはじめに、毎日数時間でも暑さにさらされていると、
1~2週間で皮膚の血管拡張反応、発汗する機能が促進します。

詳しくは、【拙・暑くなるとしんどく感じるのは何故なのか?】をご一読ください。

ところで、定期的にお越しくださっているクライアントさんが、
6月の末に京都へ行き、暑い中を一日中歩いてきたそうです。

「確かに暑かったけど、それ以降、暑さに慣れて楽になったような気がします」
と仰っていましたが、決して気のせいではなく、本当にその通りでしょう。

暑い中で、いきなり一日中過ごす必要はありませんが、意図的に
汗をかく機会をつくり、発汗しやすい身体に移行することは大切です。

暑くなりはじめて間もない頃から、エアコンに頼って過ごしていると、下手をすれば
夏の間ずっと、「汗をかきにくい身体のまま」ということだってあり得ます。

発汗は、ヒトに与えられた優れた機能です。有効に使いましょう。

関連記事
【拙・汗をかけないデメリットと治し方
【拙・賢くハッカ油を使って涼しくなろう
【拙・暑い夏でも健康的に涼しく眠る方法
【拙・扇風機の風は本当に体に悪いのか?
【拙・夏にあったパジャマを選ぼう




最終更新日 2017年7月22日


2017年7月22日 | カテゴリー:自律神経の乱れ

あわせて読みたい記事

書籍の紹介

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

PAGE TOP

お問い合わせ