西宮 ながた整体院のブログ

おススメしたいパジャマの選び方



 

就寝時に、パジャマを着るべき理由は、「拙・パジャマを着ると睡眠の質はあがる?
でお話しした通りです。

それでは、パジャマならなんでも良いのかと言えばそうでもありません。
バリエーションが豊富なだけに選ぶのも一苦労ですよね。

あまりに選択肢が多すぎると、面倒になって何でも良いような気になりますが、
投げやりに選んだところで、良いパジャマにめぐりあえるはずもなく・・・。

というわけで、今回は快適な睡眠をサポートしてくれるパジャマの選び方に
ついてまとめてみました。




1. パジャマを選ぶ際のポイント

パジャマを選ぶ際に、こだわるべきポイントは以下の4点です。

① 洗濯に強い素材であること
② 肌ざわりが良い素材であること
③ 暑さ、寒さをしのげるもの
④ 身体を動かしやすいもの

【拙・暑い夏でも快適に寝る方法
 

2. 洗濯に強い素材であること


 
汗を吸収し、清潔な環境を保つことがパジャマの大きな役割であるからには、
こまめに洗濯をしなくては意味がありません。

汗の吸収性に優れているという事は、それだけ汚れやすいという事です。
何日も着つづけていると、雑菌も増殖し放題になってしまいます。

従いまして、手入れがしやすく、何度洗濯しても型くずれしにくい丈夫な
素材であることが、パジャマを選ぶ際の重要事項と言えます。

【拙・扇風機は本当に体に悪いのか?
 

3. 肌ざわりが良い素材であること

パジャマではなくても、デザインが気に入ったため購入してみたものの、
着心地が悪く、タンスの肥やしになってしまったTシャツや下着があるかと思います。

ゴワゴワしたり、ザラついた衣類が肌に接触すると、僅かながらも交感神経が緊張します。
逆に、滑らか、あるいは柔らかい肌ざわりだと身に着けていて気持ちが良いですが、
この時は、副交感神経が優位になっています。

積極的に活動している日中であれば、衣類から伝わる刺激はそれほど気になりません。
ところが就寝時ともなると、外部からの情報が遮断されますので、
肌から伝わってくる刺激が気になりやすい状況になります。

【拙・衣類アレルギーとはなんだろう?
 

4. 暑さ、寒さをしのげるもの

暑すぎると眠れません、眠れても睡眠が浅く、すぐに目が覚めてしまいます。
逆に寒すぎると、風邪をひいてしまいますので、どちらにしても健康に良くないです。

つまりですね、夏は熱を逃がして涼しく、冬は寒さを感じさせない素材のもの、
さらに、暑くもなく、寒くもない春と秋に適したもの、
都合3種類のパジャマを準備できれば理想的です。

湿度と温度をコントロールして、快適さを保つことが目的ですから、
季節にあわせてパジャマを着こなすことが重要になります。

【拙・冷房が体に悪いというのは本当か?
 

5. 身体を動かしやすいもの


 
他の記事も読んでくださった方ならご理解戴けるかと思いますが、
自然に寝返りをうつてることが重要です。

パジャマは基本的にゆったり設計ですから、どれを選んでも無理なくスムーズに
身体を動かせるはずですので、気をつけたいのはサイズです。

体重が増えて、少し着づらくなったパジャマを無理をして使い続けると、
寝返りが減少し、肩こりや腰痛に繋がる可能性があります。

寝返りの問題だけでなく、一晩ウエスト部分が締め付けられつづけると、
血流の低下を招き、脚がむくむ原因にもなりますのでお気をつけください。

成長期の子供だと知らないうちに、サイズがあわなくなっている事も少なくありません。
ここは親がしっかり気を配りたいところですね。

活動する事が前提の外出用衣類やルームウェアと違い、パジャマは基本的に
眠るだけですので、成長を見越してワンサイズ上のパジャマを選ぶのもありです。

その他、寒いからといって、厚めのパジャマを着たり、重ね着をすると、身体を動かしにくくなる
傾向があります。そうしますと、やっぱり寝返りが減少しますので注意が必要です。

【拙・ベッドと布団、どちらが健康的に眠れるか?
 

6. パジャマに使われている生地の特性


 
◇ シルク
ヒトの皮膚組織に近い成分(たんぱく質)で構成されているため、肌への馴染みが素晴らしい。
さらに、優れた吸湿・吸水性を誇り、夏は涼しく、冬は暖かいという万能ぶりです。

ただし、洗濯をする時は、手洗いが基本です。強く絞ったり、脱水機にかけるのはNGと、
とにかく手が掛かかり、価格も高めであるこが惜しまれます。

◇ 天竺
肌着やTシャツ等でよく使用される生地だけに、肌ざわり、動きやすさは折り紙つき。
横方向に伸びやすいため、着たり脱いだりという動作が容易な点も嬉しいです。
サラっとした素材で清涼感があるため、夏向きですね。もちろん洗濯にも強いです。

◇ パイル
タオルのように表面にループがある生地で、毛先をカットしたものはシャーリングと呼ばれ、
ふんわりとした肌ざわりが人気です。タオルと似ているだけに、吸水性は最高です。
そのうえ、保温性、保湿性も高いため、寒い季節、暑い季節を選びません。

◇ 二重ガーゼ
吸湿性がよく、通気性もあるため、赤ちゃんの産着に使用されている生地です。
長く使うほど肌に馴染む特徴があり、肌ざわりも優しく、乾燥肌やアトピーの方にお奨めです。
ただ品質によっては、洗濯をすると縮んでしまう可能性があるため、サイズ選びは慎重に。

◇ サテン
女性の衣類によく使用されている光沢と滑らかさに優れる生地で、肌ざわりの良さは
言うまでもありません。生地に冷んやり感がありますので夏向きですね。
吸水性がないため、パジャマとしては微妙でしょうか。洗濯に弱いのも残念。

◇ サッカー
経(たて)糸を調節し、表面に凹凸をつけストライプ状に仕上がった生地です。
この凹凸によって、身体に触れる面積を少なく抑えられ、まとわりつきにくく、
爽やかな肌ざわりを実現しています。暑い季節には重宝しそうですね。

◇ 綿
Tシャツや下着にも使用されている生地ですので、肌ざわりの良さはご存知かと。
通気性がよく、季節を選ばず活躍してくれる上に、洗濯にも強くとにかく丈夫です。
難点は、シルクを除く他の生地よりも高価格である事と、汗で黄ばみやすい事でしょうか。
 

7. 結論と致しまして

パジャマに使用されている生地は、どれも肌ざわりが良いものばかりですね。
身体の動かしやすさにも、それほど差はありません。

そうしますと、涼しく(あるいは暖かく)、かつ洗濯に強い素材であることが、
パジャマを選ぶ際の判断材料と言えそうです。

是非とも、お気に入りのパジャマを見つけて、快適に眠ってください。

関連記事
【拙・眠い時は寝た方が健康に良い理由
【拙・寝返りが健康を左右してしまう理由
【拙・目覚ましが鳴る前に目が覚めるのは不健康だから?
【拙・コタツで寝ると風邪をひく?
【拙・正しい枕の選び方





2017年6月17日 | カテゴリー:睡眠の質を上げる方法

あわせて読みたい記事

書籍の紹介

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

PAGE TOP

お問い合わせ