西宮 ながた整体院のブログ

痛み止めに対する誤解

怪我をしたサッカー選手
 

1. まずは痛みの原因を把握する

痛みとは、「異常が生じているので身体を動かしてはいけませんよ」という警告です。
なんらかの原因で痛覚が欠損している生物は、すべからく短命であることからも
分かる通り、生命を維持する上で欠かせない感覚(情報)なんですね。

痛みがある時、まずは、痛みを誘発している原因を把握することが肝要です。
原因がはっきりしているのであれば、極力安静にしてやり過ごすのが基本になります。

とはいえ、どうしても頑張らなくてはならない場面があるのは事実で、
そういう場面では、痛み止めが重宝されます。
 

2. 副作用にも色々ある

《毎日新聞》  2017年5月6日  『<鎮痛薬>サッカーW杯選手も陥る「痛み止め」効果の誤解』

(前略) 成人男子選手の69%が非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を服用していたことが分かったのです。NSAIDsとはジクロフェナク、イブプロフェン、ロキソプロフェンやセレコキシブ(それぞれ代表的な商品名はボルタレン、ブルフェン、ロキソニン、セレコックス)などの痛み止めのことです。

(中略)「NSAIDsはその抗炎症作用によって骨の治癒を遅らせ、たんぱく質合成を減少させる。そのうえ、運動後には骨格筋の衛星細胞を阻害する」

 衛星細胞とは、筋肉のもとになり、筋肉の修復に必須であることが分かっている細胞です。つまり、アスリートにとって「いいことは何もない」わけです。(後略)

なかなかに恐ろしいことが書かれてますね。例えば、捻挫をしてしまい痛み止めを
飲んで無理やり試合に参加してしまうと、捻挫を悪化させてしまう可能性が高いです。

痛みが治まったとしても、捻挫が治ったわけではありませんので、
この辺りは、お察しいただけるかと思います。

ところが、痛み止めを服用することによる弊害はそれだけに留まらず、
薬の副作用として怪我の治りは確実に遅くなります。
風邪薬を飲むといつまでも風邪が治らないのと似てますね。

もちろん、スポーツでの怪我に限らず、日常でのぎっくり腰や寝違え等で、
痛み止めを利用する場合も同じことが言えます。

副作用と言えば、発熱したり、発疹がでたりと、なんらかの症状が生じる
イメージが強いですが、治癒が遅れるのもひとつのパターンです。
 

3. 痛み止めとしてのロキソニン

ロキソニンの画像
 
さて、お越しくださるクライアントさんを見ている限りでは、
痛み止めとして、ロキソニンが処方されるケースが多いです。

頭痛や生理痛なんかでも、ロキソニンの処方が目立ちますので、
ロキソニンは利便性が高く幅広く活躍していると言えますね。

反面、ロキソニンは強力な薬ですから、服用すると副作用として
胃の粘膜がダメージを受けやすいという欠点があります。
そのため、内科や婦人科では、セットとして胃薬が処方されます。

ところが、整形外科で痛み止めとしてロキソニンが処方される場合、
胃薬は処方されないケースが少なくありません。

怪我に対する痛み止めですから、あくまでも一時的な処置であって、
「連続して服用する」という前提にないのでしょう。
 

4. 胃潰瘍に御注意を

ちなみに、ロキソニンを服用する際には、胃薬も一緒に飲まないと
胃の粘膜が破壊され、胃潰瘍を患う確率が上がってしまいます。

※ NSAIDs潰瘍なる言葉があるくらいです

排便時に、便がやたらと黒くなっているようなら、肛門から遠い内臓(胃や小腸)で
出血している可能性が高いため、早めに病院で相談した方が良いですよ。

スポーツをしている人(特に学生さん)は、定期的に試合があるからか、
痛み止めを利用する頻度が高い印象があります。

痛みが消えれば万事OKなのではなく、服用する事によるリスクも
しっかり理解したうえで、上手に利用してくださいな。


2017年5月12日 | カテゴリー:環境と健康

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

PAGE TOP

お問い合わせ