いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

健康問題は自殺の動機になり得る

憂鬱そうな女性
 

1. まさしく死活問題

《朝日新聞》  2017年3月23日  『自殺の動機、3人に2人「心身の健康問題」』

2016年中に自殺した人のうち、3人に2人が心身の健康問題が動機となったことがわかった。一方、生活苦や家庭問題は2割程度だった。厚生労働省と警察庁が23日に分析結果を公表した。自殺者数は7年連続で減っているが、厚労省はこうした結果を踏まえ、自殺防止対策を検討する。

 16年中の自殺者数は2万1897人。そのうち1万6297人分の遺書などを分析し、1人最大三つまで自殺の動機をまとめた。  それによると、うつ病や体の病気など健康問題が1万1014人(67・6%)と最も多かった。生活苦や借金など経済・生活問題の3522人(21・6%)、夫婦の不和や将来に悲観したなど家庭問題の3337人(20・5%)が続いた。(以下省略)

膝が痛くて歩けない、あるいは、腰が曲がって動けない等、身体的な
健康問題はもちろん、自律神経失調症やうつ病等、心の病においても
健康面に不安があると、仕事や家事が思うようにできなくなります。

それはつまり、生活苦であり、ひいては経済的な事情にも直結しますので、
自殺の要因として健康問題(67.6%)と生活問題(21.6%)に
明確な線を引くことは難しそうですね。





 

2. 長生きよりも重要なこと

先日、定期的にお越しくださっているクライアントさん(60代)と、介護施設について
雑談していると、「自力で動けなくなったら終わり」だと仰ってました。

普段は冗談(軽口?)も多い方なのですが、いつになく真顔で語ってくださいました。
「長生きできるかどうかではなく、健康を維持しながら生活できることが重要」とのこと。

もちろん色んな考え方があって良いのですが、個人的には100%同意します。

自力で活動できなくなると、第三者の助力が必要になるわけですから、
自由度は大幅に低下し、それに伴って間違いなくストレスも増えます。

【拙・認知症と物忘れの違いを考えてみた
 

3. 備えあれば憂いなし

体操をする女性
 
職業上、健康管理には気を使っている方だと自負していましたが、よくよく考えてみると
自分が動けなくなった場合どうするのか、詳細までシュミレーションしたことがないですね。

あまり想像したくない事態ですから、目を逸らしていただけなのでしょうけれども・・・。

自分自身だけでなく、高確率で身内の生活にも影響を与えてしまいますので、
この辺りの問題とは一度しっかり向き合う必要がありそうです。

元気なうちはなかなか実感が伴いませんが、歳を重ねるにつれて体力は
確実に低下し、病気にも罹りやすくなるものです。

健康に限らず、なにか問題が起こった際、先送りするほど選択肢は
少なくなっていくものですから、早めに対応した方が良いのは明らかでしょう。

クライアントさんの一言から、色々と考え直す良い機会になりました。

関連記事
【拙・大人になると時間が早く経つ理由
【拙・後ろ歩き健康法は有効か?
【拙・頭蓋骨矯正による体質改善効果
【拙・休みになると体調不良で熱がでるのは何故なのか?






2017年4月3日 | カテゴリー:環境と健康

あわせて読みたい記事

書籍の紹介

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

PAGE TOP

お問い合わせ