いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

睡眠薬や抗不安薬による薬物依存

薬の画像
 

1. 規定量でも薬物依存になる?

《朝日新聞》  2017年3月21日  『睡眠薬や抗不安薬44種類「規定量で薬物依存の恐れ」』

 睡眠薬や抗不安薬、抗てんかん薬として処方される「ベンゾジアゼピン(BZ)系」という薬などについて、規定量でも薬物依存に陥る恐れがあるので長期使用を避けることなどを明記するよう、厚生労働省は21日、日本製薬団体連合会などに対し、使用上の注意の改訂を指示し、医療関係者らに注意を呼びかけた。

 対象はエチゾラムやアルプラゾラムなど44種類の薬。BZ系薬は短期の使用では高い効果を得られるが、薬をやめられない依存性や、やめたときに不安、不眠などの離脱症状が生じることがあるとされる。日本では広く使われているが、欧米では処方が控えられ、長期的な使用も制限されている。(以下省略)





 

2. 何で日本だけ?

規定量を厳守しても、薬物依存に陥る可能性があるのなら、そもそも、
「定められた規定量が間違っている」という事にならないのでしょうか。

日本は欧米で主流となったスタイルを後追いをする分野が多々ありますが、
こと抗不安薬や睡眠薬の使用に関しては後追いどころか、これまで放置状態でした。

欧米では、抗不安薬の危険性を憂慮し、使用方法が厳しく制限、管理され始めたために
流通量が減少しました。それに対して、日本では積極的に処方され続けてきました。

結果として、国ごとの市場流通量を比較すると、とんでもない差になってしまい、
「何で日本だけが未だに使用しつづけてるのよ?!」と他国から批難されることもしばしば。

抗不安薬や睡眠薬の処方に関して、日本だけは、このまま独自の路線を行くもの
と思っていましたので、ちょっと意外な展開(あくまでも個人的な印象)です。

ベンゾジアゼピン処方の国際比較
 

3. 一般的に利用されている薬

薬の画像2
 
そういえば、先日、「息子(小4)が朝起きられなくて学校へ行けない」とのことで、
お越しくださったクライアントさんがいらっしゃいます。

初めてご来院くださった方には、もれなく服用している薬を確認するのですが、
デパス(抗不安薬)を服用しているとのこと。

抗不安薬であることは把握していて、利用することに対して不安はあったものの、
「一般的に利用されている薬だから大丈夫ですよね?」と仰ってました。

確かにデパスは適応症状の守備範囲が広いため流通量も多いですが、
決して軽い薬ではありません。というよりも、ぶっちゃけ強力な薬剤です。
未成年、しかも小学生に処方されるのは、世界広と言えども日本だけではなかろうか?

今回の改訂に伴い、現場でどういう変化が起こるかは未知数ですが、
とりあえず、良い方向に動き始めたと受け止めたいところです。

関連記事
【拙・子供に向精神薬が処方されるケースが増加中
【拙・向精神薬と麻薬はどこが違うのか?
【拙・睡眠薬の多量摂取は何故起こる?
【拙・風邪をひいても熱を下げない方が早く治る医学的根拠
【拙・医者が薬を飲まないというのは本当か?





2017年3月24日 | カテゴリー:環境と健康

あわせて読みたい記事

書籍の紹介

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

PAGE TOP

お問い合わせ