いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

認知症と物忘れの違いを考えてみた

老夫婦の画像
 

1. 物忘れが酷いのだが?

定期的に、ご来院くださっているクライアントさんが仰るに、「最近もの忘れ
がひどく、認知症になるのではないか・・・」とお悩みなのだとか。

具体的な話をお伺いしたところ、洗濯を干している際、ジャージの下だけがないことに
気付いたのが事の始まり。忘れてきそうな場所と言えば、趣味のテニスをしている体育館か、
はたまた健康維持のために利用しているスポーツジムということになり、
ジムを訪れると、忘れ物として届けられおり無事にジャージの回収に成功したそうな。

さらにその後、今度はTシャツがないことに気付き、心当たりと言えば、やっぱり体育館、
もしくはスポーツジムです。それで、Tシャツもジムで難なく回収できたのだとか。
要するにあれです。ジャージ(下)とTシャツを同じ日に忘れてきたわけです・・・。

僕からすると、笑い話にしか思えないのですが、ご本人様は至って真剣に、
「認知症になってしまうのでは・・・」と苦悩しておられました。

同年代(60代)の他のクライアントさんに尋ねてみたところ、大なり小なり認知症に対する
不安はあるようです。皆さん60代ですから、気にする年齢でもないように思えますが、
もしかすると、あと数年もすれば、僕も同じような不安にかられるのかもしれませんね。

【拙・スマホやパソコンを利用すると認知症になる?





 

2. 認知症と物忘れの違い

さて、結論から言いますと、この手の物忘れと認知症に因果関係はありません。
物忘れがひどいというよりも、たんなる集中力の低下が招いたものです。

物覚えが悪くなったからと言って、認知症を疑うのは短絡的でしょう。
「両者は似て非なるもの」だということをまずは把握する必要がありそうです。

具体的な例をあげますと、以下の通りです。

「○○さん、前回ご予約戴いた日に来ませんでしたね」
「そうだった!忘れてました、すみません・・・」

これは単なる物忘れです。

「○○さん、前回ご予約戴いた日に来ませんでしたね」
「その日は予約してませんよ?」
「いえ、確かに予約なさいましたよ」
「してません! なんで嘘を付くの?!」

こっちが認知症です。つまり、忘れたことさえ、忘れてしまうのです。
そのため認知症になると、ご家族をはじめ周囲の人と衝突しやすく、
次第に孤立していくのが特徴です。

【拙・嫌な予感を信用しても良い理由
 

3. 日記の書き方

日記の画像
 
それでは、物忘れをなくすためにはどうすれば良いのかと言いますと、
注意力が散漫になるのを改善すれば良いのですから、日記をつけるのが効果的です。

日記と言っても、小学生の頃にやらされた例の日記とは少し違います。
学校で課題として書く日記は、どういうわけだか感想、感情が重視されがちです。

そのため、普通に過ごした日は、なかなか書くことが思い浮かびません。
結果として、日記を書くためにイベントが必要になってしまい、
本人(子供)はもちろん、親御さんも日記を書くために、遊びに連れて行ったり、
一緒に何か作ったりするはめになります。冷静に考えると本末転倒ですよね。

そうではなく、単純に1日の出来事を時系列に書いていくのが本来の日記です。
航海日誌をイメージしてもらうと良いのですが、個人の感想が入ってしまうと
記録としての意味を成しません。個人で書く日記も同じことが言えます。

【拙・メモをとると記憶力は低下してしまうのか?
 

4. 記憶の忘却曲線

さて、日記を書くと物忘れをしなくなる根拠としては以下の通りです。

脳は日々の生活の中で膨大な情報をインプットしているわけですが、
よほど印象的な出来事でもない限り、不要な情報をどんどん忘れてくように出来ています。

逐一記憶していたのではきりがありませんので、「忘れること」は、
生きていくうえで備わっている重要な機能なんですね。
言い換えると、何らかの努力をしなければ、忘れてしまうのは当たり前なのです。

ところで、「エビングハウスの忘却曲線」をご存知でしょうか?
脳に情報がインプットされ、その情報が忘れ去られるまでの時間を
医学的に検証した理論です。忘れる前に復習すれば記憶の定着を促せますので、
進学塾なんかでは、効率の良い学習を進めるために指導しています。

それで、エビングハウスによりますと、「最初の復習は24時間以内にするべし」
とされています。それにより、忘却される最初のタイムリミットを引き伸ばすわけです。

日記は毎日書くものですから、1日の出来事を反芻する際、
必然的にエビングハウスの効率的な学習理論を満たしていることになります。
この時点で、物忘れは大幅に軽減するでしょう。

【拙・大人になると時間が早く経つ理由
 

5. 何を食べたか思い出せます?

夕食の画像
 
次に、実際に日記を書いてみると分かりますが、今日起こった出来事とはいえ、
案外詳細までは覚えていないもので、思うように日記を書けません。

例えば、今朝の通勤時に自宅から最寄駅まで向かう際、誰と出合ったか、
あるいは、見かけたか等を正確に思い出せる人は少ないものです。
晴れていたか曇っていたかになると、記憶している人なんて殆どいません。

これは、既に忘れてしまったのではなく、いつも通りの日常、つまり不要な情報だと
脳が認識しているため、情報が右から左へと抜け、記憶に留まらないわけですね。

ところが、日記を書き始めると、「取るに足りない情報」から、「日記を書くために
必要な情報」へと重要度が格上げされ思い出しやすくなります。
日記を書く習慣をつければ、数日前の夕飯の内容だって、すんなりと答えられるようになるわけです。

【拙・若い頃ほど良質で美味しいものを食べた方が良い理由
 

6. 日記を書こう

歳をとるにつれて、「物忘れが酷くなった」と感じる場合、認知症の前兆などではなく、
脳細胞が減少して機能が衰えたわけでもなく、単純に集中力が低下しているケースが殆どです。

「歳をとったのだから、記憶力が低下して当たり前」などと開き直ろうものなら、
さらに集中力は低下し、結果的に物忘れも増えていきます。

ところが、集中力を持って過ごしさえすれば、物忘れは解消できる可能性が高いです。
というわけで、認知症や脳機能の衰えを疑う前に、まずは日記をつけてみることをお奨めします。

なお、余談になりますが、日記をつけるということは、今まで見なかったことに対して
意図的に目を向けるわけですから神経は消耗します。集中する時間が増えれば、
交感神経が緊張する時間が増加し、そのぶん休息も必要になります。

先にも述べましたが、「忘れる」ということは、人に備わった必要不可欠な機能です。
なんでもかんでも記憶できれば、良いことづくめかと言いますと決してそうではありません。

元々、交感神経が過敏な状態で過ごしている人にとっては、緊張度合いを自ら上げてしまう事に
なりかねないわけです。自分の生活にあわせて、うまく折り合いをつけてください。

関連記事
【拙・後歩きは認知症の予防になるか?
【拙・素足が健康に良い理由
【拙・自分で出来る自律神経チェック
【拙・カレーは認知症の予防になるか?
【拙・アルツハイマーの原因は細菌?





2017年1月31日 | カテゴリー:脳のおはなし

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ