いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

動悸で目が覚めるのは何故なのか?

%e8%83%b8%e3%82%92%e6%8a%91%e3%81%88%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7
 

1. 動悸で目が覚めるのだが?

先日お越しくださったクライアントさんから、「たまに動悸で目が覚めるのですが
これってヤバイですか?」とのご質問を戴きました。

悪夢にうなされて飛び起きたら動悸がしていた、ということであれば、
さもありなん、それほど気にする人もいないでしょう。

ところが、「動悸で目が覚めた」 あるいは、「起きたらなぜか動悸があった」
ということになれば、話は違ってきますよね。「何か良くない病気なのでは・・・」
と考えてしまうのも頷けるお話しです。

【拙・ベッドと布団、どちらが健康的に眠れるか?





 

2. 心臓疾患による動悸

まず考えなくてはならないのが、心臓疾患により生じている動悸でしょう。
なにせ最悪の場合は、生死に関りますから無視できません。

心疾患による動悸で最も恐ろしいのは、血の気が引いて、そのまま意識が
遠のき失神してしまうことです。下手をすると永遠に意識が戻らないことも
考えられるだけに怖いですよね。

ところが、眠っている間に動悸が起こり、目が覚めてしまう状態は、
既に最悪の事態を回避できていることになります。

【拙・嫌な予感を信用してもよい理由
 

3. 心臓疾患の可能性は低い

%e6%84%8f%e8%ad%98%e3%81%8c%e7%84%a1%e3%81%8f%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%9f%e5%a5%b3%e6%80%a7
 
家族の誰かが、いつまでも起きてこないと思って様子を見に行ったら、
布団の中で既に亡くなっていた、という話は決して珍しくありませんが、
これは眠っている間に心筋梗塞等を起してしまったわけです。

そもそも心臓疾患による動悸であれば、それまでにも眠っている間ではなく、
起きている間に何度となく動悸を繰り返しているものです。

従いまして、昼間の活動時にはまったく動悸が起こったことがないのであれば、
心臓疾患の可能性は限りなく低いと言えます。仮に起きている間にも、
頻繁に動悸を起こしているようなら、直ぐに循環器系を受診しましょう。

【拙・心筋梗塞や狭心症による胸の痛み
 

4. 動悸を伴う疾患

次に不整脈ですが、原則として身体を動かしている時に発生するものですから、
眠っている間に発生し、それが原因で目が覚めるのはレアケースです。

こちらも、起きている時に何度か生じているのであれば話は違ってきますが、
心電図を測るよう医師から勧告を受けたことがある等、心当たりがなければ、
それほど心配はいらないでしょう。

その他、バセドウ病でも動悸が起こることが知られていますが、この疾患でも
睡眠時を中心に多発するという病気ではなく、症状がでるのは主に日中です。
つまり、動悸が就寝時に限定されるのなら、バセドウ病の可能性も低いです。

【拙・恋愛による胸の苦しさが侮れない理由
 

5. 自律神経の乱れも動悸を起す

%e6%9c%ac%e3%81%a7%e8%aa%bf%e3%81%b9%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7
 
それでは、動悸で目が覚める原因として何が考えられるかと言いますと、
最も可能性が高いのは自律神経の乱れでしょう。
ただし、あくまでも心臓や肺に異常がない事が前提ですよ。

自律神経が不安定になると、それに伴い睡眠の質が低下し、睡眠が浅くなる傾向があります。

REM睡眠時には、覚えているかどうか別にして必ず夢をみているものです。
それなら、急に脈が早くなったり、動悸が起こっても不思議な話ではありません。

【拙・目覚ましが鳴る前に目が覚めるのは何故なのか?
 

6. カフェインとアルコール

自律神経失調症やパニック障害の改善を目的として、お越しくださるクライアントたちに
お話を伺ってみると、昼寝をした時や、夜間なかなか寝付けずに、明け方になってようやく
ウトウトした頃に動悸がすることがある、という方が多かったです。

どちらも深い眠りではなく、浅い眠りから覚めた直後ですから理屈通りではありますね。

さらに動悸で目が覚める経験をしているクライアントさんに見られる傾向として、
コーヒーやお酒を飲む習慣があるケースが目立ちました(54名中32名)。

なお、動悸で目覚める直前に、カフェインやアルコールを摂取していたかどうかは不明ですが、
両者ともに睡眠の質を低下させる作用がありますので、因果関係があるかもしれません。

頻繁に起床時に動悸があるようなら、とりあえず、コーヒーやお酒を控えてみる、
あるいは、眠る前になると飲まない等、色々と試してみましょう。

関連記事
【拙・自分で出来る自律神経チェック
【拙・自律神経による胸の違和感と対処法
【拙・労力をかけずに自律神経のバランスを保つ方法
【拙・自律神経に頭蓋骨の矯正が良い理由
【拙・眠る前のスマホが美容と健康を損ねる理由




最終更新日 2017年7月16日


2016年12月25日 | カテゴリー:睡眠の質を上げる方法

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ