西宮 ながた整体院のブログ

風邪をひいたらお風呂に入らない方が良い?

%e8%80%83%e3%81%88%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7
 

1. 入浴してはいけないという風潮

このところ朝晩は急激に気温が下がり、冬らしい気候に近づいてきました。

秋から冬に差し掛かる時期は、まだ身体が寒さに馴染んでいないため、
発汗や排尿のバランスが微妙になってしまいがちです。

【拙・寒くなるとトイレが近くなる理由

要するに、体調を崩してしまいやすい季節なのですが、それに加えて、
ここ数日は昼間との温度差が激しいため、「風邪を引いてしまった」、
もしくは、「なんとなく風邪っぽい」というクライアントさんが多いです。

皆さま方も、風邪をお召しになりませんよう、くれぐれもご自愛ください。

ところで、「風邪を引くとお風呂に入ってはいけない」という風潮があります。
風邪を早く治そうとするなら、風邪薬で熱を下げない方が良いわけですが、
なんとなく矛盾しますね。というわけで、入浴の是非を改めて考えてみました。

【拙・風邪をひいても熱を下げない方が早く治る医学的根拠





 

2. お風呂に入ると風邪は悪化するのか?

まずお風呂に入ると、副交感神経が優位になって血の巡りがよくなります。
それに加えて、身体がお湯に温められるため、体温は確実に上昇します。

風邪で発熱している場合は、さらに体温が上がり、しんどさの度合いが増すため、
「悪化させてしまった・・・」と勘違いされている可能性がありますね。
この辺りが風邪をひいた際に、お風呂が敬遠される主な理由でしょう。

ところが、お風呂に入り体温が上昇すれば、免疫機能が活性化しますので、
風邪を早く治したいなら、入浴した方が良いことになります。

さらに、昼間に汗をかいた状態で、お風呂に入らない場合は、毛穴に皮質が
つまりがちで、効率的に発汗できなくなってしまいます。そう考えると、
入浴して汗を流すことも、風邪を治すために好材料のひとつになります。
何より、さっぱりして気持ち良いですよね。

【拙・お風呂に入ることが健康に良い理由
 

3. 入浴によるメリットは多い

pak74_mawarihariarujyu_tp_v
 
その他に、風邪をひくと鼻が詰まって呼吸がしにくくなり煩わしいですが、
入浴すれば鼻づまりが解消する可能性が高いです。
呼吸が楽になるだけでも、入浴するだけの価値がありそう。

【拙・お風呂に入れば鼻づまりが治るのは何故?

浴室の湯気が喉に優しいのも嬉しいですね。喉のイガイガから解放されると、
風邪が治りそうな気になるだけでなく、実際にウイルスの活動を抑制してくれます。
ウイルスは乾燥した状態でこそ繁殖するものです。

ここまでを簡単にまとめると、以下のようになります。

<デメリット>  
・体温があがり、余計にしんどくなる

<メリット> 
・免疫が活性化し風邪が早く治る
・汗を流すことで、精神面、衛生面でプラスになる 
・鼻づまりが解消する
・喉のイガイガが解消する

改めて考えてみると、間違いなくメリットの方が多いです。

【拙・咳が出て眠れない時の対処法
 

4. 水風呂はどうだろう?

水風呂に入ると、身体が冷やされますので、当然ながら体温は低下します。
免疫活動の邪魔をしていることになりますので、良い選択肢ではありません。

メリットとしては、風邪熱によって火照った身体を冷やしてくれるので、
気持ちが良いということになるでしょうか。

身体を冷やして苦痛から逃れたいなら、アイスノンや冷えピタで良いでしょう。
従いまして、あまりお奨めできない方法です。

【拙・上咽頭炎が治った理由を考えてみる
 

5. お風呂がNGになった理由

%e9%8a%ad%e6%b9%af%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f
 
そもそも、「風邪のときはお風呂はダメ」という説が日本社会に浸透した理由ですが、
ひと昔前までは自宅にお風呂がなく、銭湯を利用していた人が多いからです。

以前は現在と違って、お風呂屋さんがたくさんありましたが、
それでも、徒歩で5分程度は必要になります。

そうしますと、せっかく銭湯で温まったにも関らず、寒空の下を歩いて帰るうちに
すっかり湯冷めしますので、それこそ、風邪を悪化させてしまうでしょう。

それに銭湯のお湯って、熱いところが多いんですよね・・・。
お湯が熱過ぎると、副交感神経が優位になってリラックスどころか、
熱刺激となって、交感神経が優位になってしまいかねません。
その場合、体力が消耗しますので、免疫力も低下します。

銭湯通いが一般的だった頃であれば、風邪をひいたらお風呂を敬遠する
人が多数を占めたのも頷けるお話しです。
それが、風邪をひいた際の常識として根付いてしまったのでしょう。

【拙・コタツで寝ると風邪をひく理由
 

6. 風邪の時は入浴した方が良い

40度近くまで発熱していると、それ以上体温をあげる意味がありませんので、
その時は、お風呂に入らない方が良いです。もっとも、そこまで高温になってしまうと、
だる過ぎて入浴する気にならないと思いますけれども・・・。

結論と致しまして、しんどくて寝ていたいのなら、無理をしてまで入浴する
必要はありませんが、風邪をひいたら基本的にはお風呂に入った方が良いです。

入浴した場合は、湯冷めしてしまわないように注意が必要です。
髪の毛が濡れていると気化熱が奪われますので、肩にかかるくらい長い場合は、
髪を洗うのはやめておきましょう。特に女性は気をつけたいところです。

お風呂に入ると、発汗、代謝が促進されますので、水分補給も必要です。
こういう時こそ、飲む点滴ポカリスエットが最適かと思われます。

水分補給を済ませたら、後は身体が冷える前に布団にもぐり込んで、
ひたすら寝て英気を養いましょう。

関連記事
【拙・休みになると体調不良で熱がでるのは何故なのか?
【拙・医者が薬を飲まないというのは本当か?
【拙・インフルエンザの予防接種は効果があるか?
【拙・皆勤賞に価値はあるか?




最終更新日 2018年3月10日


2016年11月2日 | カテゴリー:免疫 & 微生物

あわせて読みたい記事

書籍の紹介

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

PAGE TOP

お問い合わせ