いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

60歳を過ぎて歩けるようになった男性のお話

%e8%bb%8a%e3%81%84%e3%81%99%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f
 

1.まさしく奇跡

《AFP》  2016年09月26日  『車椅子の男性、43年後に誤診と判明』

43年間車椅子の生活を送っていたポルトガル人男性が、後になって誤診が判明し、50代でようやく歩行訓練を始められるようになったと、ポルトガルの新聞が25日に伝えた。

 ジョルナル・デ・ノティシアス(Jornal de Noticias)紙によると、同国南東部アランドロアル(Alandroal)に住むルフィーノ・ボレーゴ(Rufino Borrego)さん(61)は13歳の時、リスボン(Lisbon)の病院で筋ジストロフィーと診断され、その後40年以上にわたり、車椅子の生活を余儀なくされた。

 ところが2010年、ある神経学者によって、ボレーゴさんが実際に患っているのは筋肉が弱くなる「筋無力症」という別の病気であることが判明。(以下省略)

自力での歩行を諦めていた方が、実は他の病気であると判明し、治療によって
歩けるようになったのですから、ご本人やご家族の方からするとまさしく奇跡でしょう。

【拙・後ろ歩き健康法の効果を考えてみる
 

2.誤診と言えるか?

13際の頃から車椅子生活ですから、その間は当然自分の足では歩いていません。
使用しない筋肉は、劣化していくものですが、それでも、リハビリをすれば、
60歳であろうが、普通に日常生活を送れるくらいまで回復するのですね。

ぜんそくの薬というのは、おそらくステロイドのことだろうと考えられます。
それで、ステロイドといえば、あまり印象の良くない薬剤ですが、
適切に使用すれば、奇跡に近いことを起せたりするのですね。

ところで、筋ジストロフィーと診断されたのは、昭和30年代ですね。
その当時は、筋無力症なる疾患の存在は、殆ど知られていませんでした。

つまり、筋ジストロフィーと診断したのは、妥当と言えるのではなかろうか。
実は、筋無力症でありながら、筋ジストロフィーと診断された方は他にもいそうですので、
少なくとも、「誤診」と言ってしまうのは、あまりに医師が気の毒に思えます。

関連記事
【拙・風邪をひいても熱を下げない方が早く治る医学的根拠
【拙・医者が薬を飲まないというのは本当か?
【拙・向精神薬と麻薬はどこが違うのか?
【拙・睡眠薬の多量摂取が起こる背景





2016年10月3日 | カテゴリー:その他

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ