西宮 ながた整体院のブログ

虫歯を治せる歯磨き粉は存在するか?

歯ブラシと歯磨き粉
 

1.歯が悪くなると老化する

ヒトの歯は再生しませんので、歯を悪くしてしまうと、食事の際に煩わしく感じることが増え、
好きなものを思うように食べられないことにストレスを感じるようになってしまいがちです。
挙句の果てには、食に対する関心が薄れていくという悲しい展開になりかねません。

膝を痛めて歩けなくなると、急激に老け込んだりしますが、食べられなくなっても、
同様に老化が進んでしまう傾向がありますので、本当に歯は大切です。

ところで、イギリスにおいて虫歯になっても歯を再生できる歯磨き粉が開発された模様。
本当であれば、画期的な商品ですね。歯医者さんは商売あがったりです・・・。

【拙・若く見える人は心身ともに健康な人が多い
 

2.虫歯を治せる歯磨き粉

《Nationpost》  2016年4月13日  『ついに虫歯が治る歯磨き粉が開発される』

イギリスのロンドン大学の研究チームが虫歯を再生できる歯磨き粉を開発しました。研究チームによると、その歯磨き粉には「ビオミンF」と呼ばれる成分が含まれており、歯を磨くとカルシウム、リン酸塩、フッ素など歯に良い成分が口の中に放出されるということです。虫歯によって空いた穴も再生するとか。(以下省略)

どうやら件の商品を使用すれば、カルシウム、リン酸塩、フッ素等が放出され、
それが虫歯によって損傷を受けた歯が再生できる、という理屈のようですね。

うーん、これなら日本国内でも類似商品が既に存在しているような?
アパガードなんかが同様にリン酸塩、フッ素が放出されるはずですが。

自分では認識できない微小レベルの初期虫歯であれば、既存の再石灰化する技術で
修復可能ですが、虫歯が目に見えるレベルの大きさになってしまうと修復は難しいです。

企業機密ゆえに公表できないだけで、実は従来の歯磨き粉とは異なる
歯を再生するための隠し成分でも含まれているのでしょうか。

【拙・自分で歯茎の健康を守る方法
 

3.おそらく無理でしょう

日本の医療技術はレベルが高いことで有名で、わざわざ日本で治療するために
来日する外国人が増えています。お越しくださる留学生と話しをしていても、
母国ではなく、日本での治療を選択する外国人が多い印象があります。

ところが、その留学生たちは不思議な事に、こと歯の治療になると、
日本ではなく自分の国に帰国してから歯医者さんに行くそうな。

理由は定かではありませんが、もしかしたら、歯の治療においては、
海外の方が優れているのかもしれません。

仮にそうだとすると、引用記事にある商品も、これまでの歯磨き粉とは
根本的に異なり、本当に歯を再生できる可能性もでてきますね。
個人的な感想と致しましては、おそらく無理だと思いますけれども。

関連記事
【拙・肩がこると歯が痛くなる?
【拙・歯痛の原因にもなりうる三叉神経痛
【拙・口の中の細菌はウイルスの増加を促す
【拙・医者が薬を飲まないというのは本当か?
【拙・風邪をひいても熱を下げない方が早く治る医学的根拠


スポンサーリンク

2016年4月15日 | カテゴリー:環境と健康

あわせて読みたい記事

書籍の紹介

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

PAGE TOP

お問い合わせ