いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

正しく健康的な靴の減り方

履き古した靴
 

1.矯正は必要か?

少し前に、「骨盤の矯正をしたい」という方がお越しくださいました。
当院では、なぜ矯正したいのか尋ねることにしています。

これは骨盤に限らず、顎関節の矯正や頭部の矯正を希望する方にも、
矯正する意図を必ずお伺いしています。

なぜかと言いますと、本来なら矯正する必要のない関節を、
あえて矯正してみたところで基本的に良いことなんてありません。

最悪の場合は、必要のない矯正をしたことがきっかけとなって、
身体に不具合が生じてしまうことだって考えられます。

もちろん、異論はあるでしょうし、絶対的に正しいとも考えていませんが、
当院では健康を損なう可能性のある矯正は行わない方針です、
という事を改めて主張しておきます。

【拙・素足が健康に良い理由
 

2.靴の外側が減っている

それで、冒頭のクライアントさんが仰るには、特にどこが痛い
という症状はないものの、靴の減り方がなんだか変なので、
身体に不具合が生じる前に矯正しておきたい、とのことでした。

健康を維持するために、あらかじめ不自然な歪みを解消しておく、
そういう考え方はありですね。と言いますか、悪化する前と後では、
矯正の難易度がまったく違ってきますので、強く推奨したいです。

というわけで、さっそく履いてらっしゃるパンプスを拝見したところ、
両足ともに、靴のかかと中央より外側が磨り減っていました。

かかとの中心からずれて、靴底がへっていると、「身体が歪んでいる」
とお考えになるかもしれませんが、実は問題ありません。正常です。

【拙・着圧ソックスで本当に脚のむくみを改善できるか?
 

3.ハの字を逆さにした形

砂浜の足跡
 
もともと、ヒトの脚は軽く外に開いているもので、仰向きで横になると、
カタカナの「ハ」の字を逆さにした形になります。

足跡も左右が並行になるのではなく、両側とも僅かに外側を向いているものです。

駅のホームなどで電車を待つ際に、「ここに並んでね」という立ち位置を示す
足跡マークも基本的に、ハの字を逆にしたイラストになってますよね。

決して適当に、そういうデザインにしたわけではなく、
身体の構造は、逆ハの字になっている状態が正しいからです。

立っているときは、左右の足を平行にするよりも、若干かかとを狭くして、
軽くつま先を広げた方が自然で楽な姿勢なのです。

【拙・骨盤を歪ませてしまう立ち姿勢
 

4.健康的な靴の減り方

股関節から足底までの構造を考えると、歩行時に脚を上げた際、
つまり地面から足が離れて宙に浮いている状態は、
外に開いた本来の骨格構造が反映されるため、最初に地面と接触するのは、
必ず靴のかかと外側ということになります。

従いまして、理想的な身体の骨格バランスを保てていれば、
靴のかかとは中心より外側が磨耗していくものなんですね。

かかとの外側で接触し、親指で地面を蹴って前に進む推進力を得ますので、
靴底の減り方としては、かかとは外側、つま先は親指の底あたりが
削れていれば、理想的な歩行をしていると考えて大丈夫です。

図示すると、以下のような感じで体重移動が起こりますので、
それに合わせて靴底が減っていれば健康的といえます。

正しい靴底の減り方

【拙・後ろ歩き健康法の効果を考えてみる
 

5.左右で減り方が違っている場合

なお、かかとの外側が減っていても、左右の靴を比較して、
磨耗度合いが顕著に違っている場合は、身体のどこかに歪みがある事を意味します。

放置しているうちに、いつの間にか歪みが改善されていた、
などと都合の良いことは、残念ながら滅多に起こりません。

それどころか、歩行時に使用する筋肉に左右差がある状態ですので、
時間が経つほど歪みは大きくなっていく可能性が高いです。
膝や股関節を痛めてしまう前に、本来の骨格バランスに戻した方が良いです。

ちなみに、今回お越しくださったクライアントさんは、左右のかかとが均等に減っていて、
なおかつ、かかとからつま先に至るまでの靴底の減り方も、ほぼ理想的でした。
念のため、骨盤の状態も拝見しましたが、矯正する必要はありませんでした。

【拙・靴下に穴があくのは何故なのか?
 

6.歩けなくなると老ける

誰にでも私生活における癖はありますので、軽度の歪みであれば、
気にする必要はありませんが、身体に大きな歪みがあると、歳をとるにつれて
膝や股関節に問題が生じる確率が高くなります。

言い換えると、理想的な骨格バランスさえ維持できていれば、
身体を痛めてしまう確率を低下させることが出来るわけです。

人は歩けなくなる(歩きにくくなる)と、それに伴って、出歩くことが億劫になるため、
心身ともに健康状態が加速度的に悪化していくものです。

足が不自由になった途端、急激に老け込んでしまった、という展開はよくあるお話ですよね。
とりあえず、靴の減り方を確認して、現在の状態を把握してみては如何でしょう?
いつまでも健康的に楽しく過ごすためにも、足は大切にしたいものですね。

関連記事
【拙・理想的な靴のサイズの選び方
【拙・運動神経が良い人の条件
【拙・夏になると足がだるくなるのは何故なのか?
【拙・整体で身長を伸ばすことは可能か?
【拙・産後に骨盤矯正が必要なのは何故なのか?


スポンサーリンク

最終更新日 2016年5月21日


2016年1月30日 | カテゴリー:身体のおはなし

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ