いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

カフェインの適正な摂取量はどれくらい?

カフェインの適正摂取量を考える女性
 

1.カフェインは精神刺激薬

「眠気を覚ますには、コーヒーに限る」という方は多いでしょう。
コーヒーを飲めば、なぜ目が覚めるのかと言えば、カフェインが含まれていて、
カフェインの覚醒作用によって目が覚めるわけですね。

そのカフェインは、アルカロイドの一種、つまり精神刺激薬だったりします。
服用すると覚醒作用の他に、強心作用や利尿作用等が生じます。

コーヒーの他にも、緑茶やウーロン茶、紅茶、コーラ、チョコレートなど、
身近にある飲料や食品にも含まれる成分です。

さらに、医薬品では、風邪薬や鎮痛剤にも利用されていますので、
殆どの人がなんらかの形で、カフェインを摂取したことがあるはずです。

以下の引用は、カフェインの過剰摂取が原因で亡くなったという記事です。





 

2.カフェインにも色々あります

《産経新聞》  2015年12月21日 『カフェイン入り清涼飲料水大量摂取、20代男性が中毒死』 

九州地方で今年、眠気覚ましをうたうカフェイン入り清涼飲料水を頻繁に飲んでいた20代男性がカフェイン中毒で死亡していたことが、福岡大法医学教室の分析で21日までに分かった。

胃の内容物にはカフェイン錠剤の可能性がある破片も混じっており、錠剤がどの程度死亡に関与したかは不明だが、同教室は飲料の大量摂取が原因とみている。状況から自殺目的で一時的に大量服用したのではないという。 (以下省略)

エナジードリンクを飲むと、睡眠不足や栄養不足など、体調によっては、
鼓動が強くなったりすることがありますが、経験済みの方も少なくないでしょう。

胸に違和感や圧迫感が生じると、場所が場所だけに不安になりますが、
カフェインには強心作用もありますので、不思議なことではありません。

とはいえ、エナジードリンクを摂取して亡くなるケースは相当稀です。
上記引用記事の事件も、エナジードリンクが原因というよりは、
胃に残されていたらしい錠剤(カフェイン?)の方が怪しいですね。

世の中には、コーヒーやエナジードリンクを飲まなくとも、カフェインを含んだ
眠気除去薬なるものがございまして、普通に薬局屋さんで購入できてしまいます。

飲料水からカフェインを摂取する場合とは異なり、錠剤だと摂取しているという
自覚が少なくなるため、過剰摂取になりやすいと言えます。
 

3.カフェイン摂取量の目安

下を指さす女性
 
それでは、実際にどの程度のカフェインを摂取すると危険なのかと言いますと、
体重や身長、つまり体格によって変ってきます。

服用するべき薬の量は、子供と大人、あるいは高齢者で分けられていますが、
これは体格を考慮したものです。子供は大人と比較すると身体が小さいですから、
飲むべき量も少なくてよい、もしくは、多くなってはいけない、ということです。

よくよく考えてみると、大きな小学生もいますし、大人でも小柄な人がいます。
薬の服用量が、これほどざっくりした分類でいいのでしょうか・・・。

話を元に戻しまして、カフェイン摂取量の目安は以下の通りです。
いずれも、短時間で摂取した場合の量です。

◇致死量

体重50キロ 10g
体重60キロ 12g
体重70キロ 14g

◇急性症状が生じる可能性

体重50キロ 0.33g
体重60キロ 0.39g
体重70キロ 0.46g

ちなみに、市販の主な飲料水に含まれるカフェインは以下の通りです。

レッドブル 80mg
オロナミンC 18mg
リポビタンD 50mg
メガシャキ 100mg
缶コーヒー 100~150mg
ウーロン茶(ペットボトル) 100mg

【拙・水は毎日2リットル飲んだ方が身体に良いのか?
 

4.適正な摂取量は人それぞれ

エナジードリンクに含まれるカフェイン量は、多いもので、100mg程度で
あることが分かりますね。致死量とされるカフェインを摂るには、
体重が50キロの人でも、なんと短時間で100本も飲まなくてはいけません。

急性症状として、胃痛や胸痛、吐気、動悸などが起こるのですが、
目安としては、3本くらい飲むと起こる可能性があります。

カフェインに対する耐性や相性もありますので、中にはまったく平気な人もいれば、
1本でも症状がでる方もいるでしょうから、あくまでも目安です。

なお、あくまでもカフェインの摂取量に注目した場合は、ということです。
飲料水には、当然ながら他の成分も含まれていますので、もっと少量でも、
身体になんらかの問題が生じる可能性は充分にあります。

従いまして、100本までなら死なない、あるいは3本までなら、健康を維持できる、
という意味ではありませんので誤解のありませんよう。

結論と致しまして、確かにカフェインの摂取量には気をつける必要がありますが、
エナジードリンクやコーヒーを普通に飲む分には、神経質になる必要はないでしょう。

錠剤等、異なる複数のものから、いつのまにかカフェインを摂りすぎていた、
という状況にならないよう気をつけておきたいところですね。

関連記事
【拙・カフェイン依存性チェック
【拙・コーヒーを飲んでも水分補給にならないのか?
【拙・コーヒーフレッシュは本当に危険なのか?
【拙・ビールは水分補給にならないのか?
【拙・ビールを飲むと下痢をしやすいのは何故なのか?


最終更新日 2016年9月22日


2015年12月28日 | カテゴリー:栄養と健康

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ