いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

日本人は控えめで我慢強い?

普通の表情
 
《アメーバニュース》  2015年10月29日  『牛丼店 外国人店員を雇うメリットを本部社員が解説』

近年、ファストフード店やコンビニエンスストアなどで、外国人店員の姿を見かけるケースが増えている。その中には、日本語がかなりたどたどしい店員もいるが、牛丼チェーン店で働く日本人店員のSさんは、人員の確保とは別の意味で「彼らナシでは店が回らない」と語る。(中略)

「自分が回っている店はオフィス街にあるので、とりわけランチタイムは猛烈に混むんですよ。けれども、食べ終わってものんびりスマホを眺めてたり、2~3人で来て、カウンターに並んで座りたがるお客さんは必ずいます。そういう時、外国人店員は『もう下ゲテイイデスカ?』とか『ヒトツ、詰メテ』とかガンガン言うんですよね。別にそういう指導をしているわけではないんですけど。で、お客さんも外国人店員が相手だと不思議と文句を言わないんですよ」

 Sさんは「長い目で見ると、彼らの行動が店にとって正解なのかは分からない」と言うものの、ランチタイム時の混雑緩和に繋がっているのは間違いないのだとか。「日本人って、外国人が相手だと文句を言う気力を失う傾向があるようですね」と語っている。

 

1. 牛丼屋は回転が命

カフェ等のお客さんが長居することを想定しているお店とは違って、
牛丼チェーン店は、可能な限り安い価格でサービスを提供する代わりに、
回転をあげることによって、収益を確保するタイプのお店です。

その牛丼屋さんで、食べ終わってもなお居座り続けるのは、確かにどうかと思います。
ですが、歩きながらスマホをする人や、自転車に乗りながらスマホをする人が
増加していることを考えれば、食後にスマホをする人が増えるのも必然でしょう。

ただ、牛丼チェーン店で食後に談笑を始めるのは理解できません。
ランチタイム等の混雑する忙しい時間帯なら尚更ですね。
 

2. パスタとラーメンの価格差

以前に、クライアントさん(女性)と以下のようなお話をしたことを思い出しました。


『パスタとラーメンって、たぶん原価はそれほど変りませんよね?
 けど実際には、パスタなら1000円超えは当たり前ですが、
 ラーメンが1000円を超えると、かなり割高に感じますよね?
 なんでまた女性に人気があるのです?』

クライアントさん
『パスタ屋さんは、食事が終わってからも、お喋りをしながら、
 その場の雰囲気を楽しんでいいところ。ラーメン屋さんでは、許されないでしょ?
 男性は食べ終わるとさっさと店をでてしまうので割高に感じるのでは?』

とのことで、あまりにも的を射た解説に納得してしまいました。
パスタとラーメンの料金設定は妥当と言えそうです。
 

3. 日本人が文句を言わない理由

いきなり話が逸れてしまいましたが、引用記事にあるように、
日本人は外国人相手だと確かに、クレームをつけない傾向がありますね。

これは、外国人は威圧感があるから文句を言いにくい、というわけではなく、
日本語が通じない人と込み入った話をするのがメンドクサイからでしょう。
もしくは、文化や習慣が違うので、あえて反論しない、というところでしょうか。

海外で過ごしていると、地元の人に悪意はないどころか、むしろ親切な人であっても、
コミュニケーションをはかるのが億劫になることがありますが、それと同じことかと。

とはいえ、食べ終わった食器を下げるにしても、席を詰めるようお願いされるにしても、
店側の主張が納得できるものであれば、特に問題にはならないでしょうけれども、
理不尽なものであれば、二度と利用してもらえないでしょう。

不満げな顔
 

4. 満足しているとは限らない

どんどん自己主張する外国人と比べて、良くも悪くも日本人は控えめで我慢強いです。
それでも道理に反するうえに邪険に扱われてまで、その後も黙ってサービスを
受けてくれるほどお人好しでもないです。

「あえて文句は言わないけど、二度と利用しません」 と言うことですね。

外国人だと、とりあえず苦情を呈してくれますので、検討の余地がありますが、
大半の日本人は、耐え難い不満があれば黙って去っていきます。文句を言って
こないからといって、提供されたサービスに満足しているとは限らないわけです。

日本人同士であれば、その辺りは心得たもので、顔色や雰囲気を読んで、
今後の対応を決めることもできそうですが、外国人の店員さんなら、
「反論がなかったからこのやり方でOK」 という解釈になってしまい、
その調子でどんどん店側に都合の良い主張をするようになってしまいそう。

店舗側の主張を通すという事は、ようするに、サービスの質が低下しているわけです。
気がついたらいつのまにか顧客が減っていた、なんてことにならないと良いのですが。

関連記事
【拙・女性にとって会話は重要なものであるらしい
【拙・飲食店で客の食べ残しを再利用することの是非


スポンサーリンク


2015年11月5日 | カテゴリー:その他

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ