いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

タイツを履くと寒くてスースーする理由

タイツの画像
 

1. タイツは意外と寒いらしい

ここ数日は、陽射しがあると温かいものの、朝晩が肌寒く感じるようになってきました。
寒い冬が近づいていることを実感できますね。

お越しくださるクライアントさんも、黒タイツに移行するタイミングを窺っているのだとか。

自分の判断で、「よし!今日から黒タイツにしよう!」と簡単に決められるわけではなく、
職場の同僚や近隣にある他社の女性の動向に注視しつつ、慎重に移行時期が決定されるそうな。

会社によっては、何月何日から黒タイツの着用を義務付けられているところまで存在する模様です。
ここまでくると、もはや制服の一部です。女性社会って大変なのですね・・・。

ところで、そのクライアントさんが仰るに、「保温性が高いとされるタイツほど高額になるのは
仕方ありません。けど、悲しいことに金額に見合わず、なぜか普通のタイツよりも寒く感じることがある」
とのこと。ほうほう。高価なタイツになるほど寒いと?なかなかに興味をそそられるお話です。

【拙・寒くなるとトイレが近くなるのは何故か?





 

2. 防寒具が暖かい仕組み

というわけで、もう少し具体的にお話しを聞いてみたところ、
座って仕事をしている時は、まったく不満はないらしく、問題は動き始めたとき、
歩いているときに、太ももあたりがやたらとスースーするそうな。

なるほど。高級タイツほど寒く感じる理由がなんとなく見えてきましたね。

寒い時期には欠かすことの出来ない、コートやジャケット等の防寒具の暖かさは、
効率よく衣類と肌の間に空気の層を形成し、その空気を外に逃がさない設計が
なされているか否かで決まります。

シャツでも下着でも構いませんが、身に着けた時は冷たく感じますよね。
それは、身体の熱が衣類に移動していることを意味します。

さらにシャツの上から上着を羽織ると、シャツの熱が上着に移動します。
それで、肌とシャツのあいだ、あるいは、シャツと上着のあいだにある空気も暖められ、
結果的に、暖かい空気の層に覆われることによって、寒さを凌ぐわけです。

寒い季節になると防寒のために、スズメがふっくらするのと同じ理屈ですね。

【拙・スズメは冬になるとなぜ膨らむのか?
 

3. タイツを履いてスースーするのは何故なのか?

タイツを履いていて、動かないときは暖かいけど、動き始めるとスースーするというのは、
歩くことによって、暖められた空気が外の空気と入れ替わってしまうからです。

保温性のないタイツや、パンストなどは、通気性が良いので体温によって暖められた
空気が留まりにくく、周囲の空気と絶えず入れ替わっているために、
歩き始めても、冷たい、あるいは、スースーすると感じないのでしょう。

従いまして、スースーするのは、そのタイツの保温効果が高いということになりますね。

保温効果が高く、そのうえ動いても暖められた空気が入れ替わらないタイツが
あると一番良いのですが、存在しないのでしょうか。

関連記事
【拙・タイツや靴下をはくと痒くなるのは何故なのか?
【拙・寒さを我慢するだけで痩せるというは本当か?
【拙・脚がだるくなるのは何故なのか?
【拙・着圧ソックスで本当に脚のむくみを改善できるか?
【拙・スキニージーンズが健康に悪いというのは本当か?




最終更新日 2016年11月10日


2015年10月22日 | カテゴリー:身体のおはなし

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ