いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

なんとなくしんどいのは何故なのか?

なんとなくしんどそうな女性
 

1. なんとなくしんどいのだが?

どういうわけだか、どうにも気分が冴えないだけでなく、身体が重だるくて、
しんどく感じることがありますよね。なんとなくしんどいとはいえ、
原因さえはっきりしていれば、それほど気にならないものです。

例えば、お酒を飲みすぎた翌日や、充分な睡眠時間が摂れなかった翌朝なんかは、
特有のしんどさがあるものですから、身体の不調も予想の範囲内といえます。

その他にも、春先から夏にかけて気温が上昇するころは、しんどく感じるものですし、
冬の寒い時期になると、やたらと眠くなるのは生物として当然の反応です。

ところが、心当たりがまったくないにも関らず、なんとなくしんどい日が続くと、
「どこか悪いのでは・・・」とか、「もしかしたら病気かも・・・」と気になってしまうものです。

それで、実際に病院に行ってみて、幸か不幸か原因(病気)が発見されると、
対処のしようもありますが、そうではなく、お医者さんから、「どこにも異常はありません」
と言われたりすると、どうすれば良いのか分からず、途方に暮れてしまいますよね。

【拙・秋になると体調が崩れるのは何故なのか?
 

2. 不調の原因は自律神経?

なんとなく身体がしんどく感じる原因は、もちろんひとつではありませんが、
季節特有のしんどさではなく、病院で検査しても何も見つからなかったのであれば、
自律神経の乱れが要因になっている可能性が考えられます。

自律神経は、体温調節からホルモンバランスの調整、はたまた睡眠にまで深く関っています。
従いまして、自律神経のバランスが崩れると、身体にはあらゆる不具合が生じるわけです。
いわゆる、自律神経失調症ですね。

10年前と比較すると、自律神経失調症でお悩みのクライアントさんから
相談される機会が顕著に増えました。自律神経が不具合を起す原因として、
社会を取り巻く環境の変化は、無視できない要素のひとつになっているでしょう。

【拙・子供が自律神経失調症になる原因と治し方
 

3. 自律神経に厳しい社会

パソコンやスマホの普及によって、日常生活の利便性は大幅に向上しました。
仕事には不可欠な存在になっただけでなく、私生活、つまり、帰宅してからも、
パソコンやスマホなしの生活を送ることが難しくなってきました。

インターネットの利用により、膨大な量の情報を処理しなくてはならなくなったため、
脳が疲労しやすい状況になったといえます。さらに、ネットを使用している際は、
どうしても不自然な姿勢で長い時間を過ごしてしまいがちで、身体の負担も相当なものです。

他にも液晶画面が発するブルーライトは、交感神経を刺激し、睡眠の質を低下させる性質があります。

生活は便利になりましたが、その分だけ自律神経には厳しい環境だと言えますので、
自律神経のバランスが崩れ、自律神経失調症と診断される人が増えるのも頷けるお話しですよね。

【拙・自律神経とは何なのか?
 

4. 自律神経失調症チェック

聴診器を向ける医師
 
さて、それでは実際に貴方の自律神経がどういう状態にあるのか確認してみましょう。
以下は、自律神経のバランスが崩れた時に生じる症状です。

従いまして、該当する項目が多ければ多いほど、貴方の自律神経が乱れていることを意味し、
自律神経失調症と診断される確立が高くなります。

◇ 頻繁に下痢と便秘を繰り返す
◇ 手足が汗ばんでいることが多い
◇ よく耳鳴りがする
◇ 頭痛が起こる頻度が高い
◇ 周囲と同じ事をしているのに疲れやすい
◇ なんとなく落ち着かない日が多い
◇ ちょっとした事でもイライラする
◇ たまに動悸や胸痛が起こる
◇ 立ちくらみを起すことがある
◇ いつも手足が冷たい
◇ 顔が火照る、もしくは汗をかく
◇ 毎日のように夢をみる
◇ しっかり睡眠をとっていても眠い
◇ 目が疲れることが多い

※ 症状チェックは、あくまでも、一般的な自律神経関連の情報を提供するものであり、
  個別の診断を行うものではありません。
  また年齢や性別にも左右されますので、あくまでもご参考まで。

【拙・自律神経失調症に効果的な音楽
 

5. 交感神経が緊張していないか判断する方法

如何でしたでしょうか?該当する項目のひとつやふたつは、誰にでもあるものですから、
それほど気にする必要はないでしょう。貴方の自律神経はしっかり機能していると考えられます。
逆に、項目の半数以上に心当たりがある方は、自律神経のバランスが乱れていると言えます。

ここで明言しておきたいのですが、自律神経失調症とは病名ではありません。
実は症状の総称、つまり症候群です。風邪という病名がないのと同じですね。
それなら、貴方が自律神経失調症であるか否かに、こだわる必要はないわけです。

自律神経症状の大半は、交感神経が過度に緊張しつづけることによって生じます。
そして、交感神経が過敏になっていなければ、副交感神経に切り替わりますので、
自分で治る力、つまり自然治癒力もしっかりと働いてくれます。

従いまして、身体に気をかけるなら、自律神経失調症であるかどうかは大した問題ではなく、
交感神経が過敏になり過ぎていないかどうかが重要になるわけです。

それでは、交感神経が緊張しているかどうか判断できる方法を以下に記します。
ちなみに、施術をする前には僕も必ず確認している方法です。

【拙・休みになると体調不良で熱がでるのは何故なのか?
 

6. 頭部の関節の柔軟性を確認しよう

頭部は23個の骨が組み合わさる事によって形成されているのですが、
交感神経が緊張すると、頭部の関節が硬くなり弾力性を失います。

頭部の関節画像

上記画像を参考にしながら、関節に沿って軽く圧してみましょう。
次に関節ではない部分を同じ程度の圧力で圧してみましょう。
いかがでしょうか?関節と関節ではない部分では手応えが違っているはずです。

はっきりと認識できるまでには、多少の経験が必要ですので、
自分以外の人の頭の関節も触ってみましょう。

特に子供は柔軟性が高いため、比較してみると参考になると思います。
ただし、2歳くらいまでは骨になりきっていないため軟骨のままですから、
強い圧力は厳禁です。労わる様に軽く触れる程度にしておきましょう。

美容院や理髪店に行った際に、美容師さん、もしくは理容師さんから、
「頭皮が硬いですね」と指摘を受けたことがある方もいらっしゃると思います。

頭部の関節が硬い=頭皮が硬い、というわけではありませんが、
まったく無関係でもありませんので、指摘された経験がある方は注意が必要です。

【拙・頭蓋骨の矯正で期待できる効果
 

7. まぶたの振るえを確認しよう

目を抑える少年
 
「そんなの難しすぎる・・・」、「認識できるまで続けるのはメンドクサイ」
という方のために、今度は誰にでもできる簡単な方法をご紹介します。
ただし第三者の協力が必要です。家族や友人にお願いしましょう。

やり方は至ってシンプルで、パートナーに顔を向けて軽く両目を閉じます。
交感神経が過敏になっている場合、軽く目を閉じると、まぶたが小刻みに震えます。
まぶたが揺れずに静止しているかどうか確認してもらいましょう。

「恥ずかしいからイヤ」、「いま近くに誰もいないよ・・・」という方は、
仕方ありませんので、スマホやパソコンを利用して自分で動画を撮りましょう。

「動画を撮れる機材なんてない!!」と言う方は、少し難易度が高くなりますが、
軽く両目を閉じて、自分の手のひらをまぶたに近づけましょう。

接触するかしないかのギリギリのところを狙います。もし貴方のまぶたが
小刻みに揺れているようなら、カサカサと手にまつ毛が触れる感覚が伝わってきます。

なお、いずれの場合も軽く両目を閉じるのが重要なポイントです。
グッと力を入れて目をつむると、正確な反応が得られません。
従いまして、眉間にシワがよってしまうレベルまで強く目を閉じるのはNGです。

片目だけを閉じた上で、自分で鏡を使って確認するという方法も不可です。
片方だけ目を閉じるという行為は、日常生活では殆どしないため、
不慣れな表情筋の使い方をすると、やっぱり正確な反応は現れません。
世の中には、上手くウィンクができない方だっているのです。

【拙・スマホはストレートネックを誘発する?
 

8. 症状が悪化する前に

いかがでしょう、貴方の自律神経の状態は把握できましたでしょうか?

頭部の関節の硬さも、まぶたの震えも、それだけで自律神経が乱れている、
と断言できるものではありませんが、自律神経症状チェックの項目と合わせて、
該当するものが多いほど、自律神経のバランスが乱れている可能性は高くなります。

何事も悪化させてしまうと、元の状態に戻す難易度が高くなるものですから、
症状が酷くなる前に、具体的な行動を起すべき、とだけ申し添えておきます。

読んでくださった誰かが、なんとなくしんどい状態から抜け出せるきっかけになれば幸いです。

関連記事
【拙・労力をかけずに自律神経のバランスを保つ方法
【拙・胸に違和感や圧迫感がある時の対処法
【拙・通勤電車でお腹が痛くなるのは何故なのか?
【拙・薬なしで自律神経症状を治そう
【拙・自律神経失調症に対する当院の考え方




最終更新日 2017年8月3日


2015年10月16日 | カテゴリー:自律神経の乱れ

あわせて読みたい記事

書籍の紹介

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

PAGE TOP

お問い合わせ