いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

女の子っぽい走り方は直せるか?

悩む男性
 

1. 夫の走り方が女の子っぽい

「夫の運動神経が、どうにも鈍くて・・・。なんとかなりません?」とのご相談を受けました。

聞くところによりますと、まず走り方が女の子っぽいのだとか。
さらに、ボールを投げる動作に至っては完全に女の子のそれらしい。

結婚前にお付き合いしていた頃から、「あぁ、運動は苦手なんだな・・・」
と、思っていたそうなのですが、走り方や物を投げる動作が男性らしくなくとも、
日常生活には殆ど支障がありませんので、放置していたそうな。

ところが、この春に、お嬢さんがめでたく幼稚園に入園したため状況が変った模様です。

はい。察しのよい方ならお気づきですよね。幼稚園には運動会なるものがあって、
幼稚園の方針にもよりますが、保護者の方が参加する競技もあったりします。

運動会で活躍して欲しいというわけではなく、悪い意味で目立たないくらいに
なんとか改善したい、ということらしいです。

運動会は活躍する人と、足を引っ張る人は、どうしても目立ってしまいがちですから、
確かに子供だけでなく、親の振る舞いも意外と観られているのかもしれません。
悪い方で目立ってしまうと、ママさん同士のお付き合いにも微妙に影響してしまうとか・・・。





 

2. 肘の使い方に問題あり

それで、お話しを伺っていると、女の子っぽいと称される旦那さんの走り方は、
腕の振り方に問題があることが判明しました。

男性が走るときは、たいていの場合、肩を支点として腕を振るのですが、
女性の場合は、肩ではなく、肘が支点になっていることが少なくありません。
脇が閉じたままで腕を振ろうとすると、肘が支点になってしまうわけです。

女の子走り

それなら、ボールを投げるときの動作も同様の問題でしょう。
脇を閉じたまま投げようとすると、手(ボール)の位置は、
肩と同じくらいの高さで軌道を描くことになります。

一方で男性がボールを投げるとき、脇を開いて肘の位置は肩より上になります。

モーションの大きさが違うのですから、ボールに伝わるエネルギーにも差が生じ、
結果として、速くて遠くまでボールを投げることができるわけですね。

【拙・運動会でお父さんが転倒するのは何故なのか?
 

3. 女性は男性に劣るのか?

走ったりボールを投げたりする際、女性は男性よりも劣るのか、と言いますと、
決してそういうことではありません。陸上競技で女性選手の走り方をみてみると、
肩を支点に腕を前後に振っています。男性のフォームとそれほど変りませんよね。

ボールを投げる動作も同様で、ソフトボールやハンドボールの女性選手をみてみると、
男性と同様に手の位置が肩より高いことがわかります。

それなら、どうして女の子らしい走り方や、投げ方が存在してしまうのかと言いますと、
男性と女性の筋力の差による影響もあるでしょうけれども、「女性はこうあるべき」
という世間一般の価値観が少なからず関与しているでしょう。

【拙・小学生のボールを投げる能力が低下している
【拙・頭部の歪みはバランス感覚を低下させる
 

4. 社会の常識がもたらした弊害

走ったり、ボールを投げる時、上述した理由から、一般的な男性の動作は大きくて力強く、
逆に女性は小さくまとまって見えます。

男性が小さくまとまった動作をすると、女の子っぽいと称され目立つように、
女性が男性的なフォームだったとしても、やっぱり目立ってしまうものです。

女性は日常生活における、座り方や食べ方にしても、おしとやかな振る舞いを求められ、
実際に好印象を持たれます。逆に男性的な動作だと、「はしたない」あるいは、
「がさつ」などと称され、好評価につながることは残念ながら稀ですよね。

従いまして、上記の旦那さんや女性っぽい走り方や投げ方をする人は、
筋力不足や、性格的に内向的な面が原因である可能性も否定できませんが、
常に行儀良く振舞うことを是とする、躾の厳しい家庭で育ったというだけかもしれません。

【拙・骨盤を歪ませてしまう立ち方
【拙・整体で身長を伸ばすことは可能か?
 

5. フォームを変えるために何が必要か?

走る男性
 
おそらく、ご本人様は、他人と違うフォームであることを自覚していません。
これまでの人生で、何度となく他人に指摘され、なんとなく心当たりはあるものの、
未だに自分では認めていない可能性が高いです。

従いまして、まずは、動画等を撮り、自分のフォームを客観的にみて、
目指すべきフォームとの違いをしっかりと把握することが必要不可欠になります。

肩ではなく肘を支点にしていることを認識できたら、あとは正しいフォームを脳内で反復し、
実際に肩を支点にして腕を振る、あるいは投げる動作を何度も繰り返します。

そうしますと、肩を支点にした動作を取る為に必要な神経回路が形成されますので、
根気よく、しつこくづづければ、女の子っぽい走り方、投げ方から脱却できる可能性はあります。

ただ、新しい神経回路を構築するには、かなりの労力が必要になりますので、
旦那さんに、どれくれい本気で改善しようとする意思があるかが重要になりそうです。

関連記事
【拙・運動神経がいいってなんだろう?
【拙・山を降る際は膝や足首の負担が大きく怪我をしやすい
【拙・全力疾走から急停止すると膝に負担がかかる
【拙・動き初めに膝が痛い場合の対処方法
【拙・寝返りが健康を左右してしまう理由




最終更新日 2016年9月14日


2015年9月26日 | カテゴリー:身体のおはなし

あわせて読みたい記事

書籍の紹介

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

PAGE TOP

お問い合わせ