いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

舌打ちはストレスを軽減してくれる

自動改札
 

1. 舌打ちされました・・・

私用にて某駅で電車を降りた際、ピーク時とは少しずれいたとはいえ、
通勤時間ということもあって、さすがに改札は混雑していました。

といっても、普通にやり過ごせば、ストレスを感じることもなく、普通に改札を通過できるのですが、
どういう事情かは存じませんが、前を歩いていた女性が自動改札に引っかかってしまいました。

その女性に悪意はないとはいえ、流れを止められてしまうと多少なりとも、イラッとするものです。
もちろん、僕も少しだけイラッとしました。あくまでも少しだけであることは強調しておきます。

ここまでは、良くあるお話しですから、そうそう記憶にも残りません。
普段であれば、僕もすぐに忘れてしまったことでしょう。

ところが、上述の女性が自動改札に足止めされた際、間髪を入れずに僕のすぐ後ろから、
「チッ!!」と聞こえました。ええ、それはもう見事な舌打ちでしたとも。

とりあえず、ご尊顔を拝見しておこうと振り返ると、鬼の形相をした女性に睨まれてました・・・。
いや、僕のせいではありませんし。当事者の女性の耳に貴女の怒りは届いてませんが?!

【拙・買って良かったおすすめ健康グッズ
 

2. 舌打ちはストレスを軽減する

どうにも納得いかないので、その日の夜にお越しくださった馴染みのクライアントにお話しすると、
「あー、わかります!あれは理不尽ですよね」と、苦悩を分かち合ってくださいました。

その方が仰るには、クルマで信号待ちをしていて、信号が変っても先頭が発進しない時、
後のクルマからクラクションを鳴らされることがあるそうな。その時と同じですよね、とのこと。

確かに。僕も経験したことありますが実に理不尽です・・・。

なんだか、つらつらと愚痴るだけで、なんの生産性もないブログになっていますが、
何が言いたいのかと言いますと、同様の状況下で、舌打ちなり、クラクションをならすと、
実はある程度のストレスを軽減してくれます。

腹立たしいことが起こり、自分の中に湧き上がった怒りを溜め込まずに、
その場で外に向けて解放しているわけですね。

【拙・嫌な予感は信用できるか?
 

3. 舌打ちをする際は周囲にご注意を

スポンサーリンク
ポジティブ・シンキング

クライアントさんをみていると、自律神経のバランスが崩れてしまう人や、パニック障害を患う人は、
基本的にマナーが良くて、常識人が多いです。

言い換えると、常に行儀良く振舞っていると、ストレスを溜め込みやすいということでもあります。

従いまして、ストレスを感じたら溜め込まずにその場で、舌打ちをしてさっさと解消してしまうのは
実に合理的で健康的である、と言えなくもありません。

とはいえ、舌打ちされた方は、それによってストレスを感じてしまいますので考えものです。
つまり、舌打ちは、ストレスを偶然その場に居合わせた誰かに押し付けていることになります。

ストレスを誰かに引き渡すリレーの様で、なんだかババ抜きをやってるみたいですけど・・・。

結論と致しましては、ストレスを感じた際には、周囲に聞こえない程度に軽く舌打ちを、
もしくは、誰もいないところへ移動してから舌打ちをしましょう。

そうすることによって、少しだけストレスを軽減してくれます。ただし、癖になってしまうと、
場所を選ばず反射的に舌打ちをしてしまいがちで、もれなくマナーの悪い人認定されてしまいます。
実行する際には、くれぐれもお気をつけください。

関連記事
【拙・心因性による咳の治し方を考えてみる
【拙・貧乏ゆすりはストレスを解消してくれる
【拙・目覚ましの前に目が覚めるのはストレスのせい?
【拙・累積疲労はパニック障害の原因になる




最終更新日 2017年9月24日


2015年9月22日 | カテゴリー:環境と健康

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ