いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

韓国ではMERS対策としてキムチが売れているらしい

韓国農協・白菜キムチ(1kg)
 

1. MERS対策としてキムチが大人気

 
《FOCUS-ASIA》 2015年6月11日 『「免疫力を高める」、MERS拡大の韓国でキムチの売上が急増』

11日付の香港紙・文匯報によると、中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染拡大が続く韓国で、キムチが「免疫力を高める」として飛ぶように売れている。環球網が伝えた。(以下省略)

日本には、「病は気から」という諺がありますように、弱いウイルスであれば効果はあるでしょう。
MERSの致死率は40~50%と高めですが、感染率は低いと言われています。

ウイルスは、たとえ感染してしまっても、発症さえ阻止できれば大事には至りません。
ということは、個人の免疫力の差が大きくモノを言いますね。

キムチを食することによる免疫力アップがどれ程の効果を発揮するのか存じませんが、
何もしないよりは良い結果を期待できそうです。日本でも納豆が売れた時期がありましたし。
 

2. 韓国人にとってのキムチ

 
とはいえ、韓国の人って普段から、それこそ毎日キムチを食べている印象があったのですが、
さらに食べる量を増やすということでしょうか・・・。

そういえば、エボラ熱が話題になった際にもキムチが有効、というような記事がありました。
まさしく万能薬です・・・。韓国の方にとって、キムチの位置づけには凄いものがありますね。

こういう時は、絶対的に信頼できるものであればあるほど、「病は気から」に効力を発揮します。
半信半疑であれば効果なんて期待できませんので、これはこれで良いのでしょう。

MERSは今のところ、ワクチンも特別な治療方法も確立されていませんから、
この際キムチでもなんでも構わないので、事態が収束してくれることを切に願います。
 

3. 湿度が高いと空気感染しにくい

 
今のところ、韓国でのMERS拡大は収束する気配がありません。人の行き来も多く、
隣国である日本は大いに気になるところですが、日本は今梅雨の時期です。

雨が降って湿度が高くなると、ウイルスは飛散しにくくなりますので、MERSのように
空気感染するタイプのウイルスに対して、感染拡大を抑制する効果があります。
花粉症の季節に雨が降って湿度があがると、涙やくしゃみなどの症状が軽減するのと同じですね。

九州では大雨の影響により被害がでていますが、MERSの感染拡大には、
抑止効果を発揮してくれそうです。日本にとっては不幸中の幸いですね。

関連記事 
【拙・韓国MERS未だ収束せず
【拙・韓国でMERSの感染が拡大中
【拙・韓国でMERS感染が拡がる理由
【拙・飛沫感染と空気感染の違い


スポンサーリンク

2015年6月12日 | カテゴリー:免疫 & 微生物

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ