西宮 ながた整体院のブログ

整体で身長を伸ばすことは可能か?

整体で身長を伸ばせるか?

 
「整体に行ったら身長が伸びた」という話を聞いたことがあるでしょうか?
いきなり回答ですが、整体で身長を伸ばすことは可能です。

とはいえ、すべての人に有効なのではなく、「骨盤や脚に問題がある人なら」
という条件がつきます。従いまして、「整体で身長を伸ばせるケースがある」
というのが正確な表現でしょう。

1. 朝と夜では身長が違っている

定期的に、「整体で身長を伸ばすことができますか?」とのご質問を戴きますが、
「基本的には無理です。ただ条件によっては可能と言えなくもありません」
というのがご返答になります。我ながら、なんとも煮え切らない怪しげな答えで恐縮です・・・。

身長を伸ばせる要素には、日常の姿勢や身体の状態によって個人差がありますので、
一概には言えないというのが現状です。従いまして、
「身長を伸ばすことを謳っている整体院は怪しい」と言うことでもありません。

「朝身長を測れば身長が高くなる」というお話しを聞いたことはありますか?
これは紛れもない事実で、普通の人が身長を測ると朝と夜で結果は違ってきます。
誰であろうと、身長は1日の中で2センチ前後は必ず変化するものなんです。

体重と違って、殆どの人が自分の身長を把握していると思いますが、久しぶりに測ってみると、
「2センチも低くなっていた・・・」ということだって、普通にありえるわけです。

それでは、なぜ計測に差がでるのかと言いますと、背骨を構成している椎間板に理由があります。

【拙・頭蓋骨が肥大すると薄毛になるか?





 

2. 椎間板ってなに?

背骨は、7個の頚椎、12個の胸椎、5個の腰椎が連なっているのですが、
それぞれの骨(椎体)の間に存在し、緩衝材の役割を果たしているのが椎間板です。

※正確には、第一頚椎と第二頚椎の間に椎間板はなく、
 第五腰椎と仙骨(骨盤の一部)の間には椎間板があります。

椎間板は、水分と細胞成分(主に軟骨)、プロテオグリカン(主にヒアルロン酸)からなる
円盤状の線維軟骨で弾力性があります。また身体の他の関節軟骨とは異なり、
身体の動きに伴ってある程度の変形が可能で、動作を終えると元の状態に戻ります。

椎間板はその特性から、歩いている時や走った時に足から伝わる衝撃を吸収したり、
背骨を左右に捻ったり、曲げたりといった動作をとる事が可能になっているわけです。

背骨が荷重を受けると、椎間板からは水分がでていきナトリウムとカリウムが残ります。
そうしますと浸透圧勾配が生じて、背骨が荷重から解放されると水分を再吸収します。

つまり、座ったり、立ったり、あるいは歩いたりしている時の椎間板は薄くなっていて、
横になり荷重から解放されると徐々に厚み(水分)を取り戻すというわけです。

【拙・ベッドと布団、どちらが健康?

背骨と椎間板の解剖図
 

3. 起床時に身長が伸びる理由

従いまして、夜眠り朝起きる、という一般的な生活サイクルで考えてみると、
起床時の椎間板が最も水分を含んで厚みがあり、お昼から夜にかけて、
徐々に水分は外に逃げていき、就寝前に最も水分が枯渇した薄い状態になります。

そして、夜間の睡眠中に水分を再吸収することによって椎間板は元の厚さに戻ります。

つまり、起床して間もない頃に身長を測ると水分を含んだ椎間板の厚みによって、
身長は高くなり、1日の活動を終えた夜に測ると椎間板が薄くなった分だけ身長は低くなります。

椎間板の大きさや厚さは部位によっても異なりますので、正確な表現ではありませんが、
ひとつ1ミリ縮むと仮定して、20個を超える椎間板の縮みを合計すれば、
朝と夜とでは、おおよそ2センチ前後、身長の計測に差が生じるわけですね。

なお、1日のうちに身長が変動する幅は、小学生1.1センチ、中学生1.3センチ、
高校生1.5センチ、大学生以上1.8センチ程度であると言われています。

これは椎間板の状態、つまり劣化の度合いに左右されるというよりも、
単純に椎間板の大きさと厚みにより伸縮率が変動していると考えるのが妥当でしょう。

例えば身長が180センチくらいの小学生であれば、変動する幅も大人並に大きくなり、
逆に大人であっても身長が低めの場合は、変動する幅は自ずと小さくなります。

【拙・身長を伸ばす手術のリスク
 

4. 整体で身長を伸ばせる?

上述した内容を踏まえて、椎間板の水分量を変動させるということであれば、
整体施術によって、起床時に近い水分を含んだ厚みのある椎間板にすることは可能です。

「それでは身長が伸びた事にならないだろう」というお声が聞こえてきそうですけど・・・。

採用試験や応募条項を満たすため等、それこそ事情は人それぞれですが、
「一時的でも数センチでも構わないので伸ばしてください」という方も実際にいらっしゃいます。

ただし、椎間板の水分量を変えるアプローチ方法で伸ばすことができるのは、
あくまでも背骨、つまり胴体である点は明言しておきます。けっして脚は長くなりません。

【拙・噂の頭蓋骨矯正って危険なの?
 

5. 改善の余地があるケース

姿勢による身長の差
 
ここまで読んでくださって、がっかりされた方のために、と言うわけでもありませんが、
整体で身長を伸ばせるかもしれないケースは他にもあります。

椎間板の水分量と異なり、以下の方法で身長を伸ばすことが可能かどうかは、
その人の姿勢によります。元々正しい姿勢を維持している方には残念ながら効果はありません。

まず、上記内容とも関ってくるのですが背骨のS字が強調されていたり猫背の場合は、
適正な背骨の状態に戻すことによって、身長を伸ばせる可能性があります。

ちなみに、体操をすることによって、自力でも上手くいけば改善できるかもしれません。

その方法は以下の通りですが、1度整体に行って状態をチェックしてもらい、
整体師の見解を聞いて、その人にあった運動方法を教えてもらった方が安全、
かつ効果的ですよ、とだけは念のために申し添えておきます。

【拙・自力で身長を伸ばしたい方にお奨めしたい運動方法
 

6. 背骨を整えることの意味

さて、背骨のS字が強調されている方、あるいは猫背の方は、
横になっても背骨は彎曲を保ったままです。

この状態であれば、夜間に眠っているあいだも、日中ほどではありませんが
椎間板に圧力がかかりつづけ、水分の再吸収が充分に行われません。
結果として起床の水分量も不十分になります。

つまり、姿勢が悪いと、一晩眠っても椎間板が100%の状態に戻ることがなく、
背骨の歪み度合いにあわせて、80、あるいは90%の状態にしかならないわけです。

姿勢を矯正することによって、背骨を正しい位置に戻し、椎間板の水分再吸収が
100%に近づくようにすれば、起床時の身長を伸ばすことは可能です。

骨格を矯正したうえで、背骨のS字を強調する姿勢や、猫背になってしまう癖をやめて、
正しい姿勢を維持できれば、2センチ前後身長が伸びた状態を保てるというわけですね。

ただし、姿勢を矯正するために整体に行ったにも関らず、身体を痛めてしまっては、
お話しになりません。強引な矯正をする整体は避けた方が良いです。
事前にしっかり情報収集をして、対象店の傾向と方針くらいは把握しておきましょう。

【拙・整体に行ったら揉み返しになったのだが?
 

7. 椎間板は劣化しやすい

身体のすべての軟骨は、加齢に伴って徐々に劣化していくものですが、
椎間板では他の軟骨と比較して劣化していく速度が早いことが明らかになっています。

椎間板の水分量は30歳をピークとして、その後は弾力性や水分吸収能力が低下します。

水分の再吸収は、椎間板にとって休息にあたります。姿勢が悪く眠っている間も断続的に
余計な圧力が加わっていると、椎間板は充分に休息できていないということです。

それなら、姿勢が悪い人ほど椎間板が早く劣化してしまうのも妥当な結果ですよね。

【拙・DNAを修復してくれる奇跡の音楽
 

8. 身長が縮むのを阻止するために

椎間板を劣化させない、つまり、身長が縮んでしまうのを避けるためには、
夜間に眠っている時以外にも、椎間板に休息を与える時間を作ってあげると良いです。

具体的には、公園などにある鉄棒にぶら下がる。そうしますと、下半身の重さが
背骨を牽引してくれますので、意図的に椎間板に水の再吸収を促せます。

懸垂の要領で腕に力が入ってしまうと、身体は連動して背中の筋肉も緊張します。
そうしますと、背骨が牽引されず、水分の再吸収も起こりません。
あくまでも、力むことなく、ただひたすらぶら下がることが大切です。

そうは言っても、「長時間ぶら下がるとか無理でしょ。そもそも近くに公園ないし」
という方は、代用できるものを探してみましょう。

ぶら下がる場合とは異なりますが、バランスボールなんかを上手く利用すると、
背骨を伸ばし椎間板の再吸収を促してくれます。

日常生活を送っていると、背中を反る姿勢をとる機会なんてそうそうありません。
背骨の柔軟性も向上させることができますのでお奨めです。

【拙・健康グッズとしてお奨めしたいバランスボール
 

9. 正しい姿勢は身体に優しい

その他の身長を伸ばす事が可能かもしれない要素は、O脚、X脚が酷い場合、
股関節や足関節に問題がある場合も矯正することによって身長を伸ばせる事があります。

しかしながら、矯正すればすぐに、O脚やX脚、あるいは股関節、足関節の問題が
改善するわけではなく、O脚やX脚になってしまった私生活における
動作や癖を治していく必要がありますので、かなりの労力を伴う大変な作業です。

【拙・自分でO脚を改善する方法

O脚、X脚ともに付随する筋肉へのダメージだけでなく、アンバランスな関節は膝軟骨を
すり減らしてしまい、削られた軟骨を元に戻すことは事実上不可能です。

膝関節の軟骨へのアプローチも、椎間板へのアプローチも、身長を伸ばすためと言うよりは、
むしろ、加齢に伴って身長が低くなることを防止するという意味合いの方が強いと言えます。

正しい姿勢は健康に良い
 
身長が低下するというデメリットだけでなく、何より健康に支障を来たしてしまいますので、
極端に姿勢が悪い人は、早めに改善しておいた方が良いことは間違いありません。
正しい姿勢を維持することは、見た目の美しさだけでなく身体にも優しいものです。

なお、筋肉や骨格へのアプローチではなく、ホルモンバランスを調整することによって、
いったん成長が止まっていたクライアントさんの身長が再び伸び始めた、という症例も
いくつかあります(最高齢で21歳)。

いずれも身長を伸ばす事を目的に施術を行ったわけではなく、ホルモンバランスを整えたら、
結果的に成長ホルモンの分泌が促されてそうなった、というお話しに過ぎません。

こちらに関しては決して狙って出来るものではないでしょう。
それなら、酔い止めの薬を利用した方が、まだ確率が高いと言えそうです。

関連記事 
【拙・酔い止めを服用すれば身長が伸びる理由
【拙・好転反応とはなんだろう?
【拙・整体で期待できる効果
【拙・運動神経がいいってなんだろう?




最終更新日 2017年7月8日


2015年6月4日 | カテゴリー:身体のおはなし

あわせて読みたい記事

書籍の紹介

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

PAGE TOP

お問い合わせ