いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

医者が薬を飲まないというのは本当か?

Medicine, healthcare and all things related
(出典 http://www.siruzou.jp/byouki/8042/)

1. クライアントさんの疑問

お越しくださったクライアントさんから、「医者は薬を飲まないという話を聞いたけど本当?」
という質問を戴きました。それとあわせて、「読んで感想を聞かせて欲しい」と、
下記引用記事を紹介して戴きました。

《週刊現代》  2015年3月21日  『患者には出すけど、医者が飲まないクスリ』

心の中で「自分なら絶対に飲みたくない」と思っていても、患者には言えない。副作用がひどい、飲んでも意味がない―じつは、そんなクスリを処方している医者は多い。

◆風邪薬で死にそうになった

しんクリニック(東京・蒲田)の院長、辛浩基医師は「あるクスリ」を飲んで命を落としそうになった経験がある。

「私が研修医の頃でした。毎日深夜まで働いて身体がひどく疲れているときに、風邪をひいてしまったんです。熱があって鼻水もすごく出ていたので、症状が治まればいいと風邪薬を飲みました。仕事を終え、車を運転して自宅に帰っている途中、ものすごい眠気が襲ってきた。危うく事故を起こしそうになったんです。自分だけでなく、他人の命まで奪ってしまうところでした。あのクスリはもう飲みたくないですね」(以下省略)

 

2. 医療従事者は薬を飲まないのか?

風邪をひいてしまったら、「薬は飲まないで、さっさと寝てしまいましょう」
というのが僕のスタンスですが、病院関係の皆さんが実際にどうしているのか気になったので、
医師や薬剤師、看護師のクライアントさんに風邪をひいた時はどうしているのか尋ねたことがあります。

「大人しく寝ているのが一番だけど、休めないのだから薬に頼るのは仕方ないよね」
というのがその時の回答で、細かい部分では差がありますが内容は大体同じでした。

あくまでも、当院をご利用してくださっている医療従事者の皆さんに限定したお話しですが、
睡眠薬および、ビタミン剤の類を敬遠することなく普通に飲んでいるのは確かです。

どちらかというと、風邪や体調不良を治すためではなく、予防として薬を飲んでいるという印象です。
おそらくは、身近にあることも関係しているのでしょうね。従いまして、お医者さんや、
薬剤師さん、あるいは看護師さんが薬を飲まないという事実はないでしょう。

【拙・風邪をひいたらお風呂に入らない方が良い?
 

3. インフルエンザの予防接種を受けているか?

「医者は薬を飲まないのか?」という今回のテーマからは少し話がずれますが、
インフルエンザの予防接種に関しても、効果の程を疑問に思っていましたので、
「学生の頃、学校で強制的に予防接種を受けていた以降は、一度もインフルエンザの
予防接種を受けたことがないのですがまずいですか?」と尋ねたことがあります。

その時の返答は、「インフルエンザの予防接種は効果が保障されているわけではないので、
嫌なら無理に受けなくても良いのでは。自己責任でお願いします」とのことでした。

もちろん、その後も一度も予防接種を受けたことはありません。
ちなみに、僕がインフルエンザに罹患したのはたったの一度きりです。

ついでに、お医者さんと看護師さんに、ご自身は予防接種を受けているかどうかも尋ねました。
回答はみなさん、「毎年受けています」とのことでした。

予防接種を受けていなくて、インフルエンザにかかるような事態になると、
自己管理能力が問われることになりかねず、立場上非常にまずいんだそうな。

というわけで、薬も予防接種の類も、医療従事者が実は飲んでいないということはなさそうです。
ただ、再度念を押しておきますが、当院をご利用してくださっているクライアントさんに限定された
非常に狭い範囲でのお話しに過ぎませんので、予めご了承ください。

【拙・インフルエンザの予防接種は効果があるか?
 

4. 引用記事に関して

さて、引用記事にある、「自分なら絶対に飲まないであろう薬を患者さんにだしている」
というお話しですが、この手の質問はしたことがありませんので真偽の程はわかりません。

ですが、本当は違う薬を奨めたいけど、病院規定の薬を処方するケースはあるでしょう。
製薬会社との兼ね合いもありますのでやむを得ない部分もあると思います。

ただ、記事にでてくる医師が死にかけたのは、薬のせいではなさそうです。

毎日深夜まで働いて疲労していたということは、慢性的な睡眠不足であったと推察できます。
そこに、風邪をひいてしい風邪薬を飲めば睡魔に襲われることは充分に予想できます。

従いまして、このケースでは、薬のせいではなく、自己管理の問題かと思われます。
この件で、当該風邪薬が弾劾されるのはいささか強引すぎる印象が残りますね。

関連記事 
【拙・風邪をひいても熱を下げない方が早く治る医学的根拠
【拙・休みになると体調不良で熱がでるのは何故なのか?
【拙・上咽頭炎が治った理由を考えてみる
【拙・コタツで寝ると風邪をひく?
【拙・市販の目薬は危険だったりする




最終更新日 2016年11月2日


2015年5月4日 | カテゴリー:環境と健康

あわせて読みたい記事

書籍の紹介

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~20:30

※木・土曜日は18:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

PAGE TOP

お問い合わせ