いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

和式トイレのメリットを考えてみた

%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e3%81%ae%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%ac
 

1. 和式のトイレは廃止するべき?

《j-cast.com》  2016年11月12日  『学校トイレ「和式は全廃しろ」』

「いいトイレの日」にあたる2016年11月10日、文部科学省が公立小中学校の「トイレ事情」に関する調査結果を発表した。同省が初めて実施した全国調査で分かったのは、学校のトイレの6割近くが「和式便器」という状況だ。

こうした調査結果を受け、ネット上では和式を廃止して「洋式に統一すべき」との意見が噴出。一方、トイレ事情に詳しい専門家は「洋式だから良いというわけではない」として、「和式を全て排除することは問題だ」と指摘する。(以下省略)

学校のトイレを使用する機会はありませんので、把握していませんでしたが、
今時は学校にも洋式のトイレがあるのですね。

それで、「和式のトイレを廃止して洋式にするべき」という意見が多い中、
トイレの専門家は、洋式で統一することには反対している模様です。

たかがトイレなのですが、改めて考えてみると健康を維持する上で、
和式と洋式の違いが意外と軽視できないことに気付きましたので記事にしてみました。

【拙・通勤電車でお腹が痛くなるのは何故なのか?
 

2. 洋式トイレの方が身体に優しい

さて、先ずは姿勢に注視して考えてみると、和式よりも洋式の方が圧倒的に楽です。

和式で用を足す場合は、しゃがんだ姿勢をとる事が必要不可欠ですが、
洋式だと椅子に座っているのと殆ど変りませんので当たり前ですよね。

「洋式トイレの方が身体に優しいため洋式の勝ち」なのかと言えば、
そう単純な話ではありません。むしろ、日常的に和式トイレを使って
適度な負荷を加えた方が、長い目で見ると健康に良いでしょう。

毎日トレーニングをするとなれば億劫になってしまいますが、日常生活を
送る上で強制的にこなさなくてはならないなら、それほど苦にならないものです。

通勤時に最寄駅まで自転車で移動するのか、歩いて移動するかという話と似ていますね。

【拙・素足が健康に良い理由
 

3. 楽をすると身体は衰える

%e5%92%8c%e5%bc%8f%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%ac
 
普段から自転車を利用している人が、駅まで歩いて行くことになると、
煩わしく感じるものです。ところが、普段から徒歩で移動している人からすれば、
日常の事ですので、それほど不便に感じることはありません。

1日や2日であれば、両者に殆ど差はありませんが、1年、2年と長いスパンに
なればなるほど、体力を含め身体機能には大きな差が生じます。

楽をすると身体は衰えていくものですが、トイレに関しても同じです。
「身体に優しいから洋式トイレにすべき」 という考え方は安易でしょう。

加齢に伴って、徐々にですが確実に足腰は弱くなっていくものです。
それなら足腰がしっかりしているうちに、しっかり鍛えておいた方が良いです。

【拙・着圧ソックスで脚のむくみを改善できるか?
 

4. しゃがめない子供

1年のうちに数件ですが、「子供がしゃがんだ姿勢ができないのでなんとかして」
と親御さんからご相談を受けることがあります。

しゃがめないと、トイレ以外にも学校生活で支障がでることがあるようですね。

例えば、しゃがんだ状態は、マット運動でいえば後転のスタートポジションですが、
それが出来ないのですから体育の授業になりません。子供社会もなかなかに大変です。

ところで、あなたはスムーズにしゃがめるでしょうか?しゃがんだ姿勢を
維持できない人が増えているのは、なにも子供に限定された話ではなく、
おそらく大人も同様です。身体測定や体育の授業がないため、
発覚していないだけという可能性がありますので、これを機に試してみましょう。

【拙・運動会でお父さんが転倒するのは何故なのか?
 

5. しゃがみこみテスト

① 両足を肩幅に開き、お尻の後で手を組んで、そのまま、ゆっくりしゃがみます。

この時にバランスを崩したり、かかとが浮いてしまうようであれば問題ありです。
苦もなくできた人は及第点ですので、ひとまず安心して良いです。

② 両足をぴったり揃えて(閉じた状態)、今度もお尻の後で手を組み、しゃがみます。

足を開いている場合と比較すると、難易度は高めです。足首の柔軟性だけでなく、
脛や太もも、お腹と背中の筋肉をうまく連動させないとできません。

年齢にもよりますが、できる人の方が少数派ですので、スムーズにしゃがめた人の
足腰は万全と言って差し支えありません。まったくもって素晴らしいです。

【拙・正しく健康的な靴の減り方
 

6. 足首の柔軟性が大切な理由

%e8%b6%b3%e9%a6%96%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f
 
「別にそんなことできなくても困らないし」 と思われた方もいらっしゃるかと思います。
確かに若い頃なら特に不自由はありません。それこそ、和式トイレが使えないくらいでしょう。

ところが、年を重ねるにつれて切実な問題になっていきます。
先にも述べましたが、誰であろうと足腰は必ず弱くなっていくものです。

それに比例して、転倒する確率が高くなるのですが、歳をとってから転んでしまうと、
骨折する可能性まで高くなります。実際に骨折してしまって、
1ヶ月も筋肉を使えない状況にでもなれば、足腰はびっくりするくらい劣化します。 

その場合、元の状態に戻すためのリハビリは過酷になりますので、
自ずと完全復活できる人の方が少なくなってしまうものです。

それなら、若い頃、特に小学校や中学校では、和式トイレを利用することで、
足首をはじめ、足腰の柔軟性を養っていくのは悪い選択肢ではないでしょう。

ちなみに、白人はしゃがむ動作を苦手にする人が多いのですが、
案外トイレの違いが影響しているのかもしれませんね。

【拙・正座をすると脚がしびれる原因と対処法
 

7. 和式トイレは便秘になりにくい

さらに、和式トイレの利点として、便通の問題があげられます。
しゃがむという姿勢を取れば、自ずと腹部が圧迫を受けることになり便意が促されます。

つまり、日常的に和式トイレを使っている場合、洋式トイレを使用している場合と比較して、
便秘になる確率を低下させることができるわけです。

何気ないですが、健康を維持するうえでは、かなりのメリットです。便秘とは無縁の方には
ピンとこないでしょうけれども、慢性的な便秘に悩まされる方ならご理解戴けるかと思います。

【拙・寒くなると便秘になるのは何故なのか?
 

8. 和式は衛生面でも優れている

%e6%b4%8b%e5%bc%8f%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%81%ae%e9%96%93%e9%81%95%e3%81%a3%e3%81%9f%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9
 
衛生面に目を向けると、和式便所はなんとなく、暗くて汚いイメージがありますが、
実際には洋式トイレよりも掃除がしやすいです。

極端な話をすれば、和式なら水を撒き散らした後でも直ぐに利用できますが、
洋式だとそうはいきません。便座を拭き取るという作業が追加されるため、
掃除をする側からすると格段に手間が省けます。

清掃に手を抜いて、便座にノロウイルスの類が付着していようものなら、
感染が一気に拡大してしまいかねません。

洋式トイレを利用する際でも、肌が触れるのを嫌って便座の上にしゃがんで
使用する人が一定の割合で存在するのはご存知でしょうか?

便座の上に土足でしゃがむという行為は、もちろんマナー違反ですが、
そうしたくなる気持ちはわからなくもありません。違った見方をすれば、
肌と便器が接触しないというのは、和式トイレならではの大きな利点だと言えます。

関連記事
【拙・寒くなるとトイレが近くなるのは何故なのか?
【拙・夏になると足がだるくなるのは何故?
【拙・子供の顔や頭の歪みがもたらす弊害
【拙・小学生のボールを投げる能力が低下




2016年11月26日 | カテゴリー:身体のおはなし

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ