いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

寝溜めが体に悪いというのは本当か?

寝溜めする女性
 

1.理屈で考えると寝溜めは不可能

休みの日になると、普段よりも眠ってしまいがちで、「目が覚めたらお昼だった・・・」
という経験がある人は多いでしょう。若者ほどお昼近くまで眠ってしまう傾向にありますね。

さて、「寝溜めは生活リズムを崩してしまうので却って健康を損ねてしまう」
という話は度々耳にします。

確かに、「明日からの仕事(もしくは勉強)のために、休日はたくさん眠って、
睡眠を貯蓄しておこう!」と、考えてもこれは論理的に無理がありますね。

なぜなら、脳や身体が充分な睡眠で満たされていれば眠くなりません。
それを、明日のために無理やり眠ったりすると、どうしても睡眠の質は悪くなります。
未来のために睡眠を貯蓄しておくことは、理論上不可能です。

「いや、けど休みの日にがっつり寝たら、水曜日くらいまで普段よりも調子は良いよ?」
という方もいらっしゃるかもしれません。

それは、睡眠を蓄えられたからではなく、不足していた睡眠を返済したことで、
体力が回復し、その結果として調子が良くなっただけなんですね。

繰り返しますが、睡眠が不足することが予想できていても、寝溜めによって、
未来のために、睡眠を先払いすることは不可能です。

【拙・眠る前のスマホが美容と健康を損ねる理由





 

2.休日に長く寝てしまう理由

それでは、休みになるとなぜ普段より長く眠ってしまうのか改めて考えてみると、
日常における睡眠時間が慢性的に不足しているからです。

1日だけの休みであれば、長時間眠ってしまうことがあっても、
まとまった連休だとどうでしょう?やっぱり毎日何時間も眠るでしょうか?

そんなことはありませんよね。平日よりは長くても、1日だけの休みとは異なり、
そこまで長い時間を継続して眠り続けることは、まずありません。

例えば、平日の睡眠が6時間だと仮定し、週末の休みは10時間程度眠るとします。
それが連休になれば、8時間程度に落ち着くものです。

つまり、6時間だと不足しているため、週末には不足分を補うべく10時間眠ってしまうものの、
連休になり身体が充分な睡眠時間を確保できると、その後は必要な睡眠時間で事足りるため、
8時間程度の睡眠で事足りるということです。

【拙・長時間の睡眠を必要とする人は怠けなのか?

 

3.寝溜めという言葉は不適切

 
従いまして、休みの日に長時間眠ることは、決して寝溜めしているのではなく、
不足していた睡眠を補って、身体の疲労を回復していると考えるべきでしょう。

自閉症や、注意欠落・多動性障害の子供に施術をすると、翌日はびっくりするくらい
長い時間眠ってしまうことがあるのですが、2~3日後には普段通りの睡眠に戻ります。

この現象は、緊張が解けることにより、疲労の回復に必要なだけ眠れるようになった、
そして、充分な睡眠が確保できたため、その後は、長い時間眠る必要なくなった、そういうことです。

溜めるとは、本来ゼロの状態からプラスの方向に加算していくことを意味します。
ところが、長時間眠ってしまう現象は、睡眠が不足している、つまりマイナスの状態です。

そこから、ゼロに戻そうとしているわけですので、そもそも、「寝溜めする」
という言葉自体が誤解を招く表現であることがわかります。

未来のための貯蓄として寝溜めしているわけではなく、既に積み重なった睡眠負債を
返済するために、長時間眠っていると考えた方がしっくりきます。

【拙・お酒を飲むと良く眠れるのは気のせい?
【拙・睡眠薬の多量摂取は何故起こる?
 

4.生活リズムが崩れる根拠

さて、「休みのに寝すぎると生活リズムが崩れ却って体調を崩す」という説ですが、
睡眠ホルモンの分泌メカニズムが根拠になっているのでしょう。

ヒトは、目が覚めて光刺激を受けると、その時点から、おおよそ14時間後くらいに、
眠気を誘うメラトニンが分泌されます。

休日にお昼まで寝てしまうと、再び眠りに就くために、メラトニンが分泌されるのは、
深夜2時前後ということになります。つまり、深夜2時まですんなり眠れず、
「昼間に寝すぎたかな・・・」と、後悔するはめになります。

ちなみに、夜になって、コンビニ等の明る過ぎる場所へ行くと、生活リズムが崩れる
というお話も、睡眠に必要なホルモン分泌が不具合を起すためです。

【拙・目覚ましが鳴る前に目が覚めるのは不健康だから?
 

5.睡眠負債は返済するべき

力尽きて眠る女性
 
そうは言っても、休みの日にお昼近くまで寝てしまうということは、慢性的に
睡眠が不足しているということです。そもそもの生活リズムに無理があるのですから、
そのリズムを固持して、いつも通りの時間に起床しても健康に良いはずがありません。

病気を患わずに、健康的に過ごすためには、相応の睡眠時間を確保する必要があります。

身体に蓄積された疲労は、いつの間にか勝手に解消されたりはしません。
睡眠不足問題を放置すれば、いずれは自律神経のバランスが崩れ、
休日のたびに体調を崩して寝込んでしまうはめになります。

残念ながら、睡眠負債は睡眠で返済する以外に方法がありません。
平日は忙しくて、どうしても充分な睡眠時間を確保できないなら、
休みの日は、不足した睡眠を補うためにも、しっかり眠りましょう。

眠い時には、状況が許す限り本能に従って寝てしまった方が健康に良いのです。

【拙・累積疲労は自律神経失調の原因になる
【拙・自分で出来る自律神経チェック
 

6.不足した睡眠を補うために

それならどうすれば良いのかと言いますと、眠らなくてはならない時間を想定し、
そこから14時間逆算して、起きる時間を決めれば睡眠ホルモンの問題は解決します。

翌日の出勤に備え日付が変わる頃には眠りたいとすると、休日の朝は、
10時くらいに起きれば、睡眠ホルモンによる生活リズムの崩壊を回避できますね。

「休みの日は10時までの睡眠だと足りない・・・」という場合は、
仕方ありませんので、休日前夜の夜更かしを止めて、普段より早く就寝し、
不足分の睡眠時間を確保しましょう。

なお、「目が覚めたけどダルイからもう一度寝よう」という場合は、充分な睡眠を摂っていながら、
さらに眠ることになりますので、それこそ本格的に生活リズムを崩すことになりかねません。

身体に必要な睡眠を摂ることと、惰眠を貪ることは、似て非なるものです。
くれぐれもお間違えのないように留意しつつ、健康的に眠ってください。

関連記事
【拙・寝相が良すぎると不健康?
【拙・暑い夏でも快適に寝る方法
【拙・コタツで寝ると風邪をひく?
【拙・睡眠に適した温度と湿度
【拙・ペットと一緒に寝ると睡眠の質が向上する?
【拙・睡眠が不足すると肥満を招く理由




最終更新日 2016年9月18日

2016年8月23日 | カテゴリー:睡眠の質を上げる方法

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ