いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

ポケモンGOの功罪を考えてみる

ピカチューの画像
 

1.思わず外出したくなる

ここ最近、世界中でポケモンGOとやらが、流行している模様です。
それで、遅ればせながら、日本でも同アプリの配信がスタートしたのだとか。

《デイリースポーツ》  2016年7月22日  『麻生氏「引きこもりが外に出た」』

 麻生太郎財務相は22日、大ヒットして社会現象となっているスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」に関し「海外での例を見ると、精神科医が対処できなかったオタク、自宅引きこもりが全部外に出てポケモンをするようになった」と発言した。(以下省略)

麻生さんが仰るに、海外では、部屋に引きこもっていた層が、
ポケモンをゲットしたいがために、外出する例が後を絶たないそうな。

海外で絶大な支持を得たアプリなら、馴染みのあるぶんだけ日本でも同様、
もしくは、それ以上の反響を呼ぶ可能性が高いです。
なんといっても、ポケモンは日本産ですからね。





 

2.経済効果も期待できそう

これは、割とまじめに良い話しなのではなかろうか。

当院でも、引き篭もりになった児童を持つ親御さんから相談を受けることがありますが、
改善するのは、正直なところなかなか難しいです。

精神や身体の不調から外出できなくなった、というケースであればともかく、
「つまらないから外出しない」という場合は、外出することに関心、
あるいは喜びを見つけ出さなくてはどうにもなりません。

なにもスポーツをするだけが運動ではありません。外を歩くだけでも
確実に運動不足の解消につながり健康の維持、増進に一役買ってくれます。

より多くの、ポケモンを収集したくて、少し遠出する可能性だってあります。
そう考えると、経済効果も期待できそうです。

その点を、ポケモンGOは、ものの見事に満たしてしまったわけです。
いや、ゲームの力って凄いのですね・・・。

【拙・正しく健康的な靴の減り方
 

3.人を集めることができるツール

定期的にお越しくださるクライアントさんが、早速インストールしたらしく、
ゲームの概要を説明してくださいました。

話を伺っていると、外出したくなる仕組みが施されていて、
人を集めたいところに集めることができるツールという印象を受けました。

今の時期でれば、暑くて喉も渇くでしょうから、コンビ二や自動販売機の近くに、
ポケモンが出現するポイントを設定すれば、自然と冷たい飲み物を購入してしまいそう。

いずれにしましても、今まで部屋にこもりきりだった人が、動機は何であれ、
外にでてくるようになったという事は、社会的にかなり大きな影響を及ぼします。

【拙・コーヒーを飲んでも水分補給にならないのか?
 

4.事故や事件を誘発しそう

ところが、良いことばかりではありません。

人や自転車との接触事故を誘発するため、歩きスマホが社会問題になっている今日ですが、
ポケモン収集ともなれば、周囲に与える危険度は更に上昇します。

前を歩いていた人が唐突に進行方向を変えたり、いきなり車道に飛び出してくるケースが増えそう。
意図せず、他人にスマホを向けて誤解を招くことも充分に起こり得るでしょう。

架空の世界と現実の世界をリンクさせるのは、人を魅了する力がある反面、
熱中し過ぎると、周囲が見えなくなり思わぬ事故や事件を誘発しそうです。

【拙・自転車と歩行者がぶつかる事故
 

5.なんらかの規制が必要

皇居の画像
 
ところで、上記の画像は皇居の地図で、ボールのようなマークがついているところが、
いろんなアイテム等をゲットできるポイントなのですが、いくらなんでも多すぎです・・・。
これだけの数のポイントを設置されると、警備を強化せざるを得ないでしょう。

ポケモンを求めて彷徨い歩く人は、挙動が怪しくなりがちですから、
どうしても不審者と間違われやすいです。違う言い方をすれば、
不審者はポケモンユーザーに紛れて、特定の場所に近づきやすくなります。

そう考えると、ポイントの設定を含めて、なんらかの規制が必要かと思われます。
良くも悪くも、ポケモンGOは社会現象になりそうですね。

関連記事
【拙・嫌な予感を信用しても良い理由
【拙・スマホの持ち方による指関節の変形
【拙・歩きスマホはけっこう危険です
【拙・SNSは子供を暴力的にするか?
【拙・眠る前のスマホは睡眠の質を低下させる




2016年7月25日 | カテゴリー:その他

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ