いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

待機児童は本当に増えているか?

待っている子供
 

1.保育を巡る切実な問題

世間では、「保育園落ちた日本死ね」と書かれた匿名ブログが話題になっている模様で、
お越しくださるママさんたちの関心も高めです。それで、大半のママさんたちは、
「文句を言いたくなる気持ちは理解できるかな」というご感想をお持ちの様です。

現在保育園に通う年齢のお子さんがいらっしゃるご家庭にとっては切実な問題ですし、
既に小学生、中学生になったお子さんがいらっしゃるご家庭でも、
かつて通った道ですから、決して他人事ではないのでしょう。

《産経新聞》  2016年3月7日  
『安倍首相、社民・福島氏に激怒 「福島委員が政権にいたときより受け皿増やしている」』

 安倍晋三首相は7日の参院予算委員会で、「保育園落ちた日本死ね」という匿名ブログをめぐり、社民党の福島瑞穂氏と激論を交わした。

 福島氏はブログについて「この声をどう聞くか」と首相にジャブ。自身が子供の保育園や学童クラブ探しに苦労した経験を披露し、「もうすぐ4月だが、保育園に子供を預けて4月から仕事を再開したい女性が、(保育園に入れられず)戻ってこれない現状もある。これは本当に悲痛な叫びだ。政策の失敗だ」と首相に迫った。

 首相は「政策の失敗というが、失敗ではなくて、福島委員が政権におられたときよりも(保育所の受け皿を)20万人、40万人増やしている」と色をなし、民主党と社民党などの連立政権時代に比べて対策を講じていると強調した。

 そのうえで首相は「どの政権でもこうした状況をなくしていくことは同じだ。その方向に向かってわれわれも一生懸命頑張っているところだ」と述べた。

 

2.待機児童は増えているか?

引用記事によりますと、安倍総理が仰るに、自民党政権になってから、
保育園を巡る環境は良い方向に改善しているとのこと。というわけで、調べてみました。

《厚生労働省》 『保育所等関連状況取りまとめ

平成22年 
定員 2,158,045
利用児童数 2,080,072
保育所数 23,069
待機児童数 26,275

平成27年 
定員 2,531,692
利用児童数 2,373,614
保育所その他数 28,783
待機児童数 23,167

待機児童の推移

総理のご指摘の通り、保育所の数は6千件近く増え、
実際に保育園に通う児童の数は30万人位増加していることが分かります。

待機児童に注目してみると、平成26年(21371人)から確かに増えていますが、
民主党政権時と比較すれば、おおよそ3千人減少していますね。

【拙・赤ちゃんが夜泣きをしても夫が起きないのは何故なのか?
 

3.保育対策の国家予算

さらに、保育対策としての国家予算に目を向けると以下の通りです。

保育対策関係予算
平成24年 4304億 (民主党政権) 『平成25年度保育対策関係予算(案)
平成27年 7975億 (自民党政権) 『平成28年度保育対策関係予算(案)

現在の政権に代わってから、明らかに予算が増えていることが分かります。
民主党時代と比較すると、実に倍近い予算が割り振られていますね。

総合的に判断すると、保育に関する政策は充分評価できる内容かと思われます。
自分達が政権にいた頃は何をやっていたのか?という事になりますので、
野党がいう、「政策の失敗だ!」は見当違いでしょう。

待機児童はゼロではありませんから、保育園に預けたくともそうできない
家庭があるということです。現状に不満に感じる親御さんも当然いらっしゃる
でしょうけれども、少なくとも改善傾向にあることは確かですので、
マスコミが大々的に報道しなくてはならない話題ではなさそうです。
むしろ、保育園を巡る環境の変化の詳細を報道すべきかと思う次第です。

関連記事
【拙・子供のボールを投げる能力が低下
【拙・女の子っぽい走り方は直せるか?
【拙・子供の頃は良質で美味しいものを食べた方が良い理由
【拙・SNSは子供を暴力的にするか?
【拙・スマホをする子供をどう見守るべきか?


スポンサーリンク

2016年3月9日 | カテゴリー:環境と健康

あわせて読みたい記事

PAGE TOP

お問い合わせ