いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

リンが混入した豚肉が出回る=中国

豚の画像
 

1.青白く光る豚肉

《Record china》  2016年1月21日  『市場で買った豚肉から青白い光、その原因は…―中国』

20日、四川省達州市達川区の天和農貿市場で“光る豚肉”が販売されていたことが分かった。同市場で10キロの豚肉を買って持ち帰った女性によると、夜中に台所を通った際に、下処理をした豚肉が青白い光を放っているのを見て驚いたという。(中略)

これについて、食品薬品相談センターは、豚の飼料にリンを含む添加剤が使用されていた可能性があると指摘する。リンは発光するため、リンを含んだ飼料を食べた豚肉が発光したというのだ。同センターの担当者によると、こうした現象は各地で起きているという。

また、同区の動物衛生監督所の担当者は、「人体には無害と考えていいが、健康を考えた場合は食べるのは控えた方がいい。どうしても食べる場合は十分に加熱すべき」と話している。

定期的にあり得ないことを起して、話題になる中国産の食品ですが、
今回は青白く光る豚肉が市場に出回っているとの報道。

それで、中国の食品相談センターによりますと、豚のエサにリンが含まれていて、
それが原因で青白い光を発しているのでは、とのこと。



 

2.人体には無害?

うーん、リンを含むエサを与え続けると、青白く光るようになったりしますかね?
飼育中の豚は、おそらく光ったりしていないでしょうから、
普通に考えると死亡後に光り始めたことになりますが、ちょっとしたホラーです・・・。

さらに驚くべきことに、豚肉が青白く発光する現象は中国各地で報告されて、
体験しているのは、引用記事にある女性だけではないらしい。

食品相談センター担当者のコメントが、これまた凄いです。

「人体には無害だが、健康を考えるなら食べない方がいい」とのこと。
無害なら食べても、なんら問題ないでしょうに・・・。

【拙・pH調整剤とはなんだろう?
 

3.リンは有害物質です

ところで、有機リン中毒といえば、日本でも広く知られています。

農業や園芸をやったことがある方ならご存知かと思いますが、
殺虫剤などで害虫を駆除するために使用されているのが有機リンです。

比較的に簡単に手に入るため、自殺に使用されることもあるくらいですから、
もちろん、人体にとっても有害物質です。

誤って摂取してしまうと、嘔吐や腹痛、呼吸困難などを引き起こしてしまう
毒性の強い物質なのですが、中国では人体には無害という扱いらしいです。

害虫を駆除するため、豚のエサを育てる際に大量のリンを使用しており、
それを食べた豚が光り始めた、ということになるのでしょうか。

このところ、日本でも食品に関る不正が多発していますが、
中国の食品問題は、次元が違いますね。

関連記事
【拙・中国のタピオカはタイヤで出来ているらしい
【拙・中国が韓国産海苔を輸入拒否
【拙・中国産プラスチック製のお米
【拙・韓国産の食品偽装がなくならないのは何故?
【拙・コンビニ野菜に栄養がないというのは本当か?


スポンサーリンク

2016年1月27日 | カテゴリー:栄養と健康

あわせて読みたい記事

PAGE TOP

お問い合わせ