いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

○○を食べれば健康になる、は本当か?

研究する女性
 

1.学術論文の信憑性

テレビや雑誌等で、「○○は健康に良い」とか、「○○にダイエット効果がある」
と放送されようものなら、健康志向の高い人は、その商品や食材を購入してしまい、
結果として、スーパーでは、当該商品が売り切れ続出という現象がしばしばみられます。

それで、健康に良い、ダイエット効果があると報道される根拠になっているのが、
医学系の研究報告、学術論文だったりします。

ところが、その根拠になっている学術論文の現状は以下の通りらしいです。

《毎日新聞》  2016年1月12日  『「再現性」の記述「ほぼすべてに欠陥」』

世界で発表された過去15年間の生物医学系の学術論文を抽出して調べたところ、同じ方法で実験すれば同じ結果が得られる「再現性」を確認するための手法が十分に書かれていないなど、ほぼすべてに欠陥があったとする分析結果を、米スタンフォード大などの研究チームがオンライン科学誌プロス・バイオロジーに発表した。 資金の提供元などに関する情報がない論文も多く、論文のデータ改ざんや捏造(ねつぞう)の背景になっているとの指摘もある。

研究チームは、2000~14年に発表された生物医学系論文から441本を無作為に抽出。そのうち実験データを伴う268本を精査したところ、再現実験に必要な全ての手順や条件を公表している論文は1本だけだった。 (以下省略)

【拙・ヨーグルトの乳酸菌が健康に良いというのは本当?
 

2.相反する理論が氾濫する理由

研究結果は、再現性があるか否かで、信憑性が大きく変ります。とはいえ、
研究ノウハウは技術資産ですから、懇切丁寧に公表したくない事情は理解できます。
おいそれと、ライバル企業(世間一般)に全ての技術を公開できません。

コーヒーは健康に良いとか悪いとか、あるいは、ブルーベリーは眼に
良いとか効果がないとか、相反する理論が氾濫していますが、
企業や研究機関の利害関係と密接に関係していそうですね。

研究報告の中には、「なんて意味のなさそうな実験をやっているのだろう・・・」と、
思える研究があったりしますが、商品を宣伝したいがための研究もあるのでしょう。

世間を騒がせたSTAP細胞の研究報告は、インパクトが大き過ぎるがゆえに、
世界中の研究者から注目を集めて、検証された結果がデタラメが発覚しました。

ところが、マイナーなジャンルであればあるほど、あまり誰も検証しようとしませんので、
理論が間違っていても気付かれない、あるいは、発覚するまでに何年もかかってしまうのでしょう。

【拙・ブルーベリーは本当に目に良いか?
 

3.何を信じれば良いのか?

それなら、「いったい何を信じれば良いのか?」という話になりますが、
コーヒー好きな人が、「コーヒーは健康に良い」という研究結果をみれば、
そのまま気分良く、コーヒーを飲み続ければ良いです。問題なし。

それで、「コーヒーは健康に悪い」という研究結果を目にした場合は、
信憑性を自分で調べてみてから、改めて考えるというスタンスで良さそう。

コーヒー嫌いな人が、「健康に良いらしいから頑張って飲む」という場合、
実は理論がデタラメでした、ということが発覚すると悲し過ぎますので、
嫌いなら無理をしてまで飲まなくて良いのでは、と思う次第です。

関連記事
【拙・コーヒーフレッシュは本当に危険なのか?
【拙・コーヒーを飲んでも水分補給にならないのか?
【拙・コンビニ野菜に栄養がないというのは本当か?
【拙・知らずに食べているpH調整剤とはなんだろう?
【拙・ビールは水分補給にならないのか?


スポンサーリンク

2016年1月24日 | カテゴリー:サイエンス

あわせて読みたい記事

PAGE TOP

お問い合わせ