いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

つまらないギャグが寒いのは何故なのか?

親父ギャグの画像
 

1.寒いギャグを考えてみる

意図しようが、していまいが、つまらないギャグを披露してしまうと、「寒い・・・」、
「親父ギャグ」などと、冷たい視線と共に容赦のない言葉を浴びせられます。

一般的に寒いといえば、「寒い日」だとか、「寒い季節」など、温度のことを指しますが、
対話の中の発言を寒いと評される場合は、つまらない、あるいは、面白くないなど、
否定的な意味合いで使用されていますね。

というわけで、つまらないギャグを寒いと表現するのは何故なのか考えてみました。

【拙・寒さを我慢するだけで痩せるというは本当か?
 

2.自律神経の切り替わり

笑いが健康を促すことはよく知られていますが、これは主に自律神経の副交感神経が
優位になることによって、身体がリラックスし、血管が拡がって血流が増加、
結果として免疫機能もUPする、というわけですね。

従いまして、大笑いしなくとも、微笑ましい程度の笑いであっても効果が期待できます。

ところが、和気あいあい、楽しく健康的に談笑している最中に、
つまらないギャグを聞かされると、不愉快な気分になってしまいます。

この時、自律神経は副交感神経から、交感神経へと切り替わります。
そうしますと、身体は緊張し、血管も収縮をおこして血流は低下します。

【拙・自分できる自律神経チェック
 

3.寒いギャグは本当に寒かった

哀愁を誘う着ぐるみ
 
ご存知の通り、血流が悪いと身体は冷えてしまいます。副交感神経が優位な状態から、
いきなり交感神経が緊張すれば、血流は急激な変化をお越し、肌体温も低下します。

逆に言えば、仕事や勉強に集中している時は、交感神経が優位な状態にありますから、
そのタイミングで、つまらないギャグを言われても、それほど寒く感じません。

会話が盛り上がっている時、あるいは、和やかな雰囲気でくつろいでいる時ほど、
血流にギャップが生じて、つまらないギャグをよりいっそう寒く感じることになります。

つまり、「寒いギャグ」とは、比喩表現ではなく、実際に寒さを体感していることになりますね。
暑い季節ならまだしも、寒い時期に、寒いギャグを言ってしまうと、目も当てられませんな・・・。

関連記事
【拙・寒くなるとトイレが近くなるのは何故なのか?
【拙・怖い話を聞くと寒くなるのは何故なのか?
【拙・寒くなると便秘になるのは何故なのか?
【拙・寒くなると眠くなるのは何故なのか?
【拙・風が吹くと寒く感じるのは何故なのか?


スポンサーリンク

2015年11月29日 | カテゴリー:環境と健康

あわせて読みたい記事

PAGE TOP

お問い合わせ