いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

ハッカ油は使い方を間違えると危険

暑さに悩む女性
 
ハッカ油を肌につけると、たちまち清涼感につつまれ、爽快な気分になります。

ミント風味のアイスクリームや飴を食べても口の中がスースーして、
やっぱり清涼感を得ることができます。焼き肉なんかを食べた後のお口直しに最適ですよね。

ハッカ油やミントは、暑い時期に積極的に利用したい優れた爽やかアイテムですが、
調子にのって使いすぎると、実は健康を損ねてしまう可能性があります。
 

1. 冷たさを感じるセンサー

さて、日常生活において、暑い、あるいは寒いと温度を感じ取るためのセンサーは、
私たちの皮膚に満遍なく分布していて、冷たさを感じるセンサーが約25万個、
温かさを感じるセンサーは約3万個あります。

冷たさを感じとるセンサーの方が圧倒的に多いわけですが、これは気温の低下を
速やかに探知できないと生命が危険に晒されるためだと考えられています。

暑さで死んでしまうケースより、寒さで死んでしまう場合の方が圧倒的に多いことからも、
頷けるお話しですよね。恐竜時代から寒さは生命を脅かす存在なのです。

なお、痛み刺激をキャッチするセンサーは約200万個存在しており、
暑さや寒さを感知するセンサーよりも桁違いに多くなっています。

身体への刺激を感知するセンサーは、痛み>冷点>温点、ということになります。
生命を維持する上で、重要な刺激を優先的にモニターしているわけですね。

【拙・夏になると足がだるくなるのは何故なのか?
 

2. メントールとTRPM8

ハッカ油やミントを利用すると、清涼感を得ることができるのは周知の事実ですが、
その鍵となっているのが成分に含まれるメントールです。

メントールは、肌や舌に分布している、「TRPM8」というたんぱく質を活性化します。

このTRPM8は、通常25~28度以下の低温刺激が加わった際に反応するのですが、
メントールの働きによって、28度以上であっても反応するようになります。

実際に肌や舌に触れる空気の温度が30度であろうが、35度であろうが、
TRPM8が活性化していれば、脳は、「冷たい」と認識するわけですね。

つまり、ハッカ油やミントは、脳を勘違いさせることによって清涼感や爽快感を
もたらしているというわけです。

【拙・暑い夏でも快適に寝る方法
 
脳の誤認識
 

3. ハッカ油の危険性

それでは、脳に誤った情報を伝えることによって、清涼感を得ることは
問題はないのか言いますと、間違った情報に基づいて身体へと指令をだすわけですから、
なんらかの不具合が起こりそうなものですよね。

ハッカ油を使用すると、清涼感や爽快感に包まれますが、言い方を変えれば、
一時的にせよ、日本の夏特有の蒸し暑さを忘れることができるわけです。

そうしますと、どうしても水分補給がおろそかになってしまいがちになります。
その一方で、暑ければ暑い時ほど、ハッカ油を使いたくなります。

つまり、水分補給に気をつけなくてはいけない時に限って、水を飲みたいという欲求が
起こりにくくなり、猛暑の中、ハッカ油で暑さを凌ぐつもりが、逆に熱中症に陥ってしまう
確率が高くなってしまうというわけです。

とはいえ、水分補給に気を遣ってさえいれば、健康を損ねる可能性は低いですから、
ハッカ油の使用を見合わせる必要はないでしょう。
 

4. ハッカ油は凄かった

スポンサーリンク
§ 北見ハッカ通商 ハッカ油ビン 20ml

§ 北見ハッカ通商 ハッカ油ビン 20ml
 
普通なら、涼しさを感じる際には、体外に熱を逃がさないよう肌の血管は収縮します。
怖い話を聞いて肌寒さを感じるのも、身体では同様の現象が起こっています。

生理学的な常識では、寒冷刺激を受けると血管が収縮し体内に熱がこもってしまうのですが、
なんとハッカ油(メントール)では、この常識を覆してしまうようです。

実に興味深い研究報告がありましたので以下に引用します。

◇産業医科大学 山崎准教授 
寒冷刺激時の皮膚血管収縮反応における皮膚冷受容体機能の解析

健康な成人10名を対象として、下腿部の皮膚表面に冷受容体TRPM8チャネル活性刺激剤であるメントール(0.2、0.5、および1.0%)を塗布した。コントロール部にはメントールを塗布しなかった。

被験者は中性温度環境下(29℃)で仰臥位安静を保ち、メントール塗布部および非塗布部の局所皮膚温を、温度コントロール用プローブを用いて35℃から25℃まで5分毎に2.5℃ずつ低下させた。局所温度コントロール用プローブの中心部での皮膚血流量をレーザードップラー法によって測定した。

いずれの冷却部位においても、皮膚温の低下に伴って冷感覚は増大した。同一皮膚温で比較するとメントール塗布部の方がコントロール部よりも冷感覚が強かった。

冷却前のベースライン血流量は、いずれの濃度のメントール塗布によっても変化しなかった。いずれの濃度のメントール塗布部においても、皮膚温の低下に伴って皮膚血流量は有意に減少し、メントール塗布部の血流減少反応はコントロール部のそれと異ならなかった。

「読むのが面倒だな・・・」 という方のために要約しますと、以下の通りです。

①メントールを塗った部分は、塗っていないところよりも冷たく感じた
②メントールを塗った部分と塗っていない部分で血流量に差はない

個人的にはかなり衝撃的な研究報告だったのですが、いかがでしょうか?

清涼感を感じつつも、血液量には変化がないので、熱が体内にこもることもありません。
なんと言いますか、これって涼を得るために物凄く都合の良い条件なんですよね。

結論と致しましては、「ハッカ油は凄かった」この一言につきます。

関連記事
【拙・実際にハッカ油を使ってみた
【拙・扇風機は体に悪いのか?
【拙・冷房は体に悪いのか?
【拙・買って良かったおすすめ健康グッズ


スポンサーリンク

最終更新日 2016年5月19日

2015年8月4日 | カテゴリー:脳のおはなし

あわせて読みたい記事

PAGE TOP

お問い合わせ