いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

夏を涼しく過ごすアイテムとしてのハッカ油

スポンサーリンク
(観葉)山野草 ニホンハッカ(日本薄荷)(1ポット分)
 
扇風機をつけて寝ること、あるいは冷房をつけて寝ることに抵抗がある方は、
保冷剤の枕を使用すると良いですよ、という記事を少し前に書いたのですが、
「起きているあいだは、ハッカ油をつかうと快適に過ごせます」との情報を戴きました。

それで、1週間ほど実際に試してみましたのでご報告。

【拙・扇風機は体に悪いのか?
【拙・冷房は体に悪いのか?
【拙・暑い夏でも快適に寝る方法
 

1. そもそもハッカ油とは何なのか?

アロマを嗜む方なら、ミントはご存知だと思いますが、ハッカ油はその仲間です。

それで、共通事項として成分にメントールが含まれるのですが、
このメントールが、すっきり爽快感をもたらしてくれるわけですね。

お馴染みのペパーミントの精油は、ペパーミントを原料植物として抽出されています。
それに対して、ハッカ油はニホンハッカを原料としています。

このニホンハッカは、食べることを目的とした野菜や穀物とは異なるものの、
香料、薬用を目的とした農作物です。従いまして、微量であれば、
紅茶などに数滴入れて体内に摂取しても問題ありません。

ミントティーやミントチョコレートなんかは、口当たりが良く爽快感を得られるため、
支持層はそれほど多くないとはいえ、すっかり定着していますよね。

ただし、サプリメント等ではごく当たり前になりましたが、ハッカ油においても、
純粋な成分だけでなく、化学合成されたものが生産されるようになりました。

その場合は、紅茶に数滴たらすだけとはいえ、体内に摂取するのは微妙です。

合成されたものは、純粋なものよりも安く買い求めることができる利点がありますが、
正確には似て非なるものだということは把握しておきましょう。

とはいえ、清涼感を得ることを目的として、ハッカ油を身体に塗布する分には、
天然でも合成でも、それほど気にする必要はないでしょう。
 
チョコミントの画像
 

2. 自家製スプレーを作るために必要なもの

さて、清涼感を求めてハッカ油を実際に使ってみることに決めたわけですが、
使用方法としては便宜上、自家製でスプレーを造るのが良さそうです。

その場合、事前に準備するものとしては以下の通りです。

まず、ハッカ油。これがないと始まりません。20mlで、500~1000円くらいです。

次に無水エタノール。油ですから水には溶けません。水で希釈するためには必要で、
アロマを希釈する際にも利用されています。500mlで1000~1500円くらい。

その次に精製水。水と馴染むようにハッカ油と無水エタノールを混ぜたものを
希釈する水です。1000mlで100~200円くらいです。

最後にガラススプレー瓶。ハッカ油は、プラスチックを溶かす作用があるため、
ガラス瓶を使用することを推奨します。100mlで、500~1000円くらいでした。
 

3. ハッカ油ボディミストの作り方

上述しました通り、ハッカ油は水に溶けませんので、まず無水エタノール10mlに
ハッカ油を10~20滴程度を加えます。個人差がありますのでハッカ油の量は、
自分にあった比率を見つけるまで試行錯誤するしかなさそうです。

次に、上記のハッカ油と混ざった無水エタノールに精製水100mlを加えて、
よく振ると完成です。

分量をより正確、一定にするために、スポイトはあった方が良さそうです。

なお、ハッカ油と無水エタノールを混ぜる工程を飛ばすと、油が凝縮してしまい、
ほぼ間違いなく、スプレーが詰まって使用不能になってしまいます。

ハッカ油と水道水だけを混ぜて、ボディミストをつくるのは不可能です。
 

4. ハッカ油を実際に使ってみた

肌との相性もあるため、まずは手足に噴霧するのが良いでしょう。
使用して肌が赤くなったり、痒みがでる場合は、使用を見合わせた方が良いです。

それで、手足に噴霧してみたところ、なんとなく清涼感はあるものの、
期待したほどではなかったです。ハッカの香りがするため多少は涼しくなったような気が・・・。

次に耳の裏から、首筋にかけて噴霧してみたところ、肌が敏感な部位だけのことはあって、
かなりスースーします。頭もすっきり爽快になりました。

動くたびに、ひんやり感が強調され、暑い時に特有ののぼせ感から解放されます。
手足が暑いままでも、頭さえすっきり爽やかなら、行動意欲は衰えません。

手足や体幹への効果の程は微妙ですが、首筋なら清涼感を実感できますので、暑さを凌ぐための
夏の爽やかアイテムとして、これはありです。なお、効果の持続時間は30分くらいでした。

※感じ方には個人差があります
 
スポンサーリンク
§ 北見ハッカ通商 ハッカ油ビン 20ml

§ 北見ハッカ通商 ハッカ油ビン 20ml
 

5. なんだか面倒だな、と思う人向きに

とはいえ、定期的にボディミストを作るのは面倒です。

さらに、無水エタノールに溶かしているとはいえ油ですから、
こまめにスプレーを清掃してあげないと、そのうち詰まってしまいます。

ちょっと手がかかりすぎて、お手軽とは言えませんね。

ですが、よくよく考えてみると、手足をはじめ、幅広く噴霧するわけではなく、
使用用途が首筋に限定されるなら、スプレーはいらないのでは??

というわけで、ハッカ油を溶かした無水エタノールを直接首筋に塗ってみた。

うむ。いけるやん。すっきり爽やか感がさらに上昇、気持ちよし。ありです。

ただし、ハッカ(ミント系)の香りもしっかり増しました。
これはこれで、爽やかな涼を演出してくれるので問題はないでしょう。
 

6. 肌に直接塗ってみた

けど、スプレーを使用しないなら、ハッカ油の凝固を気にする必要なくない?

というわけで、無水エタノールなしで、今度は直接ハッカ油を塗ってみた。
うーん、さすがに刺激が強くヒリヒリ感がありますね。これは無理です・・・。

ですが、10分程度経過すれば、ヒリヒリ感も解消して、すっきり爽やかに。
さらに嬉しいことに持続効果が1時間程に延びました。

直接肌につけて、肌荒れ、痒み等の問題がない人なら、これもありでしょう。

いろいろ買い揃えたり、分量を量ってハッカボディミストをつくるのがメンドクサイ、
という方にとっては、これが一番良さそうです。

【拙・買って良かったおすすめ健康グッズ
 

7. ハッカ油の効率的な使い方

結論と致しまして、ハッカ油のお奨め使用方法は、まず手の平に1滴垂らします。
そこに水道水を数滴垂らします。両手で馴染ませてから首筋に塗る、これですね。

同じ要領で、胸や手足にも塗ってみたところ、胸は清涼感、爽快感が凄まじい。
手足はやっぱり微妙で首筋や胸ほどの爽快感はないです。

ただ、ハッカ油の濃度が上がったぶんだけ、ひんやり感は増しました。

油に特有のベタツキ感も気になるほどではありませんので、
衣類にハッカの香りがついてしまっても問題なければ、首筋とあわせて、
胸や手足にまんべんなく塗ってみると、清涼感はさらに増すでしょう。

とはいえ、ハッカ油による清涼感は脳を勘違いさせることによって得られるものです。
それなら、やっぱり局所的に利用する方が安全と言えそうです。

【拙・ハッカ油は使い方を間違えるとこんなに危険
 
ハッカ油と猫
 

8. ハッカ油を利用する際に気をつけたいこと

くどいようですが、感じ方には個人差があります。アロマでも同じことが言えますが、
ハッカ油も製造メーカーによって、香りや強さも異なってきます。

腕の内側等で試してみて、問題がないことを確認してから使用してくださいね。

なお、ミント系のアロマオイルは、ホルモンバランスに影響を与えるため
妊婦さんや子供への使用は禁忌事項とされています。

ハッカ油は、妊婦さんでも禁忌事項にはなっていませんので、そこまで神経質に
なる必要はありませんが、原液を直接肌に塗るのは避けた方が無難でしょう。

その他、猫にとって植物は有毒になってしまうものが少なくありません。
中でもフトモモ科(ユーカリ系)との相性の悪さは良く知られています。

一方のハッカはシソ科です。猫が好んで食べるキャットニップもシソ科ですから、
問題ないとは思いますが、猫を飼われている方は一応気に留めておいてください。

関連記事
【拙・猫とアロマは相性が良くない
【拙・夏になると足がだるくなるのは何故なのか?
【拙・怖い話を聞くと寒くなるのは何故なのか?
【拙・夏に怪談や怖い話をする理由




2015年8月1日 | カテゴリー:環境と健康

あわせて読みたい記事

PAGE TOP

お問い合わせ