いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

マッサージはお風呂とお風呂上りどちらが効率的か?

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%92%e5%8f%97%e3%81%91%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7
 

1. マッサージはいつやるべき?

血流の低下は、肩こりや腰痛、あるいは疲労の原因になってしまいますが、
血行が悪くなると、いわゆる老廃物が蓄積してしまうからです。

マッサージは一般的に、血流を改善することによって蓄積している老廃物、疲労物質を
血液中に戻し、肝臓や腎臓を経て尿、あるいは汗として体外へ排出することが主な目的です。

寒い時期や、エアコンで冷えすぎた身体にマッサージしようとすると、
ある程度血流が回復するまでに労力と時間を費やすことになります。

ところが、お風呂に入ってお湯に浸かりますと、副交感神経が優位になって血管が拡がります。

さらには、温められることによって、関節や筋肉も柔軟性が増しますので、
お風呂で、あるいはお風呂上りのマッサージはタイミングとして申し分なく、
非常に効率的であると言えます。

【拙・足がむくんで、だるくなる理由





 

2. お風呂の中でマッサージをする利点

お風呂の中でマッサージするのと、お風呂上りにマッサージするのとでは、
どちらがより効率的なのかと言えば、目的、身体の状況によって回答は変ります。

お湯につかっている時は、副交感神経の働きだけでなく、暖かいお湯によっても、
身体が温められた状態です。

湯船からでると、空気に触れて身体は冷やされ血管は収縮します。
風呂場から脱衣場に戻れば、さらに冷たい空気に触れて血管は収縮します。

従いまして、より血管が拡張した状態で、マッサージを行いたい場合は、
「お風呂上りよりも、お風呂の中で」というのが正解になりますね。

さらに、お風呂でのマッサージが有利な点として、肌を痛めないよう摩擦を
避けるためのオイルが必要ありません。

お湯の中で、あるいはシャワーを浴びながらマッサージしてしまえば、
摩擦を解消できますから効率的です。

なお、石鹸やボディソープの泡を利用したマッサージは、必要以上に肌の脂質を
落としてしまい、肌荒れの原因になってしまいますのでお奨めできません。

【拙・着圧ソックスで脚のむくみを改善できるか?
 

3. お風呂の中でマッサージをする注意点

バスタオルの画像
 
それなら、お風呂上りよりもお風呂でのマッサージが絶対的に効率的なのか
と言いますと、そうでもありません。

お湯の温度にもよりますが、マッサージするくらい長くお風呂に入っていると、
のぼせてしまう可能性があります。いわゆる湯あたりですね。

他には、自律神経のバランスが崩れがちな方や、低血圧の方が長時間お風呂に入って、
マッサージをすると、めまいや立ちくらみ、貧血を起こしてしまう可能性もあります。

良くも悪くも、お風呂に入ると自律神経は変動しやすいため血圧も急激に変化します。
そんな中でマッサージをすると思わぬ事態を招くこともあり得ます。

とはいえ、軽くマッサージする分には、特に気にする必要はないでしょう。

生活習慣を変えるには労力が伴います。目標を高くしすぎると嫌になって長続きしません。
従いまして、自分にとって都合が良い方を選ぶのが良いですよ。

関連記事
【拙・入浴時のマッサージで気をつけたいこと
【拙・入浴が健康に良い理由
【拙・自律神経はシャワーで鍛えることができるか?
【拙・タイツや靴下をはくと痒くなるのは何故なのか?
【拙・お風呂にはいって鼻づまりが治る理由




最終更新日 2016年9月29日

2015年6月27日 | カテゴリー:身体のおはなし

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ