いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

夏になると足がだるくなるのは何故なのか?

足がだるくなった女性
 

1. 足がだるくなる季節

お越しくださる女性のクライアントさんとお話していると、毎年暑くなるにつれて、
「足がだるい」と仰る方が増えます。朝起きたときはそれほど気にならないものの、
夕方以降になると顕著に足がだるくなってしまう傾向がありますね。

会社に行くときは、駅で階段を登っても特に気にならないそうですが、
帰宅時になると、とにかく階段を登るのがきつくて、
エスカレーターが設置されていないことを恨めしく感じるのだとか。

さらに、足のだるさには、基本的にむくみが伴うものですから、酷い方だと
パンプスがきつくて苦痛に感じてしまい、余計に歩くのが嫌になってしまうそうな。

想像してみましたが、確かに足がむくんだ状態で階段は登りたくないですね・・・。





 

2. 冷えると血行が悪くなる

それではなぜ夏になると、足がだるくなったり、むくみやすくなったりするのか
と言いますと、これはもう一番の原因は冷房です。

男性はズボンです。それに対して、女性はパンツスーツの方も増えてきましたが、
基本的にスカートにパンストというスタイルが多いですよね。

当たり前ですが、より素肌に近い方が皮膚は冷気を感じやすく、
冷えると血管は収縮します。つまり血行が悪くなっているわけですね。

肩こりや首こりも、血液の流れが悪くなり、老廃物が溜まることによって生じるわけです。
それと同じで、血流が悪化し老廃物が蓄積していけば、足はだるくなってしまいます。

【拙・素足が健康に良い理由
 

3. 足の筋肉が重要です

心臓のポンプ運動によって、身体の隅々まで血液を送り届けているわけですが、
足へ行った血液は重力に逆らって心臓に戻す必要があります。

ところが、足の血液を心臓に圧し戻すためには、心臓のポンプ運動だけだと不十分なんです。

それで、血液を心臓に戻すために不足している圧力は、歩いたり走ったりする際に
足の筋肉が収縮することによって補われています。つまり足の筋肉は心臓と同様に
血液を循環させるためのポンプ機能を担っているわけです。

血液を重力に逆らって心臓に戻す、という大切な役割がある足の筋肉ですが、
エアコンなどにより冷やされると、血行が悪くなり老廃物が溜まりやすくなってしまいます。

そうしますと、停滞した血液や体液によって足がむくみはじめるのと同時に、
足全体が重だるく感じるようになるというわけです。

【拙・入浴時のマッサージは危険か?
 

4. 女性の足がだるくなりやすい理由

足のポンプ機能は、主にふくらはぎ、太もも(特に裏側)の筋肉の状態に左右されます。

男性と比較した場合は、どうしても女性の方が筋力は低めですから、
足のだるさやむくみに悩まされる人に女性が多くなってしまうのは必然と言えます。

さらに不利な条件として、女性はパンプスを履くと、つま先は閉じられてしまい隣の指同士が
密着した状態になります。つまり、靴の中で足の指をひろげるだけのスペースがありません。

そもそも、パンスト自体が足の指を開くことができるような構造になっていませんよね・・・。

足の指が動かせなくなると、それと連動してふくらはぎや太ももの動きも制限されてしまい、
筋肉ポンプは本来の働きができません。男性と比較すると、残念ながら女性の方が、
足がむくみやすく、だるくなりやすい条件が揃っているわけです。

【拙・マッサージはお風呂とお風呂上りどちらが効率的か?
 

5. とりあえず足のだるさを解消したい

パンプスを履いた女性
 
足のだるさ、むくみが酷すぎて、「とにかく今すぐになんとかしたい!!」
と即効性を期待する方には、着圧ソックスが最も効果的でしょう。

ふとももから、ふくらはぎまでを圧迫しますので、血液が停滞してしまうことを回避でき、
結果として、足のだるさ、むくみから解放されます。

ただし、常時使用するものではありませんので、使い方によっては、
着圧ソックスによって健康を損ねてしまう危険性があります。
メリットとデメリットを把握したうえでご利用ください。

着圧ソックスを賢く利用しつつ、下記でご紹介している対処法と合わせて、
足のだるさ、むくみを改善していってください。

【拙・冷房は本当に体に悪いのか?
【拙・冷房の設定は本当に28度が良い?
 

6. 足がだるく、むくむ時の対処法

職場ではもちろん、自宅でも出来るだけ足が冷えて血行が悪くなってしまう機会を避けましょう。

特に就寝時に暑いからといって、ふくらはぎをさらけ出して眠ると足が冷えてしまい、
足のだるさ、むくみを助長してしまいますので要注意です。

少しでも足のだるさ、むくみを軽減させるためには、とにかく足を動かせば良いことになります。

可能であれば、職場に着いたらつま先が自由に動かせるサンダルに履き替えてしまい、
足の指でグーと、パーを繰り返しましょう。そうしますと、つま先と連動してふくらはぎも収縮し、
筋肉ポンプの働きを促進することができます。

「サンダルに履き替えるとか無理・・・」、「そもそも足を動かしている暇なんてないよ・・・」
という方は、それなら致し方ありません。周囲に気付かれない範囲で貧乏ゆすりをしましょう。

貧乏ゆすりは行儀が悪く、周りの人を不快にさせてしまいますが、うまくやれば、
パンプスのままでも出来てしまうだけでなく、慣れてしまえば意識しなくとも
実行が可能な優れた運動法です。

ただ慣れてしまうという事は、癖になっているという事ですから、違う問題が浮上しそうです。
貧乏ゆすりがマナー違反認定されていることが惜しまれます・・・。

【拙・貧乏ゆすりは効果的な健康法である
 

7. 足のだるさ、むくみを解消するための健康グッズ

スポンサーリンク
§ クリアゲル トゥセパレーター(2個入り)

§ クリアゲル トゥセパレーター(2個入り)

「誰も見てなくても行儀が悪いし・・・」と貧乏ゆすりに抵抗がある方は、
お手軽に購入できる健康グッズを。

上述しました通り、女性のつま先はパンプスやパンストにより、
どうしても足の指を開けない状態になってしまいます。

この状態で長い間過ごしてしまうと、筋力は低下し、関節の可動範囲が狭くなり、
やがて自分の意志で足の指を開くことができなくなります。

それを回避するためには、パンプスやパンストから解放され、
足が自由になった時間に足の指を動かすと良いのですが労力を伴います。

ところが、足の指を強制的に開いてくれるグッズを遣えば、
はめているだけで、足指周りの機能低下を予防してくれます。

特効薬にはなりませんが、足のむくみや、だるさの解消にも効果的です。
なによりも、意外と気持ち良かったりしますので、苦痛にはならないでしょう。

ただ、足の指を大きく開くタイプのものがありますが、足の状態によっては、
痛みを感じてしまう事がありますので、手始めに足の指が軽く開く程度で、
なおかつ素材が柔らかいタイプのものをお奨めします。

関連記事
【拙・正しく健康的な靴の減り方
【拙・理想的な靴のサイズの選び方
【拙・タイツを履くとスースーするらしい?
【拙・タイツや靴下をはくと痒くなるのは何故なのか?
【拙・スキニージーンズが健康に悪いというのは本当か?




最終更新日 2016年7月13日

2015年6月18日 | カテゴリー:身体のおはなし

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ