いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

通勤電車における腹痛の対処法

最終更新日 2016年11月26日

通勤電車の画像
 

1. 通勤、通学電車に悩まされる

毎年、この時期になると、「電車での通勤や通学途中に下痢を起こして困っている」
とのご相談を受ける機会が多くなります。この時期に多いのは、主に生活環境が変わり、
不慣れな電車通勤、通学がストレスとなって下痢を起しやすいためなんでしょうね。

たいていのクライアントさんは、心療内科を訪れたものの、「自律神経の問題です」
と告げられ、当院にお越しくださる方が多いようです。

心療内科の先生が仰る通り、下痢や便秘を頻繁に繰り返す場合は、
自律神経のバランスが悪いことが多く、通勤途中、通学途中での腹痛を改善するために、
自律神経のバランスを正常に戻して改善を試みるのは正攻法と言えます。

電車の中でお腹が痛くなり、トイレに駆け込むといった状況は誰にでも起こりえますが、
それが毎朝ともなると、身体の何処かに問題があると考えた方が妥当でしょう。
なにより、仕事や学校に支障がでてしまいますので看過できない問題です。

このようなケースでは、かなりの高確率で過敏性腸症候群と診断されます。
過敏性腸症候群は、下痢型・便秘型・下痢と便秘を交互に繰り返す交代型に分類され、
男性は下痢型が多く、女性には便秘型が多い傾向があります。





 

2. なぜ下痢や便秘が起こるのか?

食べ物を口にすると内容物は食道を経て胃に送られ、胃酸と混ぜ合わされることにより
固形物がドロドロの状態になります。その後、十二指腸へ送られ膵液や胆汁によって、
小腸で吸収されやすい状態にまでさらに消化されます。

消化された食べ物は、小腸にて栄養として体内へと吸収されることになり、
内容物の残りカスが大腸へと送られます。

大腸ではドロドロの内容物の水分を吸収し、容量を圧縮したうえで便として体外へと
排泄されるのですが、この際に、水分の吸収が不十分であるほど便は下痢気味になり、
逆に水分を吸収しすぎると便が硬くなりすぎてしまい、排便しずらくなって便秘になります。

従いまして、通勤、通学途中で下痢を起こす場合、大腸の蠕動運動が盛んになりすぎた結果、
内容物の水分が吸収される前に体外へと排泄されているわけです。

【拙・胸痛や胸焼けの原因となる逆流性食道炎
 

3. なぜ蠕動運動が活発になりすぎるのか?

自律神経と内臓は相互に深く関与しているのですが、特に腸との結びつきは強く
他の臓器と比較して、より影響を与え合いやすい事が知られています。

ちなみに、脳と腸の密接な関係は、脳腸相関と呼ばれていますが、
腸が敏感な人は、脳、つまり精神的にも敏感で繊細な方が多いのも事実です。

過度のストレスに晒されることにより、脳が緊張することに伴って腸も緊張し、
蠕動運動が早くなる(下痢)、もしくは蠕動運動が遅くなります(便秘)。

一方、腸がうまく機能していないことを察知して、脳は不安を感じてしまい、
さらなるストレスを抱えることになり、次第にカラダ全体の調子が悪化していきます。
脳と腸でストレスを伝え合ってしまうという、まさしく悪循環に陥るわけです。

それが毎日のことになると不安は増すばかりで、酷くなるとトイレがない場所に
いることが不安になったり、電車に乗ること自体がストレスになってしまうわけですね。

本来なら大腸は、他の内臓と同じく副交感神経が優位になっている時に活動が促され、
交感神経が優位になっている時は、活動が抑制されるのですが、ストレスによって
前提が覆されています。いかにイレギュラーな状況であるかがわかりますね。

【拙・ヨーグルトは本当にお腹に良い?
 

4. 電車でお腹が痛くなったらどうすれば良いのか?

トイレに駆け込んだ画像
 
根本的な解決方法は、自律神経のバランスを整えて腸の働きを正常に戻す以外にないでしょう。

とはいえ、過敏性腸症候群も初期の頃ならいざ知らず、慢性化してしまった状態では、
整体や他の方法で自律神経を安定させたとしても、いざ通勤、通学の電車に直面すれば、
これまでの記憶から不安を感じ、ストレスが生じて再びお腹が痛くなってしまうのは必然です。

音楽で気を紛らわせたり、腹痛を抑える効果のあるツボを圧す、などの方法もありますが、
効果の程は未知数です。そもそも、どちらもトイレに行くのを我慢する必要がありますし・・・。

そこで、過敏性腸症候群により、通勤、通学の電車でお腹が痛くなる人の話しを伺ってみると、
皆さん規則正しく毎朝朝食を摂ってらっしゃる確率が非常に高かったです。

朝食を摂ることが当たり前の人にとっては、「だからなに?」という感じでしょうけれども、
事の善し悪しはさておき、昨今では朝食を抜きにする人が決して珍しくありません。

そんな社会的風潮の中で、毎朝の通勤、通学電車でお腹が痛くなる人に限っては、
高確率で朝食を摂っているのですから、なんらかの要因にはなっているでしょう。

【拙・自分で出来る自律神経症状チェック
 

5. 胃結腸反射を利用してみる

食事をして、食べたものが胃に到達すると、内容物を消化するべく胃は蠕動運動を開始します。
胃が活動を始めると大腸にも情報が伝達され、まもなく大腸も活動し始めるのですが、
その際の胃と大腸が活動し始める反応を胃結腸反射といいます。

赤ちゃんは、一日のうちにミルクを何度も飲みますが、その度に排便することは
珍しいことではありません。胃結腸反射により、排便が促進されているわけですね。

食後に便意を催しやすいという事実は、誰もが経験していることですよね。

便意に従って、そのまま排便を済ませてしまえば、通常なら大腸の蠕動運動も治まるのですが、
過敏性腸症候群に悩まされる方は、便意を催すも自宅では大腸の活動が治まるまで
排便しきれない、あるいは、排便に至らない方までいます。

これはつまり、朝食を食べて大腸の動きが活発なまま職場や学校に向かっていることになります。

それなら、電車で腹痛を起こさないための対策として、胃結腸反射を起こさなければよい、
平たく言いますと、朝食を自宅で摂らなければ大腸が刺激されることもありません。

【拙・労力をかけずに自律神経のバランスを保つ方法
 

6. お腹が痛くなるのを避けるための対策

朝食の画像
 
朝食を摂らなければ、大腸の活動は低下したままですから、電車内でストレスを受けても、
便意を催す可能性は低くなるというわけですね。まとめると以下のようになります。

A) 自宅で朝食を摂る場合
① 胃結腸反射により、大腸が活動的な状態に
② 電車に乗ることのストレスから、大腸はより活動的な状態に

B) 会社や学校で朝食をとる場合
① 胃結腸反射は起こりませんので、大腸の活動は低下した状態に
② 電車に乗ることのストレスから、大腸は活動的な状態に

いかがでしょうか?あえて自宅での朝食を避けることによって、
電車でお腹が痛くなる確率を下げることができるような気がしませんか?
朝の通勤、通学電車に悩まされている方は一度お試しください。

関連記事 
【拙・胸に違和感や圧迫感がある時の対処法
【拙・DNAを修復してくれる音楽
【拙・和式トイレが健康に良い理由
【拙・寒くなると便秘になるのは何故なのか?
【拙・ビールを飲むと下痢をしやすいのは何故なのか?




2015年5月26日 | カテゴリー:自律神経の乱れ

あわせて読みたい記事

PAGE TOP

お問い合わせ