いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

肩こりがなくてもパニック発作は起きる

疲労したアヒル
 

1. 肩こりに気付いていない場合

先日の、「首、肩こりとパニック障害の関係」を読んでくださった別のクライアントさんから、
「私、肩が凝ってなくてもパニック発作を起こしたことありますけど?」との突っ込みを戴きました。

ふむん。そうですね。「パニック発作を起こす人は必ず首や肩がこっているのか?」
と問われると、応えはNOということになるでしょう。何事にも例外はあるものです・・・。

ですが、実際問題として、首や肩こりは自覚していない方も少なくありません。
マッサージや美容院などで肩こりの自覚がないのに、「肩凝ってますね~」と、
言われた経験がある人はかなりいらっしゃるはずです。たぶん。

というわけで、「肩は凝っていない」と思っていたけど、実は肩が凝っていた可能性がひとつ。
なんだかものすごく詭弁っぽいですね。書いていて嫌になってきました・・・。

【拙・パニック障害の予期不安を解消する方法
【拙・自律神経失調症で胸に違和感や圧迫感が生じる理由
 

2. 負の記憶がトリガーになる場合

もうひとつ考えられるのは、なんらかの治療によって、パニック障害の改善が進み、
心身ともに安定していたものの、もっとも苦手だった環境に遭遇した場合でしょうか。

その場合は、比較的体調が良く、首こりや肩こりがなくても、
五感が記憶しているパニック発作が起こった環境に触れてしまうと、
負の記憶がトリガーとなって、パニック発作を引き起こしてしまう可能性はありますね。

睡眠不足などで、一時的に自律神経のバランスが崩れている時なら、
首、肩こりがなくても、パニック発作を誘発してしまうケースはありそうです。

結論と致しましては、パニック障害と首、肩こりの関連性は高いですが、
首や肩がこっていれば、必ずパニック障害を引き起こしてしまうわけではなく、
逆に、首や肩のこりを解消すれば、自ずとパニック障害も治るというわけではありません。

パニック障害と首や肩こりの関係性は絶対的なものではなく、
あくまでも、相互関係にあることが多い、というくらいのニュアンスでお願いします。

関連記事 
【拙・本当に効果のあるパニック発作の対処法
【拙・パニック障害を克服するために
【拙・自律神経失調症を理解する
【拙・自分で出来る自律神経症状チェック
【拙・労力をかけずに自律神経のバランスを保つ方法




最終更新日 2016年7月20日

2015年4月25日 | カテゴリー:パニック障害の症状

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ