いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

季節の変わり目はパニック障害を起こしやすい

季節の変わり目にパニック症が悪化する女性
 

1. 季節の変わり目になりました

春先に関らず、季節の移り変わりになれば気温の変動が著しいものですが、
今年は雨の日や寒い日が多く、なんとも過ごしにくいですね。

昨年の12月から、パニック障害でお悩みの大学生が通院してくださっているのですが、
パニック障害を患ってから日が浅いうえに、クライアントさん自身が春休みということもあって、
体質の改善も順調に進み、「このままいけると思います。良かったですね」
というお話しをしたのが、3月末のことです。

あとは、1~2ヶ月に一度くらいのペースで身体を調整していけば、
パニック発作を起こすこともないだろう、と僕もすっかり安心していました。

ところが、先日、「なるべく早い日時で予約をとりたい」との旨のお電話を戴きました。
従来の予約をキャンセルして、新たに予約を取り直す場合、基本的によろしくないお報せですから、
ある程度の覚悟はしていたのですが、ご来院くださった際にお話しを伺ってみると予想外でした・・・。

【拙・自分で出来る自律神経症状チェック
【拙・パニック障害に女性が多いのは何故なのか?
 

2. パニック障害で悩む人にとっての帰省

大学での定期試験を終えると、大学生は2ヶ月程度の春休みに突入するわけですが、
実家を離れて一人住まいの学生さんの場合は、たいてい帰省します。
上述のクライアントさんも一人住まいで、ご実家は鹿児島県だそうです。

パニック障害を患う人にとっては、飛行機にせよ、新幹線にせよ、長時間拘束されるのは、
苦痛以外のなにものでもありません。このクライアントさんも帰省時の移動を不安に思っていたことと、
身体の状態から年末年始の帰省は、「できれば見送った方が良いですよ」とお伝えしていました。

年末年始になると、一人住まいの大学生の大半は帰省してしまいますから、
人気のなくなったマンションでひっそりと年を越すのは心細かった事と思います。

パニック障害は、パニック発作を起こし、新たに負の記憶が刻まれてしまうことによって、
予期不安が拡大してしまうのを避けることが大切とはいえ、つらい決断だったと思います。

それで、春休みに入ってからも帰省せずに、ずっとこちらで過ごしていたのですが、
3月末に施術を終えてから、思い切って帰省を試みたのだとか。

「飛行機の中で苦しくなったらどうしよう」と、思い悩んでいたのが嘘のように、
あっさりとご実家に辿り付けて、数日間だけですが地元で楽しく過ごせたとのことです。

【拙・パニック障害の予期不安を解消する方法
【拙・自律神経失調症で胸に違和感や圧迫感が生じる理由
 

3. 寒冷刺激は交感神経を緊張させる

ご実家から神戸に飛行機で戻ってくる際も、動悸や過呼吸はもちろん、
予期不安も一切なく、大学での新学期を堪能していたそうな。

ところが、ある日通学途中から気分が悪くなり、なんとか大学まで辿りついたものの、
益々体調が悪化してしまい救急車で運ばれることになったのだとか。

疲労も溜まっていたのだと思いますが、連日のお花見や、所属しているサークルのイベントなどで、
外で過ごす時間が増えたため、寒さにより身体に負担が掛かっていた可能性が高いです。

ご存知の通り、寒冷刺激は交感神経を緊張させてしまいますので、
ここ数日の春らしい昼間の暖かさと、冬を思わせる夜間の寒さの温度差によって、
自律神経が過敏になっていても不思議ではありません。

身体に疲労を感じなくても、寒さは確実に交感神経を緊張させてしまいます。
特に今年の春は例年になく、夜間は気温が低い日が多いですから、
自律神経に不安のある方はくれぐれも暖かくして外出してください。

季節の変わり目は気温の変動はもちろん、身体も発汗する際の条件から、
ホルモンバランスまで変化しますので、何かと負担がかかる時期です。

そういう意味では、普段以上に身体に気を遣う必要があると言えますので、
食事と睡眠、それから休息をしっかりとりつつ、健康的に活動してください。

関連記事 
【拙・本当に効果のあるパニック発作の対処法
【拙・パニック障害の人にお伝えしたい効果的なアロマの使い方
【拙・パニック障害は完治しないのか?
【拙・怖い話を聞くと寒くなる理由
【拙・パニック障害を克服するために
【拙・自律神経失調症を理解する




最終更新日 2016年7月20日

2015年4月16日 | カテゴリー:パニック障害の症状

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ