いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

若く見える人は心身ともに健康な人が多い

婦人と老婆のだまし絵
 

1. 身体をメンテナンスしている人なら当然

《産経新聞》  2015年3月11日  『「自分は実年齢より若い…」と思う人の死亡率は低い』

自分は実年齢より若いと思っている高齢者は、そうでない人に比べて死亡率が低いようだ。 英ロンドン大の研究チームが米医学誌にそんな調査報告を発表した。

加齢に関する英国の長期研究に参加した52歳以上の男女計約6500人に、2004年から05年にかけ「自分では何歳ぐらいだと感じますか」と尋ねた。実年齢と回答との差によってグループ分けし、13年3月までの追跡期間(平均8年3カ月)中の死亡率を比較した。(以下省略)

普段から自分の身体を手間隙かけてメンテナンスしている人は、
基本的に新陳代謝も活発で、姿勢も良い傾向がありますので、
周囲にいる同年代の人と比較すると、若く見えることが多いのは事実です。

若く見える人は健康管理に時間と労力を費やしている可能性が高いですから、
長生きするという統計データがでても、なんら不思議な事ではなく、
むしろ当然の結果に思えますが・・・。

【拙・自宅でできる身長を伸ばすための運動
 

2. 心身ともに健康な人は若くみえる

いや、記事によりますと、『「自分は実年齢より若い…」と思う人』と記載されていますので、
あくまでも自己評価で、自分は若いと思っている人ということなら、
「病は気から」みたいな感じの、精神のもちようが影響するということでしょうか。

けど、自分で若いと認識している人は、周囲からそう指摘されることが多かったり、
もしくは、定期健診等で若さを裏付ける検査結果もあるのかもしれませんね。

いずれにしましても、心身ともに健康な人が若くみえることに間違いはなさそうです。
それなら、その人たちが長生きすることはやっぱり妥当な結果でしょう。

【拙・後ろ歩きは健康的か?
 

3. 歳をとってからも若く見えることの意味

70代、80代のクライアントさんはそれほど多くありませんが、
特に調子が悪くなくても、メンテナンス目的でお越しくださる方々から、
「歩けなくなったり、病気がちの人が増えて遊び相手がいなくなりました」
といったようなお話をたびたび耳にします。

40、50歳くらいなら、若く見える、あるいは老けて見えることの違いは、
そこまで深刻な問題にはなりませんが、70歳くらいになると意味合いが違ってきますね。

自力で動けるうちから、散歩なり、ちょっとした運動などを意識的に取り入れ、
健康的に過ごせる時間を維持していくことは、思いのほか大切っぽいです。

関連記事 
【拙・DNAを修復してくれる奇跡の音楽
【拙・ブログ主が長年愛用している健康グッズ
【拙・健康的に活動できる期間を長くするために
【拙・社会福祉における最大の課題
【拙・整体で身長を伸ばすことは可能か?


スポンサーリンク

最終更新日 2016年2月11日

2015年3月13日 | カテゴリー:身体のおはなし

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ