いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

靴下に穴があいてしまうのは老廃物の影響?

靴下の画像
(出典 http://www.onmusubi.jp/)

 

1. 老廃物による衣類の劣化

《WooRis》  2015年3月4日  『排出した毒素が靴下の繊維を溶かす』

気がつくと“靴下に穴があいていた”という経験はどなたにもあるのではないでしょうか? 小学生や中学生のころは、運動場を駆け回って、激しい動きをしたから穴があくことも多かったかもしれませんね。でも、大人になった今でも穴が頻繁にあくのは、ある危険が身体に潜んでいるサインかもしれません。「たかが靴下の穴でしょ!」と安心してはいけないのです。 (中略)

血液の流れがスムーズではないということは、身体の中に糖分やコレステロール、中性脂肪などの脂分、カドミウム、水銀、ヒ素、アルミニウム、鉛などの有害金属などの老廃物を溜め込んでいる状態。それらは、自覚のない間に皮膚の毛穴からもたくさん出ています。(以下省略)

靴下に限らずジーンズ等でも、身体から排出された老廃物と雑菌が混じり、
繁殖してしまうと衣類の劣化を招き、消耗しやすいことが知られています。

洗濯せずに汚れたままで使い続けると、老廃物が原因で衣類に穴があきやすくなることは
間違いなさそうですが、「身体から排出された毒素が繊維を溶かす」。
そこまで言ってしまうと、それは誇張された表現であるように思えます。



 

2. 靴下に穴があく主な理由

カドミウムや水銀、アルミニウムなどの重金属をいったん体内に取り込んでしまうと、
解毒(排出)するのは、かなり厄介な作業です。

それゆえ、重金属による毒素は、体内に入れてしまわないよう細心の注意が必要になり、
中国産の食品なども敬遠されているわけなんですね。

身体から排出されたカドミウムや水銀、アルミニウムなどの毒素が、
靴下に穴が空けてしまうレベルの量になれば、既に重篤な疾患を患っているでしょう。

自分で認識できる健康異常がない状態、つまり体内に蓄積された量が微量な重金属でも、
身体が積極的に排出してくれるようなら、誤って重金属を摂取してしまうことにも気を遣わなくてすみそうです。

従いまして、「最近なんだか靴下によく穴があくから老廃物が溜まっているかも」
と、健康状態を推し量るバロメータになるかどうかも正直微妙になってしまいますね。

それにしても、健康や美容に関する記事では、誤解を招くような極端な内容が多いような・・・。

結論と致しまして、毎日清潔にしている靴下であれば、穴があく要因は摩擦による磨耗が圧倒的で、
歩き方や動作の癖、あるいは履いている靴のサイズに問題があると考えた方が妥当かと思われます。

関連記事 
【拙・理想的な靴のサイズの選び方
【拙・靴下を重ね履きすることの弊害
【拙・正しく健康的な靴の減り方
【拙・夏になると足がだるくなるのは何故なのか?
【拙・後ろ歩き健康法の効果を考えてみる


スポンサーリンク

2015年3月11日 | カテゴリー:身体のおはなし

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ