いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

子供の自律神経を考えてみる

最終更新日 2016年6月15日

疲れている子供
 

1. 身体が季節の変化に対応

数日前に、「子供の頃は必要以上にエアコンは使わないほうが良いです」
という主旨の記事を書きましたが、ご来院くださるクライアントさんから、
「そんなに大事なこと?」とのお声を多数戴きましたので、もう少し掘り下げてみます。

今日は少し気温があがりました(西宮では16度だったそうです)が、
これまで寒い日がつづいていましたので、16度になると少し暑く感じます。

ところが、夏に連日35度近くまで上昇する気温に身体が慣れてしまってる状態で、
秋に差し掛かって、25度くらいの日があると、大抵の人は肌寒く感じます。

冬と夏では、そもそも着ている服装が違いますので、おなじ気温であっても、
肌寒く感じたり、逆に暑く感じたりすることはあります。

ですが、実際には服装とは別に身体も寒い時期は寒い時期にあわせて、
暑い時期は暑い時期にあわせて調整されているため、
衣類に関係なく冬と夏では快適に感じる温度に差があります。

そのため冬と夏では、寒くて鳥肌がたつ温度も、暑くて汗をかき始める温度も異なりますが、
それはつまり、身体が季節の変化に応じて、身体を変化させている証なんですね。

【拙・エアコンは体に悪いのか?
 

2. 自律神経を機能させるために必要なこと

普段の生活において、「寒いから鳥肌を立てて体温を逃がさないようにしよう」とか、
「暑いから汗をかいて身体を冷やそう」と意図的に行う人はまずいません。

意識しなくとも、自律神経の働きによって、その時の状況に応じて鳥肌を立てたり、
発汗を促したりしながら、少しでも快適に過ごせるように身体を調整しているわけです。

ところが、エアコンにより一年中快適な温度が保たれている環境で過ごしていると、
それに伴って、自律神経が働く機会はどうしても少なくなってしまいます。

日頃から運動していない人が、いきなりフルマラソンを走れと言われても無理なように、
ずっと快適な温度で過ごしていながら、急な寒さや暑さに自律神経が対応することは無理難題です。

自律神経がうまく機能するためには、それに応じた環境に慣らしておく必要があるわけですね。
当然ながら、決して子供に限定したお話しではなく、大人であっても同じことが言えます。

夏に冷房が効いた部屋で過ごす時間があまりに増えてしまうと、自律神経が機能せずに、
うまく汗をかくことができず身体に熱がこもってしまうことも珍しくありません。

【拙・自分で出来る自律神経症状チェック
 

3. 自律神経が発達する時期

ただ成人した大人の場合は、子供と違って、しばらく身体を慣らしてあげると
自律神経が本来の働きを取り戻し、体温を調節する機能も正常に戻ることが多いです。

これは子供の頃に自律神経が鍛えられていた結果、しばらく怠けさせたとしても、
既に土台が出来上がっているために回復しやすいと考えられています。

ところが、小中学校の頃は、身長や体重だけでなく自律神経も発達段階にあるため、
この時期にエアコンを使用して、体温調節が不要なくらい快適な環境で過ごしてしまうと、
自律神経の成長を促すことができないまま成人してしまうことになります。

従いまして、小中学生の頃には可能な限り、寒さにも暑さにも対応できる下地を
しっかりと形成しておくことが望ましいというわけなんです。

【拙・自律神経失調症で胸に違和感や圧迫感が生じる理由
 

4. 自律神経症状に悩む子供

不登校の小学生
 
親御さんに連れられて当院を訪れる小中学生は、「朝礼で立っていると貧血を起こす」、
「立ち上がると眩暈がする」など明らかに自律神経に問題がありそうな症状の他に、
便秘や下痢を繰り返したり、肩こりや寝違えなどの症状を持っていることが多いです。

突き詰めていけば、どれも自律神経がうまく機能していない事に起因するわけです。

そうは言っても、現在と一昔前とでは、日本の気候にも変化が見られますので、
「小中学校にエアコンは不要」と一概には言えないあたりが難しいところですね。

自律神経症状で学校を休みがちになっている小中学生が増えている傾向にありますので、
子供の自律神経の成長を促せるよう、周囲の大人が気にかけておく必要がありそうです。

関連記事 
【拙・子供への向精神薬処方が増加中
【拙・薬なしで自律神経症状を治そう
【拙・自律神経失調症を改善するために
【拙・自律神経をシャワーで鍛えることができるか?
【拙・労力をかけずに自律神経のバランスを保つ方法


スポンサーリンク

2015年2月23日 | カテゴリー:自律神経の乱れ

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ