いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

口の中の細菌はウイルスの増加を促す

最終更新日 2016年4月15日

うがいの画像
 

1. ウイルスは口の中の細菌によって増殖する

《毎日新聞 》  2015年2月15日  『口内細菌、薬効きにくく』

口の中が不潔だとタミフルなどのインフルエンザ治療薬が効きにくくなる可能性があることが分かり、落合邦康・日本大教授=口腔(こうくう)細菌学=らの研究チームが近く、高齢者を対象に検証のための疫学調査を始める。歯磨きの徹底など日常生活の注意で、インフルエンザを予防したり、重症化を防いだりできる可能性があるという。 (以下省略)

意識している人は少ないですが、口の中は意外と細菌が多く(意外でもないですかね)、
喉や鼻から侵入し、粘膜に付着したインフルエンザウイルスが、
口腔内の細菌に後押しされ、増殖している可能性はおおいにありそうです。

なにもインフルエンザウイルスに限ったことではなく、他のウイルスであっても、
口腔内で細菌の助力を借りて増殖促進という同様の現象が起こっているのは間違いないでしょう。

【拙・インフルエンザの予防接種は効果があるか?
【拙・歯の痛みと肩こりの関係
 

2. うがいの効果はあなどれません

口内炎ができた時や、食事中に誤って口の中を噛んでしまったり、
サカナの骨がささって傷ができた際に積極的にうがいをするよう心がけると、
悪化してしまうことを回避でき、治るのがかなり早くなります。

これはうがいをすることによって、口の中の細菌の繁殖を抑えることができた結果でしょう。
口の中を清潔にしておけば、日常を健康的に過ごせる可能性が高くなりそうです。

それなら、うがいをしないでいると、細菌は口の中で増殖し放題になるのかといえば、
もちろんそんなことはなく、唾液が分泌されることにより、ある程度ですが細菌の増殖は抑制されます。

従いまして、普段から鼻で呼吸するのではなく、口で呼吸をする習慣のある人にとっては、
口の中が乾燥してしまう機会が増えてしまいますので、ウイルスに感染する可能性は高くなりそうです。
口呼吸をしてしまいがちな方にとっては、こまめにうがいをする習慣を付けたいところですね。

ところで、興味深い記事ではありますが、巷での評判が微妙なタミフルにまつわる記事だけに、
「タミフルが効果を発揮しないのは、アナタの口の中が不潔だからですよ」
と暗に示しているように聞こえなくもありません。なんだか全体としては微妙な印象です・・・。

関連記事 
【拙・虫歯を治せる歯磨き粉は存在するか?
【拙・子供に向精神薬が処方されるケースが増加中
【拙・肥満症治療薬「セチリスタット」を飲むと痩せるのか?
【拙・風邪をひいても熱を下げない方が早く治る医学的根拠
【拙・コタツで寝ると風邪をひく?


スポンサーリンク

2015年2月19日 | カテゴリー:免疫 & 微生物

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ