いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

中国人でも汚染された中国のお米は避けたい模様

中国汚染米
 

1. 中国で日本のお米が人気らしい

 
《Rrecord China》 2015年1月27日  『中国で超高価な日本米が人気』

鳳凰網は海外メディアの報道を引用し、中国では欧州の粉ミルク、ニュージーランドの牛乳に続いて、高価な日本米が日常品リストの仲間入りをしたと伝えた。中国米はカドミウムなどの重金属に汚染されていることが心配なためで、通常の中国米と比べるとおよそ10倍の値段であるにもかかわらず、日本米は人気なのだという。 (以下省略)

土壌汚染であったり、大気汚染であったり、はたまた河川の汚染と、
あらゆるとろこが汚染されてしまっている中国ですが、ごく一部の富裕層が
競って日本産のお米を買いあさっている模様です。

中国では水も汚染されていますから、お米だけ安心安全な日本産を購入しても
ほとんど意味がなさそうに思えますが、お米を洗ったり炊く時に用いる
水も日本、もしくは諸外国から安全なものを購入しているのでしょうか。

中国人でさえ、敬遠する中国産のお米や食材が日本に輸入され、
何食わぬ顔で普通に流通しているのですから、どうかしています。

自国(中国)の事情、惨状を熟知している中国人ならではの行動で、
日本では意外と現状を把握できていない人が多いのかもしれませんね。

 

2. 中国人でも中国での食事を敬遠

 
当院をご利用くださっている中国人の方は、ご両親が中国にお住まいのため、
定期的に中国に帰国されるのですが、向うでは絶対に中華料理を食べないと仰ってました。

理由を尋ねたところ、「包まれている系(餃子等)は何が入っているかわからないから、
怖くて食べられない」とのことでした。そのため、日本に戻ってくるとかなりの確率で、
まっさきに中華料理を食べに出かけるそうな・・・。

日本で暮らしていると、どうしても日本での常識を基準に考えてしまいますので、
「いくら中国でもそこまで酷い物は売らないだろう」というような思い込みもありそうです。

カドミウムなどの重金属が体内に蓄積してしまうと、治療方法はないに等しく、
ほんとうに厄介なシロモノですので、ご購入の際にはくれぐれもご注意ください。

関連記事 
【拙・プライベートブランド製造者の記載が義務化へ
【拙・日本料理と中華料理の本質を、お腹という視点から考えてみた
【拙・世界一丈夫な胃腸を誇る中国人が機内食でお腹を壊したのは何故か

 

2015年2月1日 | カテゴリー:栄養と健康

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ