いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

移植により人間に近い脳を持ったマウス

頭の良さそうなマウス
 

1. ヒトの脳細胞を移植されたマウス

《Gigazine》  2014年12月2日  『人間の脳細胞を持って賢くなった「半人間脳マウス」が誕生』

人間と他の動物を決定的に分けるのは、高度に発達した人間の脳がもたらす高い知性です。ある研究チームではそんな人間の脳細胞をマウスに移植して定着させ、「半人間脳」状態のマウスを作り出すことに成功しました。

この実験を行ったのは、アメリカ・ロチェスター大学メディカル・センターのSteven A. Goldman博士の研究チーム。博士は臓器提供を受けた人間の胎児から取り出した未成熟のグリア細胞を子どものマウスの脳細胞に移植し、成長を観察。すると1年後、マウスに移植された人間のグリア細胞はマウスが元来持っていたグリア細胞に取って代わる形で増殖し、当初は30万個だった細胞の数は1200万個にまで増加したとのこと。(以下省略)

マウスにヒトの脳細胞を移植し、ヒトに近い思考が可能になってしまうと、
それはもはや、マウスではなく、人類に並び立つ新たな「生物」です。

頭が良くなったマウスが、自分の存在を認識し、自らが置かれている
境遇を理解するようなことにでもなってしまうと悲劇以外の何ものでもありません。

それで映画なんかだと、ある日突然、「マウスがいない・・・」という展開になったりして、
報復を誓ったマウスによって、人間社会が混乱に陥る・・・。
 

2. 脳細胞とはグリア細胞のことでした

この手の実験は、倫理的な見地から規制されているものの、将来的には
行き着くところまで行ってしまうような気がします。嫌な予感しかしませんね。

と思いきや、「半人間脳」を持つマウスに移植された脳細胞とは、
ニューロンではなく、グリア細胞のようですね。

グリア細胞とは、脳に栄養を供給したり、情報の伝達速度を高める働きをしており、
ヒトの脳が機能するために必要不可欠な存在ではあるものの、
グリア細胞を移植したからといって、思考がヒトと同様になる様なものではありません。

要するに、記憶力等の上昇は希待できそうですが、基本的な知能はマウスのままです。
とはいえ、「半人間脳」を持ったマウスの交配を重ねつづていれば、
後々どんな風に進化していくのかはわかりませんけれども・・・。

関連記事
【拙・癌になる原因は遺伝や環境ではなく運だった?
【拙・コーヒーフレッシュには発癌性がある?
【拙・臭気によって癌を診断する技術
【拙・花粉症の人は癌になりにくい?
【拙・DNAを修復してくれる奇跡の音楽


スポンサーリンク

2015年1月18日 | カテゴリー:サイエンス

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ