いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

牛のレバ刺し禁止によりE型肝炎が増加

レバ刺し画像

2014年12月26日 『牛のレバ刺し提供が禁止以降、E型肝炎の患者倍増』

飲食店で牛のレバ刺しの提供が禁止された2012年以降、E型肝炎の患者が倍増していることが、国立感染症研究所の調査でわかった。
(中略)
厚生労働省によると、牛のレバ刺しの提供を禁止してから、豚のレバ刺しを提供する店が増えたことが、E型肝炎の感染が拡大した一因と考えられるという。

牛のレバ刺しを食べる習慣がありませんでしたから、焼肉屋さんで、
レバ刺しの提供が禁止されてもあまり関心がなかったのですが、
レバ刺しを好んで食していたクライアントさんのお話によりますと、
「甘くて美味しい」らしく、規制されたことに不満げでした。

レバ刺しの美味しさを知っている人なら、うちのクライアントさんに限らず、
レバ刺しが規制された事を不満に思っている方は少なくないでしょう。

ということは、一定の需要があるわけですから、飲食店側としても、
法に触れずに提供できる方法を模索するのは必然と言えるでしょう。

仮に今回の騒動で豚を規制したとしても、猪や鳥で代用できないか、
さらなる模索が始まる可能性が高いです。

「O-157を予防するために規制をかけた代わりにE型肝炎が増加しました」
では、お話になりません・・・。

ところで、豚肉は寄生虫が多い為、焼くにせよ煮るにせよ、豚肉を食べる際には、
しっかり火を通してからにしましょう、というのは有名ですよね。

E型肝炎ウイルスにしても同様で、十分に加熱調理された肝臓であれば、
感染する危険性はありませんが、それだと「レバ刺しファン」を
満足させることはできないのでしょうね。なかなかに難しい問題です。

関連記事 
【拙・コンビニ野菜には栄養がないという話は本当か
【拙・果汁100%濃縮還元は本当に健康的か

 

2015年1月4日 | カテゴリー:栄養と健康

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ