いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

自律神経症状まとめ

§ 心と体のためのメンタル・トリートメント
スポンサーリンク
 

1. 自律神経について知っておきたいこと

自律神経失調症やパニック症を患う方は繊細な人が多いため、あれこれと調べすぎると、
そこから余計な不安やストレスが生じてしまうため、調べない方が良いという意見を耳にします。

そういう側面があることは確かですから否定はできません。それでも、ストレスの解消法や
処方される薬の知識等、自律神経を整えるために知っておいた方が良いことだってたくさんあります。

【拙・自律神経失調症なら帽子を避けた方が良い理由

【拙・寝ている時にビクッとなるのは何故なのか?

【拙・寝溜めは本当に健康に悪い?

【拙・冷房の設定は本当に28度が良い?

【拙・LEDは自律神経に負担をかける

【拙・オープンダイアローグは普及するか?

【拙・コタツで寝ると風邪をひく?

【拙・向精神薬と麻薬はどこが違うのか?

【拙・自分で出来る自律神経失調症チェック

【拙・長時間の睡眠を必要とする人は病気なのか?

【拙・目の充血と自律神経の関係

【拙・疲れているのに眠れないのは何故なのか?

【拙・累積疲労は自律神経失調の原因になる

【拙・自律神経が乱れがちな人は炭酸飲料を飲まない方が良い?

【拙・冷房はそんなに体に悪いのか?

【拙・肩こりを解消するためには温めた方が良い

【拙・扇風機の風は体に悪いのか?

【拙・マッサージはお風呂とお風呂上りどちらが効率的か?

【拙・怖い話を聞くと寒くなるのは何故なのか?

【拙・シャワーとコーヒー、目が覚めるのはどっち?

【拙・自律神経をシャワーで鍛える事ができるか?

【拙・風邪をひいても熱を下げない方が早く治る医学的根拠

【拙・子供の自律神経を考えてみる

【拙・寒くなると便秘になるのは何故なのか?

【拙・子供に向精神薬が処方されるケースが増加中

【拙・うつ病の原因はグリア細胞が関与?

【拙・冬になると眠くなるのは何故なのか?

【拙・台風による気圧の変化と自律神経

【拙・静電気により「バチッ」となるのは健康に悪いのか?

【拙・目覚ましが鳴る前に目が覚めるのは不健康だから?

【拙・休みになると体調不良で熱がでるのは何故なのか?

【拙・眠る前のスマホが美容と健康を損ねる理由

【拙・入浴中のマッサージは危険か?

【拙・寝相が良すぎると実は不健康だったりする

【拙・自律神経失調症を改善するために必要なこと

【拙・頭部や顔の歪みがもたらす弊害
 

2. 自律神経を整えるために自分でできること

§ 自律神経にやさしい音楽
スポンサーリンク

整体を含め、「病院には行きたくない」という方も少なくないと思います。
自律神経のバランスを整えるために、自分で出来る事を書いた記事をまとめてみました。

知らずしらずのうちに、自律神経が乱れる原因になることをやっているもので、
その辺りの私生活を変えるだけでも、自律神経の状態は変ってくるものです。
あなたに効果のある手段が見つかることを祈ります。

【拙・悪夢を改善するとっておきの方法

【拙・起床時に顎が痛くなる原因と対策

【拙・自律神経失調症に効果的な音楽

【拙・後ろ歩き健康法の効果を考えてみる

【拙・舌打ちはストレスを軽減してくれる

【拙・通勤電車でお腹が痛くなるのは何故なのか?

【拙・胸に違和感や圧迫感がある時の対処法

【拙・薬なしで自律神経症状を治そう

【拙・携帯やスマホを枕元に置かない方がよい理由

【拙・労力をかけずに自律神経のバランスを保つ方法

【拙・貧乏ゆすりは効果的な健康法である


スポンサーリンク

最終更新日 2016年11月20日

2015年1月1日 | カテゴリー:自律神経の乱れ

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ