いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

病院食はやっぱり健康によさそうです

病院食

 

1. 病院食はやっぱり健康的でした

 
骨折のため、しばらく入院していたクライアント様が、久しぶりにご来院くださいました。
幸か不幸か入院中は、病院食での食生活を余儀なくされます。

病院食と言えば、カロリー控えめなうえに、塩分も抑えてありますので、
日常生活の食事に慣れてしまっていると、なんとも物足りなく感じてしまいがちです。

この方も、最初の数日間は、あまりに素っ気無い食事にうんざりしていたものの、
徐々に病院食に慣れていき、いつの間にか美味しく食せるようになったのだとか。

それで、退院後は、外食やスーパーのお惣菜を食べてもそれほど美味しく感じないそうな。
科学調味料や添加物に対する身体の拒絶反応という要素もありそうですが、
味覚も濃い味つけから、薄味にならすことができるという証左ですので実に興味深いです。

 

2. 日本人は塩分を摂り過ぎているらしい

 
日本人の食生活は塩分を摂り過ぎる傾向があると言われていますから、
これを機に、塩分控えめの食生活に変えていくことは、今後のことを考えても有意義でしょう。

塩分を摂り過ぎてしまうと、高血圧になりやすいと言われています。
高血圧によって、血管が徐々にダメージを受けると、深刻な疾患を患いかねません。

しかも、血管に負担がかかっていることは、日常生活では殆ど認識できず、
なんらかの病気を患ってから、ようやく惨状を知るというパターンが圧倒的に多いです。
そこから、健康的な血管に戻すことは、かなり難易度が高くなってしまいますので、
早いうちから、健康的な食事を摂ることが如何に重要か理解できますね。

とはいえ、塩分控え目の食生活を実践することは、なかなかに難しいです。
問題に直面し、深刻な状況に追い込まれないと、対応できない(対応しない)という現実・・・。

関連記事 
【拙・コンビニ野菜には栄養がないという話は本当か
【拙・果汁100%濃縮還元は本当に健康的か

 

2014年12月18日 | カテゴリー:栄養と健康

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ