いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

ストレートネックが引き起こす様々な症状

ストレートネック画像
(出典 http://girlschannel.net/)

 

1. ストレートネックが増えているらしい

 
いつからかなのかは定かではありませんが、お越しくださる方の身体を拝見していると、
頚椎のカーブが損なわれているクライアント様が増えました。
いわゆる、「ストレートネック」と称されている身体的特徴です。

ちなみに、10年ほど前は、ストレートネックの方はそれほど多くはありませんでした。

ここ数年の間に、ストレートネックの方が増えていると仮定するのであれば、
当然ながら、急激に増加した原因があるはずで、あれこれ調べてみたところ、
スマホユーザーが増えたことが、ストレートネックが増えた事と関係するのでは、
という説が多かったです。

考えてみると、スマホ使用時は、顎を引いた状態で頭部を軽く前傾させてしまいがちです。
この体勢は、頚椎を伸ばしている(頚椎のカーブをなくしている)姿勢に他なりませんので、
スマホとストレートネックの因果関係説は、確かに一理あるように思います。

日本人の平均体重は、男性でおおよそ65キロ前後、女性なら52キロ前後です。
それに対して、頭部の平均的な重量は成人で体重比で約10パーセントですから、
男性なら、6.5キロ、女性なら、5.2キロ位になります。

つまり、頭部を前傾させると、かなりの重量的な負担が頚椎に生じる事になります。
その状態で数時間過ごしてしまうと、長時間ストレッチをしているようなものですから、
徐々にではありますが、頚椎のカーブは損なわれていくことになってしまいます。

【拙・整体で身長を伸ばすことは可能か?
 

2. ストレートネックによる健康被害

 
ストレートネックになってしまった場合に生じる主な弊害としましては、
頚部から肩にかけて筋肉が緊張しやすくなってしまうことでしょう。

肩こりにはじまって、頭痛、めまい等を引き起こす可能性が高くなり、
さらには、血流の低下によって、顔色が悪くなったり、肌の状態が悪化してしまう等が予想されます。
要するに健康面での弊害だけでなく、美容的にも大きなマイナス要因になってしまうわけですね。

なお、男性と比較した場合、女性は首が細いぶん筋力も少ないため、
より顕著に上記の症状が現れやすい傾向にありますので注意が必要です。

ストレートネックになってしまった状態で長期間過ごしてしまうと、
今度は背骨が曲がり、後々は骨盤の歪みにまで発展してしまうことがあります。
背骨のどこかに歪みが生じると、それに連動して全体が歪んでしまうわけですね。
 

3. ストレートネックを防止するためには

 
もっとも、頭部の前傾姿勢、下を向いてしまう動作はスマホに限ったことではなく、
パソコンの使用時であっても、それに近い体勢にありますので、
スマホの使用をやめれば良いのか、と言いますと、そう単純な問題ではないところが厄介です。

仕事であっても、プライベートであっても、スマホやパソコンは、ついつい熱中して、
長い時間を同じ姿勢で過ごしてしまいがちです。

ストレートネックになるのを防止するためには、可能な限り小刻みに休憩をとったうえで、
意識的に首を中心に身体を動かしてあげることが大切です。

面倒なうえに、地道なことではありますが、いったんストレートネックになってから、
改善を図るよりも、はるかに効率的で経済的、なにより健康的ですよ。

関連記事 
【拙・自宅でできる身長を伸ばすための運動
【拙・スマホの持ち方による指関節の変形
【拙・自分で出来る自律神経失調症チェック


スポンサーリンク

最終更新日 2015年6月4日

2014年12月7日 | カテゴリー:身体のおはなし

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ