いろんな症状を考えてみる|整体のブログ

血管年齢測定の信憑性を考えてみる

最終更新日 2016年10月2日

血管の状態
 

1.血管年齢測定による一喜一憂

血管の状態や骨密度から、「あなたの年齢は○○歳です」と表記される
タイプの測定機がありますが、お越し下さるクライアントさんをみている限りでは、
みなさん結構お好きですね(笑)。

実年齢よりも若く見積もられると嬉しそうに報告してくださいます。
逆に、高齢判定されようものなら、「食事内容を見直した方がいい?」とか、
「やっぱりもっと運動しないとダメ?」と、真顔で相談されます。

僕はその手の測定は、あまりしない方ですが、改めて考えてみると、
確かに判定の結果に一喜一憂してしまいそうです。

それで、先日お越しくださった方が仰るに、実年齢より10歳ほど高く
判定されてしまったらしく、たいそう落胆してらっしゃいました・・・。

【拙・胸に違和感や圧迫感がある時の対処法





 

2.血管年齢測定の信憑性

検査方法を伺うと、測定機の上に指を乗せる方式だったそうです。
ちなみに、このタイプの血管年齢の測定機は指先に赤外線を照射し、
そこから帰ってくる光の量により、血液の状態を測定しています。

信憑性が疑わしい、ということではないのですが、このタイプの血管測定方法は、
計測する時点での身体の状態が大きく反映されます。

例えば、測定する医院なり施設まで、慌てて行った直後だったとか、
数時間前に運動した後だった、あるいは喉が渇いて体内の水分量が
不足がちだったりすると、実際の血管状態よりも、高めの年齢に
判定される傾向があります。

逆に、必要以上に大量の水をガブガブと飲んだ後であれば、
若く判定される可能性が高くなります。

【拙・水は毎日2リットル飲んだ方が身体に良いのか?
 

3.測定機にも傾向がある

%e8%a8%ba%e5%af%9f%e5%ae%a4%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88
 
決して、「光の反射を応用するタイプの血管年齢測定器は信憑性が低い」
ということではなく、方式上、どうしても血液の状態に左右されるため、
条件を揃えて計測しないと、はじき出される数値が変動します。

ですので、同じタイプの測定機器であっても、計測する日時が違えば、
検査による血管年齢の判定結果が大きく違ってくる可能性があります。

実年齢よりも上に見積もられ、あまりにも気になるようでしたら、
体調を整えたうえで、改めて測定してみましょう。

そもそも、病院でお医者さんに計測してもらう場合は、個人差はありますが、
大抵の人は緊張するものです。その検査が初めてなら尚更ですね。

従いまして、一度きりの検査ではなく、何度も繰り返したうえで、
検査ごとの数値の変動をみながら判断する必要があります。

関連記事 
【拙・DNAを修復してくれる奇跡の音楽
【拙・急激な温度差が心筋梗塞や脳卒中を招く可能性
【拙・血管を鍛えて強化することは可能か?
【拙・自律神経をシャワーで鍛えることができるか?
【拙・血液の働きを考えてみる




2014年11月24日 | カテゴリー:環境と健康

あわせて読みたい記事

お問い合わせ

自律神経失調症・パニック障害・不眠症

西宮・芦屋 ながた整体院

0798-32-0446

営業時間

10:30~13:00
15:00~21:00

※木・土曜日は19:00まで

電話受付

20:00まで
※木・土曜日は18:00まで

休診日

日曜日・祝日

»当院へのアクセス

»メールでのお問い合わせ

PAGE TOP

お問い合わせ